2017 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06






夏の新入り地域猫

台風上陸中の関東地方ですが皆様のところは大丈夫ですか?
被害が酷くならない事を祈りますが、皆さまもくれぐれも気をつけてくださいね
外出中の方も充分に気をつけてお帰りくださいね



さて、今日は捕獲を予定してたんだけど、この台風で中止したので
最近手術した子達をちょこっと紹介させていただきますね



この子はキジトラの女の子ちゃんです


P1310254.jpg



ご近所さんから、お腹の大きい子が庭に常駐状態になっていると相談を受けて緊急に捕獲しました
お腹もかなり大きかったのでヒヤヒヤしましたが間に合いました




P1310239.jpg



よく見ると可愛いお顔をしてるんですよ
性格もとても人懐っこい子らしく、直ぐに入ってくれて助かりました


リリース後は、お腹が大きかったぶん問題がないかとても心配しました(他の子で問題が出た子が・・・)
と言うのも、何回確認しに行っても、そこのお宅の方がお留守で、猫の目撃も出来なくて
一度、伝言は頼んだんだけど、それでも何も連絡もらえずで
正直なんだかな~と言う気持ち・・・

でも暫くして、「元気にしてますよ」とお隣の方から聞いて一安心しました(ほっ)


リリース後は、依頼主の方がお庭で面倒をみてくれる事になっています
お庭にはガラス張りの温室もあるので冬の寒さも凌げる事でしょう
(レボリューション投与済み)




この子は黒白ハチワレの男の子です


P1320066.jpg



六ちゃんがいる裏の現場に最近流れてきたとの事で、よく見ると可愛いお顔をしてるのに
性格は喧嘩っぱやいチンピラ猫らしく、相手にも相当の怪我を負わすけど自分も傷だらけ・・・



P1320068.jpg



去勢後は改心して大人しくなってくれるといいんだけどね(ーー)
(レボリューション投与済み)
リリース後は餌やりさんが面倒を見てくれる事になっています(^^)




で、こちらは最近の六ちゃん




P1310867.jpg




ぼんちゃんアニーちゃんと



P1310865.jpg


こうやって、しょっちゅう見合ってるんですよ(笑)




こちらは春先の写真なんだけど



P1300489.jpg



ガラス越しに、ぼにたんの尻尾にチョイチョイして遊んでるところです(笑)



P1300492.jpg



六ちゃんったら、最近、ロイカナもピュリナワンもモンプチも口に合わないらしく
何をあげても残すので参っちゃいます


カルカンパウチも見向きもしないんですよ(ったく貴族様のつもりかよ・・・)


















スポンサーサイト
[ 2016/08/22 ] 地域猫&TNR | TB(0) | CM(0)

3月の捕獲作戦は?

寒さ真っ只中の2月初旬だったと思います、偶然1匹の猫ちゃんと出会いました
その日はお天気も良かったから陽向ぼっこでもしてたんでしょうね
サビ猫の女の子で、大きさ的には子猫~中猫くらいでしょうか
広めの駐車場の奥の方にポツンといたので、状況から判断して野良ちゃんだと思いました


たまたまカリカリを持っていたので、お近づきの印(捕獲下準備)に歩みを1歩進めたら
ササッーと更に離れた場所に行ってしまいました
このタイプは間違いなく苦戦を強いられるタイプですね


で、その子のいた車の下にカリカリを置いて、付近を捜索してみることにしたんです
多分、家族も近くにいるはずだから(一斉捕獲)


キョロキョロと他人様のお宅や庭先を覗き込んだり、駐車場やアパートの場合は
関係者じゃなくても勝手に入っていったり、はたまた階段を上がって高台から見下ろしてみたり・・・


猫の為と大義名分があったとしても、まるで不審者そのものなので
我ながら毎回凹む作業ではあるんですよ(オバさんが何やってんだか・・・)


で、探してる時には見つからないもんなんですよ
(探してない時には遭遇するもんなんです)
その日も、他には猫1匹ネズミ1匹にも出会えませんでした


その後戻ったら、まだサビちゃんがいてくれて、警戒心いっぱいに
離れた場所からこっちを伺っていましたね
いちおう期待を持って車下を覗いたら、1粒も減ってなくて置いたまんまでした(苦戦確定)


