2017 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06






丸4年になります

森友問題が忙し過ぎて更新がすっかり滞っていました(言い訳)

さて、昨日3月19日はぼんちゃんを捕まえた(保護した)記念日でした
捕まえたのは2013年なので、家猫修行を始めて丸4年目記念日でもあります


確か前回の、ぼんちゃんの春 記事以降、ぼんちゃんの出番がまったくなかったような(面目無い) 
あの時は、撫で撫でもスリスリもし放題の至福の時間だったけど(遠い目)



P1340793.jpg



で、今更でなんなんですが、あの後、トイレに行きたくなっちゃったんです(私が)
でも、ここでトイレにたってしまうと、このラブラブ関係が終わってしまうかも・・・
と、それが怖くて我慢出来るだけ我慢してたんですが、ついにそれも限界で
トイレスッキリを優先させてしまいました


スッキリさせて元の場所に座ろうとした途端、ぼんちゃんったら
我に返ったのか逃げてしまったんです(やっぱり)
つい今しがたまでラブラブ熱々関係だった事を思うと
何か弄ばれてポイと捨てられたような・・・



P1340767.jpg



でも、その後の1年も決して無駄な時間を過ごしてた訳ではありません
しっかり人馴れ修行してもらってたので、今はナデナデが出来ます!
主に背中ですが、ご飯を食べてる時に撫で撫でレッスンをしています!



P1340758.jpg



ただ、時折りウーって唸るんです
唸るとお仕置きの刑が待っていて、膝の上にお茶碗が移動する事になってます
するとぼんちゃん、すかさず前足を乗せて食べ続けます
時々顔をあげて「見てる?見てない?」と確認しながら(ぷっ)



またある時は、撫でてる手に噛み付こうとする時もあります
でも本気噛みはしません  
「やめてよ!」な感じなので撫で撫では続きます
それでもなお「やめてよ!」と言われちゃうと、またお仕置きの刑が・・・(笑)



P1340800.jpg



それと、ちゅーるを出すと躊躇なく膝に前足を乗せてくるんですよ
少し焦らした時なんか4本足全部乗せたこともありました(スゴイ!)
完全に膝に乗ってるんですよ


ただね、ここからが中々


中々進みません



P1340757.jpg



5年目の目標は、ご飯どき以外でも触らせてくれること
出来れば、一気に抱っこまで行けばいいんだけど
まだ、ちょっとね無理だと思う・・・
なんせ2013年組は、スローもスローの大スロー組だから(意味わかんないけど)



P1340607.png



まあ極端なビビリちゃんだけど、性格は本当にいい子♪
ナータンもそうだけど、ビビリ組は揃っていい子♪
なので、猫達にはすっごく好かれてます
特にオハナちゃんは、ぼんちゃんが大大大好き!
ぼんちゃんが引いちゃうくらい積極的にアタックするので
初めは引いてたぼんちゃんも、最近は満更でもない感に変わってきてます
オハナちゃんって恋愛の達人みたいにスんゴイです(^0_0^)



P1340765.jpg


あっ! この子は娘のふうろちゃんの方です
ぼんちゃんったらオハナママの見てる前でふうろちゃんに交尾姿勢をとる事があるんですよ
たまーにですが、そんな時は

「ゴラッーばかぼん!可愛いふうろちゃんに何するの!」

って、怒鳴り声が響き・・・ (おとろしい~)






















スポンサーサイト
[ 2017/03/20 ] ぼんちゃん | TB(0) | CM(0)

ぼんちゃんの春

きんちゃんへのお祝いを拍手コメントで下さった皆さま!
コメント返しが出来ないシステムになっていますので、この場を借りてお礼を申し上げます
嬉しく拝見させていただきました♪ありがとうございました(^^)

またメールでのお祝いもありがとうございました♪
特に時間がかかってる子は、こんなにも皆さまにご心配して頂いてるんだーと
シミジミと嬉しく思いました
まだ募集をかけれない組も複数いますので、皆さまの応援を励みに今後も頑張ります(#^.^#)


さて、今日は新入り君の紹介をする予定でいましたが、急遽、まだ募集をかけれない組の
ぼんちゃんの事です



P1300136.jpg

ナータンが入ってないけど首輪が着いてない子=触れない子=募集かけれない組です



P1300090.jpg


ぼんちゃんのぼにたんと現ぼんちゃん(まぎらわしい)
体重 ぼにたん5.8kg  ぼんちゃん4.65kg(一回り小さい&肝も小さい)

