2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11






N町多頭飼育崩壊の続き(NO.5)

7月後半から始めた避妊去勢手術ですが、やっと
ほぼ全頭の手術を済ませることが出来ました!


当初予定してたどうぶつ基金の無料チケットは、9月に続いて10月も
1枚も使うことができませんでした
入院されてる先生、思いのほか厳しい状態みたいで今月も休診されてます
(どうか早く回復されますように!)

実は、そうなるかもと他の病院を第一希望で出してたんですが
送られてきたのは第二希望のこちらの病院で、なので
今回も市内及び都内の病院でお願いしました


9月25日 キジ白の女の子ちゃん

P1370508.jpg
3頭の堕胎手術になりました


9月26日 白黒の男の子

P1370513.jpg


キジトラの男の子

P1370517.jpg



10月1日 白黒の男の子
おじいちゃんが搬送&お迎えをしてくれたので写真無しです



10月15日 キジ白の女の子

P1370751.jpg
ふみちゃん 6歳くらいだそうです 4匹の堕胎手術になりました


10月16日 キジ白の男の子

P1370769.jpg

この子も古くからいる子だそうです
ただ、術後の先生のお話では酷い下痢をしているそうです
なのでタイロシンの注射をしてもらいたかったのですが、こちらの病院にはおいてないとのことで
抗生剤ビクタスと整腸剤を処方してくれました

元気がないのも気になってたので、おじいちゃんにも、しっかり飲ませてくれるようお願いしたけど
ちゃんと飲ませられてるか心配です


キジトラの女の子

P1370767.jpg


この子は、「可愛い子猫ちゃんがいる!」と聞いてた子なので術後はそのまま家に連れ帰りました
ただ体重2.5kgなので、子猫というよりも6ヶ月以上8ヶ月未満くらいの中猫ちゃんですね


P1370766.jpg


そのうえ酷い鼻炎状態のためか、若しくは他に原因があるのか
預かって4日間、完全ご飯拒否なんです
なので、今日は補液とインターフェロン・コンベニアを打ってもらいました
詳細はまた後日にでも・・・




頭数は全部で41頭いたことも分かりました
そのうち、おじいちゃんが手術してた子が6頭
引き取った子猫が6頭、センター収容の子猫が3頭なので
残り26頭の計算になります
26頭の内訳は、女の子17頭 男の子9頭です


市外田舎へのお引越しも無事に済みまして、以前より気になっていたお腹の大きい子
多分この子の事だと思いますが、荷物を片づけてたら亡骸を発見したそうです


おじいちゃん、直ぐにはこのことを知らせてくれませんでした
きっと、いろんな思いがあったんだと思います
お腹が大きかったのも、妊娠ではなくて腹水が溜まっていたんじゃないかな?と思います
子宮蓄膿症だったのかもしれません・・・


それと、お引越し後に未去勢の男の子がお外に出てしまったそうです
気が付いたら網戸が外れていて、その子だけがいなかったそうです(不幸中の幸い)


網戸は、ちょっとしたはずみで簡単に外れますし
猫は手が器用なので、開ける子は簡単に開けてしまいます
なので、早急に脱走防止対策をしてもらうようお願いしました
捜索もお外にご飯を置いたりして、引き続きやってもらってます


それと、お引越し直後に出産した子がいたそうです
1頭だけですが、避妊手術が間に合わず残念な結果になってしまいました
この子の赤ちゃんは、離乳後に引き取る予定でいます




結果、手術した頭数、女の子16頭、男の子8頭、合計24頭です
女の子16頭のうち、妊娠してた子が9頭で堕胎した数は約30頭です
(数を確認しない先生もいる為3頭及び4頭で計算しています)


子宮蓄膿症の子は2頭、残り5頭はまだ若い子か
若しくは、出産してまだそんなに経ってない子?かなと思いますので
ほぼ、全頭近くが妊娠していた事になります



もし今回手術をしてなかったら
たった3ヶ月の間で30頭の赤ちゃんが生まれていた訳です
1年間で計算すると、計算すると、100匹以上にはなりますよね
子猫も6ヶ月になると発情するので、2か月後の8ヶ月には3~4頭の赤ちゃんが産まれます
(もう計算するの恐ろしいです)