で、しょんぼりとカリカリを拾っていたら、突然 「優しいかたですね!」って
男の人が車から出てきたんです(びっくりぽん)


続いて 「僕もあの子が可哀想でずっと気になっているんです」
「この駐車場のオーナー(おばあさん)は大の猫嫌いで、ネズミの駆除と言って
猫用の毒餌を撒いたりしてるみたいです」、と・・・(ヤバッ)


なので、貴方に慣れてます? 捕まえられます? 餌付けできます?
って、聞いたら 「無理です!ここで上げてバレたら大変なので」・・・(更に苦戦度アップ)
で、翌日から捕獲セット持参で何回も足を運んでたんですが、一度も遭遇できないでいました


それから1ヶ月位たった3月8日の事です
その場所から少し離れたところで偶然この子と遭遇しました



P1300064.jpg



大きさ的にはサビ猫ちゃんと同じくらいだと思いました(という事は兄弟の可能性大)
直ぐに聞き込みを開始しながら、地域猫TNRなんぞの説明をして(以下省略)
この付近を昼となく夜となくウロウロするけど、不審者じゃないので安心して下さい!と言い残し
急いで捕獲セットを取りに行って戻ってきたら、もう影も形もなかったんですw(涙)


その後も、「探してるときには見つからない」の諺通りの日が続いていたとある日
今日もダメだったか! トボトボ帰るしかないか! と、思いながらも
その前にもう一回りしてから帰ろう!と、少し離れたアパートに行ってみたら
何といました!(ヤッタネ)



P1300127.jpg
(この写真はその時のではないです)


茶トラが2匹、いや3匹かな? 他にも3匹位いたかな? 全部で6匹はいるのかな?
なんせもう日が暮れて真っ暗だし、ちょっとでも近づくと蜘蛛の子を散らすように逃げちゃうしで


で、慌てて捕獲器をセットし、離れた場所から懐中電灯をあてて様子を見てました



P1300105.jpg
(翌日の写真)



やりました! 入ってくれました♪



P1300110.jpg



茶トラは大小の複数いる事を分かってたので、小さい子は里親探し、大きい子はリリースと
決めていて、この子は大きいほうだと思ってリリースをしてしまったんですが



P1300144.jpg



逃げていく後ろ姿を見て、あっ!小さいほうだった・・・ と、気づいたんです(ゴメン)




この子が大きい方なんです



P1300127.jpg



この子は翌日に再挑戦したんですが、捕獲器を設置した場所がデコボコしていた為
入った途端にカシャ!って音が出てしまって、折角入ってくれたと言うのに失敗に終わってしまいました


前日のを見てたからかなりの警戒モードで、それでも時間をかけて、やっとやっと
入ってくれたと言うのに・・・(ドジアホ)
それからは 「何処にいるのかリール♫」(ふるっ)



で、茶トラちゃんと一緒に確保出来た子はこの子です



P1300086.jpg



サビ猫ちゃんではなかったですが、自転車の下にいたキジトラちゃんの方です
この子は茶トラちゃんの兄弟だと思うので、リリースをせずに里親さんを探す事にしました



P1300225.jpg



それとこの子!



P1300166_2016040515363336e.jpg



同じキジトラちゃんですが



P1300167.jpg



この子は



P1300164.jpg



たぬちゃんとポポちゃんのお母さんの冬子がいた場所で確保しました



P1300221.jpg



術後はリリースです(ゴメンね)



P1300222.jpg



後ろ姿がいやに哀愁あるな。。。



今回の手術は、千葉市の「飼い主のいない猫の為の手術」を利用させてもらいました
実は補欠当選してたんです(ラッキー)


同時に、駆虫薬のレボリューションを持込して投与をお願いしました
このノミダニとお腹の駆虫の為のレボリューションとミルベマックスは
皆様から頂いたご寄付で購入させてもらっています
本当にありがとうございます(深々と礼)


