2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12






家猫修行は卒業でもいいけど・・・

今日はナータン記念日なんです
ちょうど4年前の今日保護したので毎年その日を記念日にしてるんですが
日数に換算すると1462日目になりますね
因みに時間に換算すると、・・・ (まっいいか)


とにかく長~い時間をかけて、ナータンのペースに併せて
ゆっくりゆっくり家猫修行を積んできたので、今日はその成果をとくとご覧下さい!


まずは昨日のナータンです
昨日は暖かだったのでひとり2階のケージでお昼寝してマッタリしてました


P1340648.jpg


その寝顔がなんとも可愛いかったので、たまにはナータンの特集記事を書いて
数少ない隠れファンの方々に喜んでいただこうとカメラを向けたんだけど
直ぐに気づかれちゃいまして


P1340647.jpg


そしてこのお顔ですよ・・・


P1340662.jpg

寝起き悪すぎ


ナータン♪ 
明日は4年目記念日だから、たまには猫じゃらしで遊んでみない?


P1340669.jpg


と誘ってみたんだけど、振れば振るほど後ずさりしていきまして


P1340666.jpg


それ以上下がると落ちるわよ


P1340665.jpg


で、おっとっと状態に


P1340664.jpg


ナータンにとって猫じゃやらしは、ただ怖いだけのものみたいです(ゴメンね)




実は去年の9月にナータンが外に出てしまう大事件があったんですよ
と言うのは、去年の夏に我が家で耳ダニ騒動が勃発しまして
始めは家のトラおばあちゃんが耳をしきりにカイカイしてるので検査をしたんですが
その時は耳ヒゼンダニは見つかりませんでした


新しく保護した子も必ずノミ・耳ダニの駆虫はするので検査結果も至極当然!と思っていて
でも、トラちゃんのカイカイは治療の効果もなく中々治らなくて
そのうちナータンとぼんちゃんもしきりにカイカイするようになって
で、もう一度トラちゃんの耳を再検査したら見つかったんです!耳ヒゼンダニが(ギャッー)


略して耳ダニは感染率が非常に高いので、1匹にいた場合は他の子もいると仮定して
全員の駆虫が必須になってきます
元の犯人が誰かわからなくても、取り合えず全員の駆虫を一気にしなくちゃいけないので
触れる組は全員レボリューション(フロントラインも可)を付けて
触れない組はイベルメクチンを2週間間隔でご飯に混ぜて食べさせてました


ぼんちゃんは夢中で食べてる時に限りレボリューションを垂らす事ができたので
鈍感で大助かりでした


アニーとナータンは匂いで直ぐにバレてしまって苦戦しましたが
もっと匂いの強い食べ物を混ぜ込んだりして何とか食べてもらいました


イベルメクチン組は計4回投与したんですが、相変わらず耳カイカイしていて効果が実感出来なくて
で、一度キャリーの中で寝てる時にレボリューション付けにトライしてみたんです
まず蓋を締めて、次にそっと蓋を開けながらまずタオルで顔を隠してから肩甲骨の皮膚に垂らす
こんな感じに事前にシュミレーションをして本番に臨みました


が、アニーもナータンも蓋を閉めた途端に大暴れ状態になってしまったので
少し落ち着くまで待ってから、そっと蓋を開けてタオルを入れたんですが
ものすごい大力で暴れて押さえきれずに逃げられてしまいました(ショック)


ところが、また数日したらナータンがキャリーの中で寝てるではありませんか
タイミングもちょうど良くて、今からなら病院に連れて行けるし診察時間内
で、気づかれないようにサッと蓋を閉めたんです


閉じ込められたナータンはパニックになって大暴れしてるので
直ぐにカバーで覆って車に載せようと玄関を出ました



P1260662_20170227164039f0c.jpg



ところが、突然前の扉が開いてしまってナータンが落ちちゃったんです(オーマイガー)
暴れて前ドア側に傾いてしまったので、その重みに耐えられず壊れちゃったんです
ナータンも何がおきたか理解出来ないみたいで呆然としてました
ここで触れる子なら何気なく捕まえちゃえばいいんですが、ナータンは触れない組
下手に捕まえようとすると余計に逃げちゃうので、ここは落ち着け自分と言うしかなくて・・・


4年ぶりに外を歩いたナータンは、なに?どうなってんの?みたいな感じで
リビングの方に歩いていったと思ったら、掃き出し窓から中の猫たちと顔を見合わせて
お互いに不思議そうにしてるんです
泣いて入りたそうにもしてるので、直ぐに開けたらすんなりと入ってくれそう
でも、その代わりに他の子が出てしまう・・・