同じ黒猫なのに体重&性格がまったく違います
なんでだろう? 尻尾の有る無しの差かしら?(な訳はない)



実はぼんちゃんいま体調が悪いんです
異変に気づいたのは2週間位前で、トイレに何回も入ってる姿を見かけて
注意深く観察してたのですが・・・


P1300401.jpg


トイレ頻繁で真っ先に考えられるのは尿路系の病気です
でも、ぼんちゃんは触れない組なので、簡単に病院に連れては行けない・・・
但し、そんな事を言ってる場合じゃないときは何が何でも確保しなければなりませんが


で、とりあえず膀胱炎を疑って抗生剤を飲ませてました
抗生剤はチュールに付けて差し出すと喜んで食べてくれます
ついでに口~頬~前足と、実はここまではお触りが出来るようになってたんですよ(スゴイでしょ!)


ドライフードは普段から尿路系(低マグネシウム)に配慮した物を上げていて
かつお節や煮干等のマグネシウムの多い物は完全NGにしてました
でも、なる子はなってしまうもので完全に防ぐのは難しいです


直ぐに先生に相談したら、やはりストルバイトが1番に疑われるとアドバイスを頂いたので
療法食のヒルズs/dに切り替えました


尿検査もしたいので採尿したいところなんだけど、これもまた簡単にはいかなくて
でも、夜中にハッ!と閃いたんです


「そうだ!2階の猫部屋に閉じ込めてトレイにトイレシーツを敷かなければオシッコが取れる!」
「なんで、こんな簡単な事も思いつかなかったんだろう」(アホだから)
で、翌日にすぐTRYしてみることにしました


その翌朝のことです
いつもは新入り君とぼんちゃんのドタバタ運動会で毎日起こされるんですが
その日はぼんちゃんの気配がなく慌てて飛び起きて探しました
すると1階ケージのベットに引きこもって明らかに容態が悪いのが分かりました


そして、玄関のタタキやキッチンマットに粗相がしてある事に気づきました
粗相と言っても量的には数滴なんですが・・・


朝ごはんも全く食べず、大好きなチュールも舐めません
9時になるのを待って先生に相談したら、オシッコだけでは分からないから連れて来て!と・・・
状況が悪化してきたら連れてこれるよ! 危険な状況になっちゃうけど・・・


分かりました! 必ず連れて行きます!
と、覚悟を決めて直ぐにキャリーを出してぼんちゃんの横に置きました
と言うのも、その時のぼんちゃんは普通に抱っこして入れられそうな気がしたんです


でも、現実はそんな甘いもんじゃありません
なので、直ぐに作戦変更して追い込み漁でいくことにしました
2階の猫部屋に追い込んで行って、それからキャリーに追い込んで行く作戦を立てたんですが
ぼんちゃん、どんなに具合が悪くても身の危険を感じて必死だから簡単には捕まりません
その上、逃げ回る度にチビって、そのうち結構なオシッコをしたんです
それも障子の敷居だったところで(素地の木)


あー素直に染み込んで行くな~と、思いながらも
オシッコが詰まる危険が迫ってたので安堵しました


その後、ラッキーなことにドーム型のベットに逃げ込んでくれました
ただ、午前中に連れて行くのはもう時間的に厳しいので
午後の診察に合わせて再挑戦する事にしました


そして午後、ベットから出ないでいてくれたのでまずチュールをあげてみたんですが
朝は見向きもしなかったのが、午後は進んで舐めてくれたんです
これはオシッコが出て容態が少し改善したからですね


そこで、ドームの入口を塞いでドームごとキャリーに入れてしまう作戦を立てました
直ぐに大きい方のキャリーを用意して上蓋を開けスタンバイも完璧です


もう失敗は許されない! けど、ぼんちゃんは猫100倍手強い
何回もシュミレーションしてイメージトレーニングもしたけど
情けないほど気が小さいわたし
チュールをただ上げるだけでも下心があるので心臓バクバク・・・