そうそう、レボリューションはリリースした子達にも年に2回位だけど付けてるんですよ
雅人や七男・夏子など触れる子限定になってしまうけど・・・

フードに混ぜてあげられるミルベマックスの方は触れない子にもあげています
これも年に2回くらいしか出来ないけど・・・

せめて、一時的と分かっていても痒みから解放してあげたいですし
虫に栄養を横取りされるのも、少しの間だけでも阻止してあげたいと思って





そんなこんなのとある日、捕獲準備のフードを仕込んでいたら、すぐ近くで猫の泣き声が
これは匂いに釣られてきたんですね(捕獲用の餌=匂いが強い)



P1300122.jpg



流れ者ならチャンス!と思ったんですが、よく見ると耳先がカットしてありました
うちの周りで手術してくれる人がいるなんて♪と、急に嬉しくなったんですが
よくよく見ると、5年位前にリリースしたジュルちゃんでした♪(なあんだ)




そしてまた別の日、急に猫たちがザワ付き始めたので何事かと隣の部屋を覗いたら



P1300323.jpg



これまた見慣れないキジトラが部屋の中を覗いてるではありませんか!
(あんれまあー またこの子も手術せねば・・・)
と、よく見たら、あれ?耳先がカットしてある(誰かしてくれたんだ!嬉しい♪)



P1300325.jpg



と、よくよく見たら、この子、先日リリースしたキジトラちゃんでした



P1300326.jpg



でも、リリースした1週間後なんですよ
普通は怖い思いをしたら近づかないと思うんだけどね
長い時間玄関先に置いてたのと、車の中で1泊したのとで匂いで覚えていたんでしょうね
それと、焼ささみの味が忘れらなかったのかもしれないです
なので直ぐに焼ささみをあげました



P1300327.jpg



その後も、ここに居続けるので



P1300328.jpg



ランチもご馳走して



P1300330.jpg



ディナーも振舞いました



P1300332.jpg



このダザ振りが何とも可愛くて、この子は六(ろく)だな!と、直ぐに名前が閃いたんですよ
と言うのも、昔、六郎って言うダサい同僚がいたんですが、その子によく似てるんです(ぷっ)



P1300333.jpg



結局、その日は深夜までいたみたいです



P1300334.jpg



見れば見るほど嵌っていく可愛さ(ダサさ)で、何とも言えない愛嬌があると思いませんか
ぼにたんと同じで、この子もおうちに入りたいのかな?と思ったので、うちの子たちに聞いてみました



どうよ!

入りたいアピールをずっとしてるけど、仲間に入れてあげる?




P1300335.jpg




あっそう! ぼんちゃんはヤなのね・・・



それを感じとったのかどうか、翌日からは姿を見せてないんです
多分すれ違いをしてるだけなんだと思いますが



で、今回手術した3匹は全員男の子でした(女の子を先にしたかった)
残った子達も引き続き手術をするつもりで捜索しているのですが、その後はパッタリと
姿を確認できないでいるんです


もちろん、あのアパートや駐車場にも何回も足を運んではいるんですが
それに、サビちゃんは間違いなく女の子だし、母猫もいるはずだから早く手術をしないと、と
気持ちばかり焦っていても、居場所が分からない事にはどうすることも出来なくて


こんな時に、探して捕獲してくれる商売の人がいたら、即効に頼みたいとこなんだけど
そんな商売ないもんね


でも、消えるわけはないしね
みんなで遠くに移動ってのも、あんまり考えられないし
移動するとしても、そう遠くない場所だと思うから
引き続き諦めないで、粘って探してみますね




















[ 2016/04/05 ] 地域猫&TNR | TB(0) | CM(2)

初めての地域猫活動とお礼いろいろ

10月、ピコ&リノちゃんが初参加したセンター譲渡会に来てくれたMさんが
先月、初めての地域猫活動にチャレンジして下さいました!