で、他の子達を全員隣の部屋に隔離してからリビングの窓を開けて
猫缶で誘導して中に入ってもらおう作戦をやってみました
でも、他の場所に移動してしまって猫缶どころじゃなくて
そんな中でも時間だけは残酷に過ぎていきました


何度か塀によじ登りそうになった時には、「あれ? ナータンどこにいったんだろうね?」と
わざと大声で言うと「あっ!ナータンのこと話してる!」ってなってよじ登るのをやめるんです
なので庭からは出ないでいてくれたのが唯一の救いでした


で、今度は2階の猫部屋に猫たち全員隔離してから玄関も開け放して
それとなく外から玄関の方に誘導したら、ナータン玄関の方に動いてくれて
「あれ?玄関が開いてる!」みたいな感じで入ってくれたんです(号泣)


ここまで5時間位かかりました
一気に体重が10キロ落ちて、一気に寿命が10年縮んだ気分です
でも、これで終わりじゃなくてまだ続きがあるんです


ほっと一息付いて良かった~~~と、思っていたら
2階にいるはずのぼんちゃんが、リビングの何処からか出てきたんです
リビングの窓も開け放してたので寸でのとこで二時災害になるとこでした(怖~)


いやー2階に隔離する時に数を確認したつもりだったけど
私も焦っていて、あってはならないミスを犯してしまってました
結果オーライだから今は笑って言えるけど、思い出しただけでもゾーっとします


そうそうドアが壊れたキャリーですが、日頃から脱走防止対策で
2重にバンドを回して使ってたんですよ
でも前ドア部分は予想をしてなかったので未対策でした(キャリーは即効処分)


で、この時に思ったんですよ
ナータンは人馴れ度はまだ低いけど
家猫度はもう卒業って言ってもいいんじゃないって(笑)


以前は私の足にスリ~しては逃げて、またスリ~して逃げてのピンポンダッシュみたいでしたが
最近は逃げずにスリスリ~スリスリ~するようなったんですよ
ただ、御飯の支度をしてるとき限定なのと、相変わらず一方的にだけですが・・・


それと、とにかく優しい子です
なので直ぐにご飯を取られちゃったりしますが
決して怒らなくて困ったお顔をしてるだけです


そんなナータンが大好きなのがマルメロちゃんです
好かれ過ぎていつもストーカーされてます


P1340201.jpg


一人で寝ていても、気がつけばマルメロちゃんにぴったん子さんされてます(#^.^#)


P1340202.jpg



5年目の記念日には卒業してくれてるといいんだけど・・・













スポンサーサイト

春は必ずナータンにも来るのです

昨日は暦通りの大寒の日でしたが、我が家の庭はもう早春の兆しです



P1290682.jpg



枯れ木のような小枝に小さい黄色い花が咲いているのが分かりますか!
この花は蝋梅という花なんですが、かれこれ26年くらい一度も花芽を付けた事がないんです
なので、もう咲かない木なんだと思ってたんですが、何と昨日!
花が咲いてる事に気がつきました!それも4輪プラス蕾が1個も♪



P1290678.jpg



見た目は地味な花なんですが、水仙や椿と一緒に花入れにいれると
早春の茶花としてとってもいい味わいを出してくれるんです
その上、甘~い香りも楽しまさせてくれるんですよ


この他にも色とりどりの椿と早咲きの白梅など
季節は真冬真っ只中でも、庭には一足早い春が訪れてくれてますね
で、先日までの暖冬の影響で例年だと実が残っていないはずの千両の実もまだいっぱい残ってます



P1290683.jpg

日当たりが良すぎて葉が焼けちゃってますが・・・




そして!

肌寒~い我が家の家ん中にも、春が訪れてくれそうな予感が♪



P1290651.jpg



こんなところに何故にナータンが?



P1290655.jpg



コタツに座ってる私と至近距離の位置なんですよ
こんな近くに、自ら寄ってくるなんて今までにはなかった事なんです
いつもなら近くを通り過ぎるだけでも脱兎のごとく逃げてたのに
ナータンの方から近づいてきて、そして座って、ジッーと私を見つめてるなんて
ナータン! どうしちゃったの? 指ちゅーでもしてみる?



P1290652.jpg



それともコタツの中に入りたいの?



P1290654.jpg



と、こんな感じに布団をめくったり下ろしたりしてたら中に入って行きました!