でも、生まれた赤ちゃん全部が育つわけではありません
ここに書くのも躊躇うほど悲惨な現実があります
避妊去勢をしてない多頭飼育現場の悲惨な現実です


考えてもみてください! 
限られたスペース(一部屋)で41頭が生活してました
安心して、出産子育てできるスペースなんてありません
するとすれば、押し入れの中(押し入れ一つ)、若しくはベットの下(ベット1個)
たまたまあった段ボールの箱の中くらいかもしれません


なによりも猫たちみーんな、想像以上のストレスを抱えてるはずです
母猫のストレスはさらに想像を絶するものでしょう
生まれても育たない子もいたと思いますが、殺されてしまう赤ちゃんもいたことでしょう
母猫が食べてしまった赤ちゃんもいたでしょう


先日、おじいちゃんに「今まで育たなかった赤ちゃんもいたでしょ!」
「殺された赤ちゃんもいたでしょ!」と聞いたら、ぼそっと話してくれました
帰宅すると頭だけが転がっていたと・・・


これが現実です
本当に、目をふさぎたくなる悲惨な現実です




今、おじいちゃんのところにいる頭数は29頭です
それでも、おじいちゃん一人で面倒を見るには、まだまだ多い数です
でも、私も今は手一杯、離乳後の赤ちゃんも来月には引き取らなければなりません
なので、今は枠が空いたら・・・ と、言うしかありません





ちょっと暗くなっちゃってすいません
ここで気分を入れ替えて、明るいニュースとちょこっと田舎情報を(笑)

もう発情のストレスはありません♪
新しいお住まいも、もともと農家の方が住んでいた平屋のお住まいで3部屋あるそうです
3部屋と言っても、農家作りなので一部屋が広いんだそうですよ
(猫が過ごしやすいよう色々工夫してくれるといいんだけど、無理そう・・・)

庭もたっぷりあるので駐車場代がかかりません
多分、今まで払っていた家賃と駐車場代の3分の1位になったと思います

それと、井戸なのでお水は使い放題タダです(ポンプの電気代はかかります)
下水道代もかかりません(浄化槽のメンテナンス代はかかります)
都市ガスがないのでプロパンガスになります(少し高め)

そうそう、家庭菜園が出来るので、田舎で自給自足の生活もいいかもですね
(おじいちゃん菜園やらないと思う)

この町は全国一、ピーナッツの名産の町なんですよ
生のピーナッツをゆでて食べるとめちゃめちゃ美味しくて
ビールが止まらなくなるんですよ♪


どうでうすか?
あなたも田舎で暮らしてみたくなりましたか?(ぷぷっ)


猫好きの方にも超おすすめです
周りに猫がいっぱいいます
是非、是非、TNRしてあげてください!
手術代はどうぶつ基金の無料チケットを使えばかかりません
どうぞよろしくお願い致します(深々礼)




















スポンサーサイト
[ 2017/10/19 ] N町多頭飼育崩壊 | TB(0) | CM(0)

N町多頭飼育崩壊の続き(NO.4)

昨日はおじいちゃん4頭捕獲してくれました


ただ、最優先すべきお腹の大きい子は今回もまた失敗に終わってしまいました
いつも隠れてしまって出てこないそうです


で、手術できたのがこちらの女の子



P1370487.jpg


この子は子宮蓄膿症になっていました
子宮蓄膿症って本当に罹患してる子が多くて、10頭くらい手術すると1頭位の確率でいるような気がします



この子は、まだ発情前のやく半年くらいの子猫ちゃんでした



P1370482.jpg


左目が委縮してます
これは風邪をひいてた時に治療を受けれらなかったからです


本来なら、まだ子猫ちゃんのこの子を優先して預かるべきでは、と思うのですが
まだ数が多い現実を考えると、酷なようだけど、早く決まりそうな子を先に・・・(ごめんね)