まず、ご自宅付近で見かけて気になっていた猫ちゃんが、飼い猫なのか?野良猫なのか?
の、リサーチから初めて、お世話をしてる方に手術の必要性を説明して下さり
初めての地域猫の為の不妊(去勢)手術をしてくださったんです(^^)


こちらが第1号の黒猫のクロちゃんです

IMG_0143.jpg

ぼんちゃんに激似の、かなりのイケメン君ですね♪


そして、クロちゃんにはまだ若いお母さんのピースちゃんがいるんですが、ピースちゃんは
毛艶も悪く、見るからに具合が悪そうなので、お世話しているOさんもとても心配されていました
でも、初めての私にもお腹を見せてくれる位とても人懐こい子なんですよ(息子はビビリ・・・)


手術の判断は獣医さんにお任せしましょう!という事になり、予約の日にクロちゃんと一緒に
連れて行って下さったのですが、「この冬を越せないかもしれない」と獣医さんに言われたそうです


Oさんは、お庭に猫たちが寒くないようにと、工夫を凝らした猫ハウスを作られていて
お庭の隅にはきちんと猫トイレも作られていました


そして、毎日のオシッコやウンチのチェックもしっかりされているので、最近オシッコの量が多いとが
ウンチに寄生虫は付いていないみたいです、とか、お外の猫にこれほど気をつけて下さってる方って
見たことがないです


以前から不妊手術の必要性を理解されていて、千葉市の飼い主のいない猫の不妊手術の申し込みを
された事もあるそうですが、あいにく抽選に外れてしまったので、今度は自費で手術をしてあげようと
近隣の動物病院に相談したんだそうです


ところが、その病院に「野良猫の手術なんて出来ない!」って断られてしまったそうです
同じ獣医でも、センターの手術に積極的に協力してくれる先生もいるっていうのに
この差って本当になんだかな~です


なので、今回のMさんからのお話もスムーズに運んで、手術代も全て負担して下さったそうです
その他にも、ノミダニやお腹の虫の駆虫代も全て負担して下さいました


ピースちゃんは、一層の寒さ対策をして下さって、Oさんが今後も優しく見守ってくださいます
クロちゃんもお母さんにずっと寄り添ってくれることでしょう
親子で温め合いながら、何とか厳しい冬を乗り越えてくれることを切に願っています


今回、Mさんは猫の飼育経験がないなかで勇気を出して、一人で行動を起こして下さって
そして、それが優しいOさんとの出会いになったことは本当に良かったなーと思います


初めてが、とんでもない餌やりさんだったら、そりゃもう・・・ ですからね


で、今回私は、搬送用のケージを貸出しただけで何もしていないんですが
Oさんからご寄付と、人間用の鰹節の詰め合わせのプレゼントを頂いてしまいました!
鰹節は猫にひっかけたユーモアだそうですよ(^^)


* Oさん! 本当にすいませんm(_ _)m  
ご寄付はお外の猫の医療費に大切に使わさせていただきます
そして、ピースちゃんに残された時間が、穏やかな時間であってくれることを
心からお祈りしています
Oさんも、どうぞお身体を大切にして下さいね
ありがとうございました(^^)


* Mさん! 本当にお疲れ様でした!(^^)
どうぞこれからも無理をせずに、ご自身のペースで続けていただければと思います

実は私も、せめてせめて、自分の周りで不幸な野良猫を見たくない!
その思いから始めた一歩でした

今も大したことは出来てないけど、多くの皆さんが同じ思いで行動を起こしてくれたら
一代限りの地域猫を見守ることに繋がります
まずは、早く風邪を治して元気になって下さいね(*^。^*)


そうそう、実はクロちゃん、地域猫の印のさくら耳カットをしてないんです
Mさんは悪くないですよ
初めてばかりで、そこまで気が回らないのは当然ですもん
これは私のミスです!