P1290656.jpg



そしてその翌日も、ふっーと気がつくと



P1290660.jpg



更に近づいて座ってるナータンが・・・



P1290661.jpg
(手前の座布団との距離を見比べて下さいな)



ひょっとしてナータン!

母さんに甘えてみたくなったの?



P1290664.jpg



んな訳ねーだろう!

って、思ってるかどうかは分かりませんが、今年は
例年とは違う年になりそうな予感が、強く!強く!してしまうんですが
だって、ナータンの表情が全然違うと思いませんか?
ラブ光線を送ってくれてますよね!(ついに♪)






さて、話は変わりますがネットでこんな可愛い生地を見つけました



P1290379.jpg




P1290378.jpg



格安、尚且つ可愛い猫柄の物を探していたので即購入して
早速こんな物を作ってみました



P1290375.jpg



ピンクの方は大きいサイズのキャリーケースカバーに



P1290385.jpg



グレーの方は捕獲器用のカバーを作りました



P1290381.jpg


この色なら汚れても目立たないし、厚さもちょうどいいので捕獲器にはうってつけです
お陰で捕獲もちょびっとだけ心が軽くなりました♪
(今年は頑張らねば)



















マーシュ正式譲渡のご報告です♪

8月7日から2週間のトライアルを頑張っていたマーシュは無事に正式譲渡になりました(^^)


お届け翌日の怯えた表情のマーシュ


DSC_1216.jpg


実家の母さんは、ただ 「頑張って!」としか祈ることしかできなかったけど
ママさんは、本当に一生懸命に優しくお世話をして下さいました


DSC_1227.jpg


ご飯を食べ安いようにと木製のお皿に買い換えて下さったり


お水も飲みやすい用にと工夫して下さり


DSC_1239.png


毎日のブラッシングや身体のお手入れ等、本当に根気よく接して下さったお陰で
長いあいだお部屋の隅に引きこもったままのマーシュも


DSC_1249.png


気がつけばお部屋の中央で


DSC_1283.png


無防備に寝てるようになりました♪


DSC_1275.png


後ろ足の大きな瘡蓋も取れたんだね


DSC_1272.png





2週間のトライアル期間中にいただいたママさんからのお便りは16通になります

普通の子とは違い心配な要素が多かったマーシュだったので
この小まめにお便りを頂いたお陰で、その日その時の様子が手に取るように分かり
一緒に悩んだり心配したりしながらこの日を迎える事が出来ました


マーシュも本当によく頑張って乗り越えてくれました

でも、何と言っても一番に頑張ってくれたのはママさんです
心から感謝の気持ちで一杯です



私が帰った後の不安なお顔のマーシュ


CA0Y37X2.jpg


今だから言うんだけど、本当は胸が張り裂けそうでした
毎日このお顔を見ては、可哀想なことをしてしまったのではと・・・


でも、先日届いたマーシュのお顔を見て下さい!


DSC_1288.png


涙が出るくらい嬉しかったです
もう、ママさんとこの可愛い自慢の一人娘です(^^)



ママさんのお便りも紹介しますね(一部です)

最近のマーシュは表情もすっかり和らぎ家猫らしい顔になってきました。
毎日のびのびと寝ています。

夕べは私のベッドに乗って足元で寝ていたりしました。
私が寝返りうったら降りちゃいましたが… (^^;
昼間も私の近くで寝ることが多くなって、私の座椅子を奪います(ー_ー;)

マーシュが来てくれて私は本当に良かったって思います。
マーシュも同じ気持ちなら嬉しいですが…。

まだ夜泣きするときがあったり、皮膚炎は一向に良くなりませんが、
夜泣きはマーシュの甘えたい主張ですし、皮膚炎は一番ツライのはマーシュなので
一緒に根気よく完治を目指して頑張ろうと思います。



おまけのスカイツリーです

DSC_1263.jpg


これからは、スカイツリーを見るたびにマーシュとママさんを思い出しますね
(他にも思い出す子達はたくさんいますよ^^)




* ママさんへ!
本当にありがとうございました
マーシュは、これからも治ってはまた新たな傷の繰り返しになるかもしれません
その時はどうぞ、あんまり胸を痛め過ぎないで下さい
気持ちを軽く持って、マーシュと共にこの病気と付き合っていただければと思います
もちろん完治してくれることが一番の願いではあります


そして、実家で遊んでる時のマーシュも見て下さいね
ソファーカバーの下で大ちゃんか金太郎が入って遊んでる所を
モグラたたき遊びしてるマーシュです(^^)



P1270378.jpg



P1270379.jpg



P1270380.jpg



P1270381.jpg



こんな感じで、たまには楽しそうに遊ぶんですよ

カメラに気がつくとこんなお顔になっちゃいますが・・・


P1270382.jpg



それと、先日お昼寝用にと仕舞ってあった小さいクッションを出したんです


P1270834.jpg


あら! マーシュが寝てる!