こちらは男の子の方です



P1370480.jpg




P1370483.jpg


風邪もひいてなくて、みんな状態もいたって普通でした



それにしても、そろってキジトラ
若しくはキジ白なので、もう見分けがつかないですね
おじいちゃんにも判別つかないそうです



で、昨日は目標の4頭の手術が無事に終わったので、あと残りは女の子3頭、男の子3頭♪
の、はずでした


このうち、女の子1頭はこちらで預かる予定にしてるので
女の子があと2頭になって、合計5頭になるはずでした


これで、やっと終わりが見えてきたぞー
上手くいけば、あと2回頑張れば終わりだな
まあ、男の子は来月ゆっくりやってもいいし♪
って想定してたんですw



で、昨日は夕方お迎えに行って、おじいちゃんに渡したのは8時近くになってました
まだうちの子達にもご飯あげてないです


いつも、あと何匹だっけ?って空とぼけて聞くんですが
毎回、数が増えるんです


昨日は、女の子が5頭くらいかな?・・・って言うので
え? 女の子3頭で1頭はこっちでやるから、残り2頭じゃないの?って聞くと
うん? 6頭くらいかなー 俺にも分かんないんだよ





もう
流石にガックシ! きてしまいました



いったい何頭いるんだよ!



やっとやっと、目途がたったと思ってましたからね
食欲も一気になくなって、夕飯食べれなかったです
(猫にはあげましたよ)




まあでも、多すぎるとね
正直おじいちゃんにも分かんないだと思います


狭い部屋の中でも、多いぶん野良状態の子もたくさんいるだろうし
ご飯の時にだけ出てきて、あとは隠れちゃうってこともあるだろうし
みんな見分けがつかないくらい似てるし


の、しっしっしっですよ



もう凹んでてもしょうがないし
途中で止めたら、またあっという間に元の木阿弥に戻っちゃうし
早速次の予約を入れましたし



ただ、今回みたいに纏めて捕獲出来れば
もういっその事、纏めて全部捕獲出来れば
遠くてももっと安い病院に連れていくんだけど
おじいちゃんの様子だと、1回にせいぜい頑張って2頭くらいらしいので
来週は地元市内でやる予定です


(ふー)





そうそう 猫とはまったく関係ない話ですが
わたし、明日、胃の内視鏡なんです
因みに大腸内視鏡は12月の予約

去年までは、胃と大腸と一緒に出来たんですよ
一緒にやると胃の内視鏡の最後に下剤を半分ぐらい入れてくれるので
あとは残りの半分を飲むだけなのですごい楽なんです
もちろん鎮痛剤を使ってくれるので痛み苦痛も全くないです

でも、今年から保険の関係でやらなくなってしまったんですって
なので、保険を使わないドッグならやるんですって
と言うことは、金次第ってことなのね(チャンチャン)


















[ 2017/09/20 ] N町多頭飼育崩壊 | TB(0) | CM(0)

N町多頭飼育崩壊の続き(NO.3)

N町多頭飼育崩壊のその後です

今頃で申し訳ないですが、だいたいの全容をご報告します

頭数は全部で37頭 (おじいちゃん申告)

そのうち子猫が9頭

9頭のうち6頭はこちらで絶賛里親さま募集中ですが

残りの3頭は、千葉市動物保護指導センターに収容していただきました(8/8付け)


おじいちゃんの話では、まだ授乳中なので可哀想だから・・・
とのことでしたが、実際には2~3ヶ月の月齢だったそうです
揃って風邪もひいていて、角膜潰瘍になってる子もいたそうなので
これでみんな治療してもらえます


残りは6ヶ月以上~8歳くらいの子で28頭になります
この内初めの7~8歳の6頭は、おじいちゃん自ら手術をしてくれてました


もともと猫を集めてたわけではなく、たまたま車のドアを開けて釣りをしてたら
猫が勝手に入って寝てしまい、降りてくれないので止む無く連れ帰ったそうです


その後、避妊去勢手術をしてもらおうと病院に連れて行ったら
なにか血圧が高いので、まず先にその治療からしましょうと言われたそうなんです


この血圧が高い!という話は、多分、他の病気と勘違いしてると思うんですが
いずれにしろ、この病院なら「あるある」な話だな~というのが私の印象です


というのも、おじいちゃんがかかるよりか遥か昔、私もかかったことがある病院なんです
本当にうん十年も前の話ですが、肉球から血を流してる野良ちゃんを連れていったときに
必要のない治療を、断っても断っても強引にやって、軽く10万以上ぼったくられた
苦~~い経験があります