大きく息を吐いて再びチュールを上げました
次にベットのマットにじかに絞り出して、舐めてる隙に入口をガッチリ塞いで
やっとキャリーに入れる事が出来ました!
泣いて怒るぼんちゃん(心臓が飛び出しそうな私)


車中、ぼんちゃんは母さんの子なんだから出来るよ(何がだよ!)
まあ、なんだかんだと叱咤激励しながら病院に行ったのでした~



P1300431.jpg



P1300428.jpg



P1300430.jpg



診察室に入ると先生が一言 「洗濯袋に入ってるよね!」


この言葉、わたし最近一番傷つくの (触れない子なのに何で入れて来ないの、という意味)
以前はこんなこと言う先生じゃなかった・・・


言わせてもらうと(言い訳)洗濯袋に入れられれば苦労はしないって
入れられるような子なら、入れなくても診てもらえるって
折角キャリーに確保したのに、洗濯袋に入れようとして逃げられたら
泣いても泣ききれないじゃない
凶暴猫なんだよ!


で、すいませ~~~~~~~ん 

一人で入れるの無理だったんです~





でも大丈夫!
キャリーごと診察台に乗せて、慎重に洗濯袋に入れる事が出来ました!(先生が)
その後、袋の上からカラーをして(先生が)顔にタオルをかけて(私が)
暴れるぼんちゃんを落ち着かせて目と口内のチェックもしてくれました
膀胱も慎重にチェックしてくれて、圧迫排尿で尿検査も出来ました


結果はやはりストルバイトでした
膀胱にも炎症がありました
多飲も気になっていたので腎臓が心配だったんだけど
比重は1.04でクリアしました(ホッ!)


多分、捕獲のバタバタで放尿した時に一時的に閉塞(?)してたのが改善したんじゃないかと
視診も数値的にも、思ったより悪くなかったらしくしっかり療法食を食べてもらって
抗生剤を飲ませれば大丈夫だよ!と言うことでした(ホッ!)
それと、薬の為でもチュール及び療法食以外は厳禁と言われたのでs/d缶を買って帰りました


体重はワクチンを打ちに行った9月の時と同じ4.65kg
但し、熱が39.8°と高熱でした
興奮状態なので高めになってるとは思うけど、それにしても高いです
でも、尿路的には本当に一安心しました!





本来のぼんちゃんはとっても良い子なんだけど、とにかく猫100倍臆病で怖がりだから
それが威嚇という形で出てしまうんです


今回、エコーはとるだろうな、いやレントゲンも、場合によっては緊急手術に・・・
と、どんどん悪いほうに心配が増幅していって、お札も多めに入れて行ったんですが
お会計が何と!1080円(ボランテイア価格)だったんです(但しs/d缶は除く)


先生! いつも、本当にありがとうございます(深々と礼)
保護活動はいろんな方の協力&お世話になりながらやっています


帰宅後、s/dを食べ終わるまで隔離にしたのですが全く食べてくれません
お薬はウェットのs/dに混ぜたんですが、これも全く食べなくてお水も飲みません
チュールは厳禁だし、そうだコンベニアを打ってもらえば良かった!(気がつくの遅すぎ・・・)


で、隔離状態だと警戒心いっぱいにウーウー唸るばかりなのでフリーにしました
すると、リビングに戻った途端にいつものぼんちゃんに戻ってくれて
ドライのs/dも食べてくれました
お薬もホンノちょびっとだけチュールを付けてあげたら食べてくれました(やむを得ず)



P1300433.jpg
(満足して毛繕い)


その後も、オシッコが出て調子が良くなったんでしょう、ストーブ前のベットで寝ていて
私が定位置のとなりに座っても逃げないでいるんです
しかも自然に撫で撫でが出来る距離なんです
なので、手を延ばして頬を撫で撫でしたら大人しくされたままで
頭にずらしていって撫で撫でしても大人しいままで
気持ち良さそうに目をつむって身体を延ばし始めたんです!