って、未だに間違えてしまう実家の母さんです(^^;)


それと、マーシュはイビキがすごいんです
少し昔の動画だけど見て下さいね








そして最後に

マーシュの事を気にかけご心配下さった皆さま!
応援をして下さった皆さま!
医療費のご寄付を下さった皆さま!

心よりお礼を申し上げます
本当にありがとうございました(#^.^#)









ナータン病院へ行く

少し前の話になりますが、具合の悪いのんたんを病院に連れて行こうとしたら




P1260416.jpg
(この写真は具合が悪い時ではありません)



なっなっ何と!

ナータン(ナターシャ)がキャリーバックの中でスヤスヤ寝てるじゃないですか!(ビッグチャンス♪) 

で、気づかれないように、そーっと蓋を閉めて一緒に病院に連れて行く事が出来ました!




P1260696.jpg
(友情出演)


金太郎! ありがとう♪ 
本当に、こんなふうに叫びたいくらいな達成感でした(^^)



P1260661.jpg




と言うのも、言い訳するつもりじゃないんだけど、ナータンは、保護した時に風邪を
引いていたので直ぐにワクチンが打てず、その後、更に酷くなってしまった時は
何とか、必死に捕まえて病院に連れて行ったんだけど



P1260659.jpg




ワクチンは、そのうちに慣れて、触れるようになったら連れて行けばいいや・・・
と、思ってたら、なんということでしょう!
結果、2年以上も経ってる・・・ (やっぱり言い訳)




P1260660.jpg




で、この事を教訓にしなければいけない!と大きく反省して
ビビリ組の為の法則を作りました


1.キャりーバックは、常にカプセルホテルとして使用出来る状況で置いておく事とする。
2.カプセルホテルとして使用中は、人は使用中の猫に対して、いかなる理由が
 あったとしても、むやみにチョッカイをだしてはならない。
3.カプセルホテルの使用目的は、休憩・宿泊・出張の3通りとする。
4.カプセルホテルは、猫に対してのみ複数での使用を許可するものとする。
                                         以 上





P1260662.jpg




で、無事に初ワクチン接種しました♪




それと、コンベニア(2週間持続する抗生剤の注射)も特注で打ってもらいました・・・

ワクチンとコンベニアを同時に打つのって、どうゆうこと?
って、ちょっと知識のある方は疑問に思いますよね

実はナータンは、よく鼻の下が2本の線を引いたようになってる時があるんです
で、これは鼻水がスーって垂れて直ぐに舐めてるのかも?
と思ったので、抗生剤の錠剤をご飯に混ぜてあげてたんですが
そのうち、上手に薬だけを避けるようになって・・・

で、あれ?治ったかな?と安心してると
あれ?また鼻水かしら?と、この繰り返しで
これは、もう慢性化してるのかも・・・


で、先日、「先生!ワクチンとコンベニアをお願いします!」って、無理を承知でお願いしたら
先生はしばらく・・・な表情でしたが 「ボランティアさんは何でもありだもんなー」
「まあ、一緒に打っても薬の効果は変わらないからイイヨ」という事でブチュ!




P1260663.jpg




帰宅後、初ワクチンの副作用が出て翌日の夕方まで元気がなかったナータン
鼻水の方はいい感じに治ったかな~と思っていたら、薬効の切れる
2週間過ぎ位から、また鼻の下の2本線が目立つように・・・


まあ、でも、鼻の下の線が目立ってもナータンは可愛いし
性格も優しくて花丸、猫の面倒見もとてもいいので、お触り禁止が解除になったら
早々に里親さんを探すつもりです!




P1260664.jpg

いつになるか分からないけど・・・





そうそう、元気がなかったって言えば、ナータンったら、タオ君(がじゅまる)が卒業してから
すっかり元気がなくなっていたんです


でも、直ぐにアース兄弟が入ったから、またワクワクと園長さんをするんだろうと思っていたのに
全く子猫に近ずこうとしなかったんです


これは、ありさちゃん、がじゅまると可愛がっていた子達が、次々と、ある日突然
いなくなってしまったので、また、この子達もいなくなってしまうのはもう辛くてイヤ!