なので、あの病院はどうかしら?と知人に聞かれると
ダメダメ絶対ダメ!
ぼったくり病院だし!
ペットショップに入ってるような病院はやめた方がいいよ!
って、ペットショップから買ってきたワンちゃんの飼い主に言ってました(大汗)


でも、あのですね
今は360度じゃなくて、180度違う病院に変わったんですよ(そう、いつだって人は変われるんです)


話がそれちゃいましたが、そんなこんなで、当時のその病院なら
生まれない為のアドバイスなどするはずもない訳ですから
結果、当然生まれちゃう訳ですね


で、おじいちゃん、そのあと焦って6頭を手術してくれたんですが
全部の手術を終える前に、ご自身が入院しちゃったそうです


そうなるとですね、増えるのは本当にあっという間ですから
おじいちゃん、お手上げ状態になってしまったんですね





で、ここで整理をしておきます

9月18日現在の手術済の頭数

7月に4頭

8月に3頭 


P1360951.jpg
(他の方が搬送してくれたのは写真ないです)


9月5頭


P1370296.jpg



P1370304.jpg



P1370311.jpg



P1370312.jpg



P1370472.jpg


合計12頭です


このうち女の子が捕まえられなくて、身代わりになった男の子が2頭です
なので女の子が10頭になる訳ですが、このうち妊娠してなかったのは7月に手術した3頭だけでした


と言うことは、手術が遅れてたら、このうちの7頭から新しい命が生まれてた訳で
その数なんと29頭!!!(あわわ)


1頭は、ギリギリ二日後が予定日だったそうなので
流石に、ここまで育った命を絶つ!と言う行為に対して胸が痛みました
お母さんと赤ちゃん達にも、もちろんだけど



P1370296.jpg

先生に対しても、心中複雑な思いだと思うから、なんか申し訳ない気持ちに




予定外のことも色々ありました
9月分として申請してたどうぶつ基金のチケッが2枚しか手に入らなかったこと
これは、予算が無くなってきてるとの事で、今後は更に貰えなくなるかもしれません


そのうえ、いつもお世話になっているえどがわの先生が、急病で入院されてしまいまして・・・
このチケットが使えないのも残念だけど、自費での手術も見込めなくなってしまいました


でも、それよりも何よりも、先生ったら、殆ど無休でたっくさんの手術をしてくださってたので
今は本当に本当に、ゆっくり静養して元気になって欲しいと願っています


私もそうだけど、先生に助けてもらって感謝してるボラさんが、たっくさん本当にたっくさんいます
耳カットも本当に綺麗にしてくれるんですよ
これも、私は猫に対する愛情のひとつだな!ってそう思ってます
大雑把に耳カットをされた猫を見ると、猫が可哀想なのはもちろんの事
「この先生、よくこんな仕事出来るもんだわー」そう思っちゃいます(汗)



で、話を戻しますね
8月と9月のチケットが使えなかったのですが
なんと、N町の地域猫の手術用に集まっていた寄付金の中から
手術費用の一部を負担して頂けることになりました(有り難い)


1頭の避妊手術分として1万円、同じく去勢手術分として5千円です
もう、本当に助かってます


N町ねこのボランティアの会の皆さま!
ご寄付をしてくださった皆さま!