でも、地域猫・TNRの為に積極的に推進・協力して下さってる病院なんだから
「耳カットはどうしますか?」の一言を聞いてくれても良かったのにーと、ちょと残念・・・


で、こちらは私が手術した猫ちゃんです(レボリューション済み)


P1280194.jpg


この子も人懐こい男の子なので里親さんを探してあげたかったんですが
諸事情によりリリースせざるを得ませんでした(ゴメンネ)



そして、こちらは抽選に当たった方の猫ちゃんです



P1290288.jpg



P1290285.jpg



お世話されてる方はおばあちゃまで、ご自身で手術の持ち込みが出来ないとの事だったので
搬送のお手伝いをさせていただきました
おばあちゃまにも慣れているので、捕獲器を使わずに確保と搬送をスムーズに行う事が出来ました


このように、無料で手術してくれるんなら私も野良ちゃんを手術してあげたいと思ってる方!
車の運転も出来ないし捕まえる事も出来ないから無理無理ーと、思ってる方!
どうぞ諦める前に、まずはセンターに相談してみてくださいね

お手伝い可能な内容であれば、協力ボランティアに繋いでくれます
また、協力ボランティアの方で、抽選に外れてしまった方の為に
低価格で手術対応してくれる病院の紹介もしています
(但し、飼い猫の場合は普通価格です)
まずは、相談をしてみて下さいね(#^.^#)



さて、話は変わりましてお礼のご報告です

先日、雫ちゃんのママさんから素敵なプレゼントを頂いてしまいました♪
可愛い雫ちゃんのお写真と

P1290311.jpg


ねこ達大興奮のおやつとおもちゃです♪

P1290307.jpg


そして、私にまで

P1290310.jpg

あの超高級旅館で有名な京都俵屋さんの高級ソープと和晒しのボディタオルです
こちらは、ママさんお気に入りのもので毎日使ってるそうなんですよ
なので、私もママさんみたいにピカピカの肌を目指して毎日使わさせて頂きますね
本当にありがとうございました(*^。^*)



そして、いつも陰日向で応援してくれてるKadomaruさんからご寄付をいただきました!
春にもいただいたばかりなのに、本当にすいません
有り難く、保護猫お外の猫の医療費とフード代に使わさせていただきます
kadomaruさん! いっつもありがとね(*^。^*)
(今から、新年会を楽しみにしてますよ~)






















[ 2015/12/16 ] 地域猫&TNR | TB(0) | CM(2)

失敗続きの捕獲と脱走中の猫8ヶ月後に無事保護です

2ヶ月位前の今更の話なんですが、明け方未明の普通の人はまだまだ
眠りの中にいる時間帯でのことです


遠くからもの凄く、けたたましい猫の喧嘩の声が聞こえてきたので
ガバッ!と飛び起きて外をみました


すると、少し離れたお宅の物置の上で、2匹の猫が喧嘩をしてるようなんだけど
良く見えない・・・


で、慌ててカメラを持ってきてズームしてみました


P1260455.jpg


ハチワレと黒猫なのは分かるけど、ぼんちゃんかしら?
で、もう少しズーム


P1260456.jpg


ぼんちゃんのような気もするけど・・・
で、めいっぱい最大にズーム


P1260457.png


うっ! 右のさくら耳カット やっぱりぼんちゃんだわ!


それにしても、最近のカメラってスゴイですね
こんなにはっきりと撮れて、望遠鏡の役目も果たしてくれるなんて、いい仕事をしてくれます(^^)

(で、本題に戻ってと)

ここで大声を出す訳にもいかないし、怪我をする前にサッサと逃げればいいのに
と、願いながらどうすることもできなくて二度寝をしちゃいました(ーー)


ハチワレは初めて見る子で・・・
喧嘩早い → 未去勢 → 飼い猫ではない可能性が高い・・・


という事で、数日後、やむなく近所をリサーチして歩きました


直ぐにオッドアイの白猫ちゃんに遭遇(首輪なし、たまたま有り)


P1260596.jpg


聞き込みの結果、飼い猫なのか野良猫なのかまったく不明で
この後は一度も遭遇する事ができませんでした



むぎわら三毛ちゃん


P1260654.jpg


首輪をしてるので飼い猫ちゃんだと思うけどお腹が大きい???(もうヤダー)


サンルームの餌やりさんの所を覗くと、なっ!なっ!ナント!



P1260600.jpg


ぼんちゃん!!(ぼにたん)


お前さん!
うちのご飯残して、ここで喰ってたの!





さすがのぼんちゃん(ぼにたん)も、この状況はマズイと思ったらしく


P1260632.jpg
今日初めてです!



P1260633.jpg
たまたまなんです!