顎スリスリもして、肩揉み揉みなんかもして、福山さんのドラマを見てる間中の
1時間以上も、ぼんちゃんと私のラブラブ関係は続きました♪


あーぼんちゃんは、ずっとこんなふうに私に撫で撫でされたかったんだな~と
感無量の思いで撫で撫でし続けてました


ぼんちゃんは、我が家に移動してきてもうじき1年になるんですよ
保護してからは通算丸3年になります
長~い長~い時間がかかったけど、ぼんちゃんにもやっと春が来てくれました



P1300452.jpg
(利休梅)


P1300453.jpg
(散るまぎわ)



翌朝、またトイレに入ったり出たりの繰り返しで、玄関のタタキでも
オシッコ姿勢をとったりでとても辛そうでした
昨日は直接の治療をした訳ではないので、この状態は仕方がないことで
治すにはフードをしっかり食べてもらって、ストルバイトが溶解してくれるのを待つのみです



P1300436.jpg
(ナータンはダメよ)


最短でも8日はかかるみたいです
でも、それもお昼前には落ち着いてトイレ頻繁もなくなりました



P1300441.jpg
(白雪けし)


そうそう、帰宅後くしゃみを数回してたので、高熱は風邪の影響もあったようです
今日もトイレ頻繁の回数はぐーんと減り、まだまだまだ本調子ではないですが
まったりと穏やかに過ごしています



P1300440.jpg
(すっかりお庭猫になった六と)




首輪を付けれる日も、そう遠くないかもしれません





P1300454.jpg
(一輪草の仲間)



いい子で待っていれば、春はみんなに来てくれるんだね(^^)
























[ 2016/04/13 ] ぼんちゃん | TB(0) | CM(4)

ぼんちゃんの病院騒動記

少し肌寒い日も多くなってからは、このカプセルホテル(キャリーバック)の中が
ぼんちゃんのお気に入り場所になってます




P1280134 - コピー




なので、先週そのまま拉致して




P1280342.jpg




有無を言わさず強引に病院に連れて行きました!




P1280343.jpg




で、診察室に入るなり「今日の子は凶暴でっす!」とちょっとオーバー気味に説明をしまして
診察室のドアをきっちり閉まってるのを確認してからキャリーごと診察台の上に乗せて
洗濯袋(病院の)を用意してもらってから蓋を開けようとしたら、何気にそばにある
エコー機器の蓋(?)をする先生・・・(先生も用心に用心を重ねて・・・)


でも、先生は日頃からこういう扱いに慣れてるのですんごい上手いんですよ
今までも失敗無しだったので私も安心はしてたんですが
今回も見事にスムーズに袋に入れてくれました♪


気になっていた体重は4.65kg! 
6kg近いかも~と思っていたので意外とスリムなぼんちゃんでしたね(^^)


で、袋入りのぼんちゃんを抑えてくれてるのは可愛らしい看護師さんで
もし引っ掻いて怪我をさせたら申し訳ないな~と、何か不安を覚える私・・・


すると洗濯袋の中で固まっていたぼんちゃんが恐怖に負けて暴れ出しまして
気がつくと洗濯袋が破け出してアワヤ!の状態に・・・


ここで逃げられたら大変な大惨事になってしまうので私も相当慌てまして
急いで顔を布で覆ってしまおうとキャリバックのカバーをかけようと思ったんですが
あいにく来る道中にキャリーの中でオシッコをチビっていた為、ご親切にも
看護師さんが拭く為に診察室の外に出していて布が取れない・・・


そうだタオル(勝手知ったる病院の)タオルがあったわ!と慌てふためいていたら
先生がサッ!っと、もう1枚あった洗濯袋を上から重ねて入れて
アワヤ大惨事!とういう状態にならずにすむ事が出来ました~(大汗脇汗ビッショリ)


そんなこんなで、無事にワクチンを打つだけで精一杯だったので
触診も、お口の中のチェックも、体温も、全て省略です(予想はしてたけどね)


それでも2枚重ねの洗濯ネットの上からしっかり後ろ足の太ももを確認して
打ってくれたので、先生流石です!本当にありがとうございました!




ぼんちゃんに付き添ってくれたリノちゃんは



P1280338.jpg



余裕の余裕の余裕の3ヶ月前の子猫ちゃんなのにね・・・
ぼんちゃんは推定3歳)





ぼんちゃんは、行きの道中では結構大騒ぎだったんですが帰りはまあひっそりと・・・


で、玄関に入るなり直ぐにキャリーの蓋を開けてあげたら
一瞬「ここは何処?」状態になったあと直ぐにダッシュで逃げていきました


でも、夕飯時にはいつも通り、私の膝に前足を乗せてご飯を食べたんですよ(^^)





そして、翌日の朝ごはんの後




P1280352 - コピー




何故かキッチンの出窓で身を隠すぼんちゃん




P1280353.jpg




そうそう ぼんちゃんえらいわ!