本当にありがとうございます(深々礼)




手術は私のかかりつけ医にもお願いしています
ボラ価格で(通常の半額)やって下さってるので本当に助かっています
それに、手術と一口に言っても内容は色々違7うものです


他には、都内でも比較的千葉寄りで、なおかつTNRに協力的&低価格で
やっていただける病院を探してお願いしてます
頭数が多いぶん、自己負担が少ないと言ってもおじいちゃんにはそれなにり負担ですし
N町のご寄付も大切に使わなくちゃあ申し訳ないですしね


で、都内のは原則日帰りなので、午前中に搬送してお迎えは夕方になります
近くで時間をつぶせば高速代も節約出来るんだけど、そんな暇があるはずもないので
結局、一日2往復、先日、国民の皆様に敬っていただいた私としてはは有り難いんですが
体力的には、もう本当に、キ・ツ・イ。。。 

(ふー)






ここで、少し明るいニュースをお知らせいたします♪


おじいちゃんのお部屋、今月末が明け渡しの期限なんですが
転居先が見つかりました♪


ちょっと田舎で市外なんだけど、すんごく遠いわけじゃないし、古家でも戸建てなんですって
長らく誰も住んでなかったそうで、人が住んでくれるだけで有り難いみたいです
本当に、空き家のままだと家は傷むばっかりですからね
(でも、これはどうなんだろう 多頭飼いだしね 笑)


でも本当に、猫たちの行き場がなくならなくて、とりあえずはほっと一安心です
手術済の猫たちを、あの部屋に戻すのは忍びないものがあったのですが
子猫たちの目途がたたないと次の子を保護できないし
これで気持ち的にも少し余裕が持てます


明日も都内の病院に最大4頭の予約を入れてあります
目標は女の子4頭だけど、捕獲がだんだんと厳しくなっていってるから
まあ最低女の子3頭の確保が出来れば上出来かな


みんな妊娠してても当たり前の状態で、その中でもずっと捕まらないお腹の大きい子がいるんです
もう、いつ生まれるか!と戦々恐々の日々なんだけど、もう、こればっかりはどうしようもないですね
間に合わなかったら、また背負うしかないと思ってます
それと、残りの女の子1頭はまだ1歳未満なので、近々引き取るつもりでいます(ガンバレわたし)





そうだ

先日おじいちゃんに電話をいれた時の話を聞いてくださいなー

おじいちゃんったら 「もしもし!」 と言う前に 「おばさんからだよー」って
周りに行ってる声が聞こえちゃったんです(それも言い方が・・・)


ちょとムカッ (♯`∧´) って、しちゃったんだけど
まあ、よくよく考てみると 「ばあさんからだよ~」 って
言われないだけましじゃない♪って思いました(ぷっ)

どこまでもポジティブなわたし~







































[ 2017/09/18 ] N町多頭飼育崩壊 | TB(0) | CM(0)

ゆめかちゃんのお目目

今日も病院に行ってきたのですが、ゆめかちゃんの最新のお目目です




P1360535.jpg




どうですか!
だいぶ良くなりましたでしょ♪


でも、私的にはもっと綺麗に治ると思っていました
治療を始めて約1ヶ月、遠目にはわからないのですが、まだクリアではありません
角膜に細かな傷も付いているので、通常の点眼剤+ヒアルロン酸を日に3~5回
絶対治ると信じて付けてたのですが、今日はドライアイになってるかもとの事でした


それと右目の下瞼外側が内反になってるそうです
内反って初めて聞く言葉だったんですが、外反になるとアカンベェ状態になってしまって
反対に内反は、内側に入り込んでしまう状態を言うそうです




保護当時の状態から時系列で比べてみると
(気持ち悪かったらごめんなさい)




7月20日
P1350977.jpg




7月27日
P1360030_2017081516342428c.jpg




8月6日
P1360216.jpg




8月8日
P1360418.jpg




8月14日
P1360474.jpg




8月14日
P1360499.jpg




8月15日
P1360536.jpg





視覚的には生活に支障ないレベルです
瞬膜も目だっていますが、手術するレベルでもないです


点眼もまだまだ諦めずに続ける予定ですが
今の現状をこの子の個性として
暖かく迎えてくださる里親さまを探したいと思います
募集記事は次回でっす(*^_^*)























[ 2017/08/15 ] N町多頭飼育崩壊 | TB(0) | CM(2)

日増しに良くなっています

N町多頭飼育崩壊の子猫ちゃん達、毎日の投薬と一日3回の点眼で
日増しに良くなっています


まず一番脱水が酷くて要注意だったキジ白ちゃん
食べるのがとにかくスローなので一番小さくて
それでも1週間で140g増えて、7/25現在で540gになりました



P1360034.jpg


目の瞬膜もまだ少し出てますが、後は時間の問題かなと思います
お名前は「ももかちゃん」一番おっとりさんな子です(^▽^)