P1260634.jpg
信じて欲しいです!



P1260635.jpg
ウソついてました! ゴメンなちゃい・・・



いいよ いいよ
他所でも食べてたのはわかってたからね(^^;)



そして、また別の日



P1260653.jpg


サンルームの餌やりさんのところで、ぼんちゃん(ぼにたん)の天敵のハチワレ君発見

ご近所の聞き込みによると飼い主はいないみたい、との事だったので
去勢手術の為の捕獲をすることにしました


で、このサンルームの餌やりさんは非協力的だし、近くのお宅にも食べに来ているとの
情報を聞きつけてたので、そちらに捕獲器設置の協力をしてもらうことになりました


早速、早朝にセットしてくれるように頼んでいたので、朝一番に確認しに行ったところ
手前のサンルームにハチワレ君が鎮座してる・・・ (上の写真と同じ状況w)


これは完敗。。。 と、落胆しながら捕獲器の方に行くと
あれ? 蓋が閉まってる??


まあ、ハチワレ君じゃなくても未手術の子が入っていれば
それはそれでラッキーと思いながら覗くと


なっ!なっ!なっ!  なんということでしょう!

去年の秋に脱走していた近所の猫が入ってました(超ラッキー)



直ぐに飼い主さんに連絡をして、そして無事におうちに帰ることが出来たんです~(^^)


ちょうど、この前日にその飼い主さんイコール餌やりさんのお宅に行って
その後猫ちゃん見つかった?って聞いたばかりだったんです

厳しい冬も無事に乗り越えて約8ヶ月なんですよ

実は、脱走された事を直接聞いたのが今年の1月くらいで(何で早く教えてくれないの!と思ったけど)
そのあと直ぐに近所を探し歩いたら、その子が直ぐに見つかって
で、直ぐに居場所を教えてあげたんだけど、逃げてしまって中々捕まえられないとの事だったので
いつでも捕獲器をお貸ししますから、って言ってあったんです・・・


なんなんだろうか、無事に帰れたから良かったんだけど
自分は猫の事は何でも分かってるって勘違いしてる人は、人の話に耳を貸さないって言うのかな・・・
まあでも、本当に良かったです(^^)


で、その日は終日捕獲器をセットしてたので、何回も確認しに行っては無駄足で終わって
翌朝、すごい早朝にまたセットして、少し時間をおいてから再度見に行くと
手前のサンルームの前に「今日も朝ご飯はここで食べました!」
って顔のハチワレ君が・・・(上の写真と同じ)


またまた完敗で、これは作戦を練り直して出直しだな~と、落胆しながらトボトボと
軽いはずの捕獲器がやたら重いし、早朝の静けさの中で
カシャカシャ音を立てながら自宅に戻ると



P1260637.jpg



この時はまだまだ人慣れしてないマルメロちゃんが、窓からジーって
私の方を見てくれてたので、少し嬉しくなって元気を取り戻す事が出来ました(^^)


この時は、同時進行でやっていた他の現場も全部失敗に終わってたので、そんなときは
何やってるんだろう・・・って、そんな落ち込んだ気持ちになるんですよね


で、アース兄弟を保護してくれたSIXXさんに、急遽茶トラ君を捕まえてもらいました



P1260960.jpg



アース兄弟の父さんかもしれないし、違うかも知れないけど
取りあえず1匹だけでも手術が出来て良かったです(^^)



そして、今日の早朝も、ものすごい喧嘩の声で起こされてしまったんだけど
秋までには何とか捕まえないと!と、思っています


男の子は去勢手術をすることで本当に大人しくなります
喧嘩もしなくなるので怪我をすることもありません

以前良く喧嘩をして傷だらけだった雅人も七男も
今は仲良しで、いつも一緒にいるんですよ


この辺りでまだ喧嘩をする子は、このハチワレ君と良くお庭に来る茶とらんだけですね


あっ! でも、そうなると・・・

この茶とらん、本当に手術してあるのかなー
首輪はしてあったから飼い猫だとは思うんだけど
相変わらず喧嘩は良くするし、ひょっとして未去勢?
たまたまはプリップリッじゃないんだけど、良く分からないんです~
