そんなナータンの心の叫びが聞こえるような気がしました


リビングで子猫たちが元気よく遊びまわっていても、全然近づこうとしなくて
遠くから寂しそうに見ているだけだったんです


代わりに、ぼんちゃんが、えらく楽しそうに(アホみたいに)遊んでたけど・・・


で、がじゅまるもありさちゃんも、めいさちゃんもエンジェルちゃんも、み~んな
優しいパパとママが出来て、すっごく幸せに暮らしてるんだよ!と、何回も教えてあげたら
最近になって、またワクワク園長さんをするようになったんですよ(^^)



あと1週間たったら、いよいよマーシュのトライアルが始まります
ナータンは子猫の時以上に寂しがって、ショックも大きいんだろうな~と思うので
今から、マーシュが幸せになるんだから、祝福してあげようね!
ってお話をしなければと思っています












ナターシャの涙

猫も、思いっきり怖い時や驚いた時には涙を流すんだ! ってはじめて知りました




P1250277.jpg




実は昨夜、突然のことナータンに悲劇が襲いかかったんです
それは、ご飯を食べ終えて(猫が)まったりしている時間での事です
私はやっと自分の夕飯を食べ始めたところです


その時のナータンはいつにも増してご機嫌さんで、空の箱に入ってみたり
ゴロンゴロンしてみたり、気がつくとぼんちゃんのケージの前に張り付いて
ぼんちゃんとお話をしていました


ぼんちゃんは下に降りていたので、ケージ越しに鼻チューができる位の
至近距離で話をしていました (ぼんちゃんはナータンが一番好きみたい)


これはシャッターチャンス!


と、カメラを探してる間に猫会議は終わっちゃったんですがその直後の事です!


ナータンがパニックになって1階から2階へ、2階から1階へと
ものすごい勢いと形相で走り回り始めたのは


レジ袋を足に引っ掛けたまま・・・


あらら!  やっちゃったわ (°д°)


食事真っ最中だった私は、そのうち破けて外れるだろうとほっといたんですが
今度は2階でガタンバタンと何かが倒れる大きい音を立てたかと思うと
パニック状態は益々ひどくなって1階に降りてきて走り回りました
  

このレジ袋はストーブを終うつもりで、超特大のを何気なくテーブルの端っこに
置いていた物なんです


で、猫がパニックになってる時は下手に手を出すと危険なので、落ち着いたら
外してあげようと思ったんですが、急にオシッコの臭いが漂い初めまして・・・ 


ナータンったら、あまりの怖さにチビリながら逃げ惑っていたみたいで
そこらじゅうにオシッコを撒き散らしてました(≧∇≦)


こうなったらご飯を食べてる場合じゃないと立ち上がったら
タイミングよく子猫用のケージに入って震えていたので



P1250276.jpg
(レジ袋を取ってあげた直後)



足に絡んでいた持ち手の所を、刺激しないように細心の注意をはらいながら
ハサミでカットしてあげました


それにしても、レジ袋もオシッコまみれ・・・ (涙)


でナータンの顔を見たら



P1250277.jpg



両目に涙をいっぱい溜めてるんですもん 
思わずギュッと抱きしめてあげたくなっちゃいました


逃げても逃げても

逃げても逃げても

逃げても逃げても


レジ袋デビルマンが大きい音を立てて追っかけて来る恐怖
死ぬほど怖かったんだろうなーと思います (プッ)


あっ! 笑っちゃダメですよ~
ナータンの気持ちになって見てくださいよ~


その後は、ソファーの下に隠れて暫く出て来なかったんですけど
出てきた時はビクビク辺りを警戒しながら匍匐前進で移動してました


で、ここからは私の悲劇の始まりです

夕飯を食べてる気持ちも萎えてしまって、トイレットペーパーと除菌シートとゴミ袋を持って
オシッコの後始末です

逃げまとったであろう足跡をたどって・・・


それにしても、床だけでなく窓ガラスや壁にまでチビっていました


でも、翌朝はいつものナータンに戻ってました(^^)



P1250279.jpg



P1250283.jpg



ナータン!

昨日は怖かったね!



P1250288.jpg



えっ!

いいのいいの何もなかったよ(^^;)

そして今日もマーシュお姉ちゃまに毛繕いをしてもらってる



P1250270.jpg




弱虫ナータンの猫あるあるでした(^^)


皆さまも、レジ袋の放置には充分に気をつけてくださいね
把手のついた紙袋もね(^^;)