そして、一番鼻詰まりも目の状態も酷かったキジトラちゃん
瞬膜はまだまだ出ていて、眼球も白濁していますが、やっと鼻呼吸出来るようになりました
一時はよく蹲くまって、元気なさげで本当に心配しましたが
今は体重600gから760gに増量しています



P1360030.jpg



ただ、点眼には相変わらず苦労させられています
それと爪切りもさせてくれないので毎日痛い思いもしています(笑)
名前は「ゆめかちゃん」です



次に小さいながらも状態が良かった方の白キジ君です
くしゃみ鼻水涙目の風邪症状はまだまだ残っていますが
まあ男の子なので小柄なのに本当に良く食べます
なので体重500gから690gに大増量してました!



P1360050.jpg



ご覧のように殆ど瞬膜は目立たなくなりました
直ぐに膝に乗ってくる甘えたさんでお名前は「ちよまる君」です



P1360049.jpg



さて、大きい組で一番状態の良かったキジトラちゃんです
押さえつけてお口に入れる投薬と、押さえつけて目薬をさす点眼で
すっかり警戒され、抱っこも苦手にさせてしまったのですが、本来は甘えたさんです
(点眼は諦めて、投薬は砕いてチュールに混ぜてます)

よく残念系とか、ぶさかわ系とか言いますが、この子はお気の毒系(前回も言ったわね)



P1350952.jpg



なので、今後どんな風に変化してくれるかな?と一抹の不安があったんだけど



P1360018.jpg



角度によっては、可愛く見えるようになりました(ゴメンね)
お名前は「ほのかちゃん」です
一番の食いしん坊さんです



次に、唯一キジトラ模様がない白黒くん
この子も状態はいい方で、投薬と点眼には苦労させられてますが
それでも何とかやらせてくれてます
ただ後遺症で涙目が残ってしまうかな?という感じです



P1360071.jpg



最近、ご飯が気に入らないと砂掛けしてお皿をひっくり返しちゃうんですよ
お名前は「はなまる君」(やることははなまるじゃない時もあるけど)
本当に甘えん坊さんで可愛いんですよ



最後は、青っ洟たれのキジトラ君です
特徴の青っ洟はすっかり影をひそめ、軽い鼻水症状だけになりました



P1360031.jpg



名前は「らんまる君」です
6にゃんの中で一番の甘えん坊さんで、ご飯を持って部屋に入っていても直ぐに食べません
それより人が大好きで、嬉しくて仕方がなくて、身体を左右に揺らしながら踏み踏みしてます
カリカリを食べてる間も、片足をお皿に入れながら常に踏む踏みしてます(笑)
とにかく構ってちゃんです


大きい組3匹は、近日中にウィルスチェックとワクチンをして募集も開始する予定です



そうそう、はじめの1週間はトイレ以外でもオシッコとウンチをしちゃってたので
本当に大変だったんですよ


綺麗に拭き拭き掃除をして、やれやれと思うのも束の間
暫くしてまた部屋に行くと、またトイレ以外で し・て・る・・・(ちーん)


または綺麗に掃き掃きして、やれやれと思うのも束の間
暫くして部屋に行くと、部屋中に砂が撒き散らかってる・・・(ちーん)


もうね 朝起きて部屋を覗くのが恐怖でしたよ

で、思ったんです
多頭飼育崩壊の現場って、よく猫のウンチの上で生活してるみたいになっちゃうんですが
これで1回でも2回でも手を抜いて掃除をしなくなったら
あっという間にあんな状態になっちまうかも(おそろし過ぎる)




P1360045.jpg



ゆめかちゃんも、上手にトイレを使えるようになって良かった♪
そうそう、ほのかちゃんもそうだったわ



P1360043.jpg



みんな元気さんで、やんちゃさんし放題で
毎日が子猫ちゃん祭りし放題の猫部屋です(笑)











[ 2017/07/29 ] N町多頭飼育崩壊 | TB(0) | CM(0)