P1280355.jpg





そんな風に早めに危険を察知するのって大切よね




P1280357.jpg




今は、何処でどんな惨事や災害に巻き込まれるか分かんないからね







でも、それから三日後には




P1280449.jpg




もう




P1280451.jpg




カプセルホテルでまったりと過ごすぼんちゃんなのでした~





お願い! 
病気だけは絶対しないでね!

























[ 2015/09/30 ] ぼんちゃん | TB(0) | CM(0)

ぼんちゃんの中間テスト

ぼんちゃんが移動してきたのは今年の4月なんですが、3ヶ月後の7月には
こんな姿(リラックス?)をみせてくれるようになってました(^^)



P1270357.jpg

あれ!マーシュ怒ってる?



P1270358.jpg

それにしても、短かくてむっちりした足だこと・・・



そのうえ極端に短い尻尾だから、短か過ぎて掴めません!(掴んだことはないけど・・・)

P1270356.jpg

顔だけ付け替えれば熊ですよ!(付け替えてみたこともないです)




実は、初めて保護したのは2年前の3月なんです(ご存知ない方のため)
それからというもの、通算2年半という長~~~~~い時間
家猫修行という名の勉強をぼんちゃんはさせられたしてきたわけです!


で先日、その勉強をどのくらい一生懸命にしていたのか?
本当に真面目に勉強に取り組んでいたのか?
それらを見極める為、抜き打ちの中間テスト(実技編)を行いました!


なので本日は、その実技試験の様子をライブ風に特別に皆様にお見せしますので
どうぞ静かに、そして暖かく見守るようにご覧下さいね






実技1  指チュー(10点)




P1270456 - コピー

ピンポン♪




実技2  手から食べる(15点)




P1280019.jpg
(のんたん・とらちゃん専用ロイヤルカナン腎臓サポートセレクション)




P1280020.jpg




P1280021.jpg

ピンポン♪





実技3  膝上のお皿で食べる(20点)




P1280070.jpg

ピンポン♪





実技4  膝上に前足を乗せて食べる(30点)




P1280012.jpg
(汚く見えるこのパンツは模様半分猫毛半分ですw)



P1280068.jpg

ピンポン♪





実技5  撫で撫でさせる(30点)




P1280064.jpg

ブーーー!



あっー 惜しい~

一応撫でさせてはくれるんだけど
撫でれる時間が缶詰の量で変わってきてしまうので
やっぱりこれはブーにせざるを得ませんね(ーー)







では、本日の家猫試験(実技編の)結果を発表します!

ぼんちゃんの家猫試験は合計75点につき不合格とします(あちゃー)


 
但し、70点以上を採ったその努力を認め、またその救済措置として
次回の卒業試験の受験資格を与えるものとします(^^)

試験の日程は今年の年末辺りを予定していますので
日時が決まり次第、追ってご連絡致します!






P1270352.jpg





そう言うなって

こっちだってアホ丸出しでやってんだから・・・














[ 2015/09/09 ] ぼんちゃん | TB(0) | CM(2)

ぼんちゃんの失望

*がじゅまる君の募集はお見合い予定の為、一時停止しています









P1260100.jpg




P1260101.jpg




P1260103.jpg




P1260104.jpg


(ごめん)






P1260105_201505252203043b0.jpg


(ああ~~)







P1260102_201505242159219b1.jpg


(あわせる顔がない・・・)








P1260106.jpg



ぼんちゃん!(庭の)  ホントごめん・・・  



もうかれこれ5年前くらいから庭で面倒をみているぼんちゃんは性格は弱虫(猫に)なんだけど
とっても人懐こい可愛い子なのでおうちを探してあげたいのは山々
だけど、いわゆる甘噛みが出来ないDVのガブリ猫ちゃんなんです(ーー)


いっつも家の中に入りたそうにしているので、きっと、いつかは
他の子達のように、ここの子にしてもらえる!って、信じてるんだろうな


ホントごめん m(_ _)m







P1260112.jpg





















[ 2015/05/26 ] ぼんちゃん | TB(0) | CM(0)