[ 2015/08/14 ] 地域猫&TNR | TB(0) | CM(0)

町内会の地域猫のその後


ちょうど1年前になります 
この現場を見に行って、途方にくれてしまったのは・・・ (その時の記事→ 1年前 )


その時の記事を読み返したら 『あらまあ こんなに大変だったのね・・・ 』 と
もうすっかり忘れさってましたけど、うちの子達も保護猫達もみんな具合が悪くて
大変な事になっていたんでした (ーー;)

それに比べて、今年はみんな元気で本当に助かっています (但しマーシュを除く)


そして、保護後のご縁探しには、思いのほか時間がかかっていますが
いつも思うのは 「このご縁に出会うための時間だったのね!」 と、そう思わされるので
どの子にも必要な時間がそれぞれある!とそう思っています
それに、この子達にはリリースせざるを得なかった子の分も幸せになってもらいたいと
願っていますし・・・



さて、今日の本題は、その後の町内会です

前回の、町内会による町内会地域猫の為の 初めての捕獲作戦 の後も、引き続き
頑張って下さいまして、現在、不妊手術してくれた子の数は6匹になりました
その前に、私がリリースした子2匹と併せて合計8匹が地域猫として管理されています
そして、現在ターゲット中の子は4匹です


これらの手術費用や地域猫を管理する為の費用を捻出する方法として、町内会の皆さんの中から
ボランティアを募集する事と、ご寄付を募ることをアドバイスさせて頂きました


広い町内会ですので、当然に猫嫌いの方もおりますが、反対に、猫のことに胸を痛めながら
批難・攻撃されるのを恐れて、何も出来ないでいる方もいるはず
一人では出来ないけれど仲間と一緒ならやってみたい! そう思う方もいるはず・・・
そう思ったからなんです


捕獲器も、今は2つほど町内会で購入されて、いつでも捕獲のチャンスを逃さずに
捕獲ができる状態になっています


そして、猫だけの会報 『のら猫をふやさない為に・・・ ねこ 〇〇会』 を作られて
それを回覧版で回し、町内会の皆さんへの周知と理解の為に役立てています


この会報の中身は、新しく地域猫に加わった子の写真と名前、また、耳先カットの説明や
地域猫の理解を深める為に、とっても分かりやすくいい内容になっていて
本当に素晴らしい会報です


そして、『ねこ台帳』 を写真入りで作られて、きちんと管理もされています


今までは、猫にま~ったく興味なんてなかった方が 『あっ! この猫は、この間手術した
ココアちゃんじゃない!』 なんて気がついてくれて、そして、気にかけてくれる人が
多ければ多いほど、今までよりはずっとずっと、お外でも安全に暮らしていけるはず・・・
そう思いますね


で、ハル君と一緒にいるのが、そのキジ白のココアちゃんなんですが


ココアとハル


この時に、たまたま捕獲器が塞がっていて、でも人懐こい子だからキャリーケースで大丈夫かな・・・と
トライをした挙句2回も失敗してしまったので、そのあと警戒したのか姿を見せなくなっていました


子供が出来てたらどうしよう・・・と、心配してたのですが、やはり出産していたみたいです  (><)


そして、去年の秋の 子猫の捜索 の子猫はココアちゃんの子猫ちゃんでした


そのココア母さんも、今年の1月に無事に手術を終え、その時の子猫ちゃんも1匹だけですが
同じく1月に手術をする事が出来ました


今回は、はじめこそ本当に大変でしたが、そのあとは理想的に上手くいったケースだと思います


そして、このような嬉しいご報告ができるようになったのも
応援ならびにご支援して下さった皆さまのお陰です
この場をお借りして、改めてお礼を申し上げます

本当にありがとうございました! m(_ _)m 



まだまだ、地域猫に理解を示してくれない町も多いと思いますが、たとえ時間はかかっても
今回のケースのように、少しづつ広がって行ってくれたなら、不幸な命が生まれる連鎖を
確実に絶つことになりますね (^^)







[ 2014/03/20 ] 地域猫&TNR | TB(0) | CM(0)