2017 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06






もうひとつの捜索事件

実は3月2日に猫ちゃんがお外に出てしまう事件がありました


4日後に無事に保護出来ましたので名前は伏せさせていただきますが
この寒空のなか何処で怯え、何処で凍えてるかと思うと
里親さまご家族はもちろんのこと、私も生きた心地がしませんでした


無事に見つかるまで
食べ物は喉を通らないし
夜も殆ど寝れません
胃がギュッと鷲掴みされたような辛さがずっと続いてました


先週の土日はポスターを貼ったり
行き交う人に声かけしてチラシを手渡したりしながら捜索してました


捜索を始めて程なく、隣接する公園で同じ毛色の猫ちゃん発見!
こんなに直ぐに見つかったらラッキー過ぎると思いながらも
どうかその子でありますように!と近づいて行ったら
夜でお顔が良く見えないのもあったのですが、大きさが明らかに違う
でもその子であって欲しい気持ちが強くて名前を呼んでみました


○○ちゃん♪  ○○ちゃん♪(優しく)


ええ ええ 違う子なので
思いっきり無視されちゃいましたよ(がっくし)


有難い事に目撃情報も数件いただく事が出来ました


なんと言っても頼りは目撃情報です
どこをどうして探したらと、途方にくれる日々なので
例え猫違いであったとしても希望が湧いてきます
情報をいただくだけでどんなに有難いかわかりません


なのでチラシを渡す時も「違う猫だったとしても構いません
この毛色の猫ちゃんを見かけたらご連絡お願いします」と言いながら渡してました


搜索のポイントとしては、まずは家の周りを重点的に探します
直ぐには遠くに行かないです
怯えてひたすら隠れてますので、大声を出さず
いつものトーンで優しく呼び続けてると反応がある場合もあります
直ぐに反応がなくても、時間を変えたりして繰り返し探すことも大切です


時間が経つにつれ移動してしまう可能性も大きくなりますので
そうなると捜索範囲も広げる必要があります


日曜も何の手がかりも得られず、また今夜も眠れない・・・
と、帰路についてるところに「○○ちゃん発見」の朗報が入りました!
その数十分後に無事に確保の朗報をいただく事が出来ました♪


場所は居住マンションの敷地内で
事前にお渡ししてた捕獲器も役に立ちました


里親さまご家族大手柄です♪
猫ちゃんも元気でいてくれて、こんなに嬉しい事はないです(号泣)


どうか皆さまも人ごととは思わず
脱走防止対策を今一度見直してくださいね


皆さんに今回のような思いをさせたくはありません
猫ちゃんにも命の危険が伴うような思いをさせたくはありません


誰にでもうっかりミスはありますし(私も)
ご連絡をいただいても怒ったりはしません(絶対に)
なので、もしお外に出てしまったらなるたけ早くご連絡ください!
早く捜索すること、これにつきます


お外は危険が一杯です
無事に見つけられるのは
ごくごく一部だということも絶対覚えていてくださいね





同じ3月2日、ボラ友の猫ちゃんも迷子になってしまいました
その子は子猫ちゃんです
譲渡して数日しか経っていません
里親さんが開けておいた窓からお外に出てしまったとの事です(当たり前やろ)

そしてまだ見つかっていません
目撃情報は入ってるとの事ですが、まだその子なのかの確認は出来てません
一秒でも早く保護しなければ命の危険があります
私も眠れない夜が続いています
























スポンサーサイト
[ 2017/03/13 ] 保護猫 | TB(0) | CM(0)

舐めたらダメよ!



お庭を眺めるめいさちゃん♪




いいお天気




実はお洋服を着てます 




因みにありさちゃんが同じ物を着ると




はむはむ





喪服に見えます (^^;)





喪服の女





避妊手術したのが先週の水曜なので、6日目の火曜の朝
1日早いけどもう大丈夫だろうと脱がせたら




早く脱ぎたい




お腹のところに気になるシミが・・・


どうやら足の隙間から舐めていたようで、慌ててかかりつけの病院で診てもらいました 

取りあえず化膿止めの抗生剤と、後は舐めさせないように!(ごもっともです)
なので、初めに私の7分袖のオレンジ色のTシャツを切って着せたんですけど
直ぐに脱げてしまいました

袖口が首の方になるので、7分だと緩すぎるんですね
で、他に長袖でリサイクルにしてもいいのが黒しかなくて
やむ無く喪服のような術後服になってしまいました (ーー;)





シック





でも、意外とシックで似合ってるめいさちゃん♪





激可愛




トライアルまであと3日と迫って来ました!




ご心配かけたありさちゃんも




完全復活




すっかり完全復活しています (^^)







[ 2014/10/30 ] 保護猫 | TB(0) | CM(0)

マーシュとのんたんのアニマルコミュニケーション

のんたんが寝てる今のうちに、2階にいるマーシュの写真を撮ろうと
気付かれないようにそーっと、上に行って撮っていると




(カメラ嫌い)
ムスッ






どういう訳か・・・






集合



直ぐに気付かれて、ぞろぞろとみんなが2階に来てしまう (金魚の糞か・・・)






これは別の日


テンション下がる・・




とは言ってても、まだ余裕の表情

が、のんたんが来た途端に





P1190659.jpg




警戒心いっぱいの表情に変わる





威圧



猫って感情が正直に顔に出ますね


でも、最近はここまでで、以前みたいに追いかけ追い詰めるような現場は見なくなりました



実は、いつもブログにコメントを入れて下さる ぱちょりんさん にお願いをして
アニマルコミュニケーションをして頂きました


ぱちょりんさんはお医者様でカウンセリングもされていらっしゃいます
私もこの事はまったく知らなかったんですが、ショコラポンタの捜索の時から
ご親切に色々とアドバイスを頂いて、とても助けられておりました



では、その時の対話の内容をご紹介します


のんたんの体内をスキャンして見てみました。
お耳はきれいでしょうか? お耳のきれいさが大事なようです。
歯肉が少々腫れているようです。
うんちが少し硬くなるときがあるようです。水分を十分に与えてあげてください。

私: どうしてマーシュを攻撃するの?

の: いけすかない。

私: どこが?

の: 全部が。ああいう色の子がイヤ。

私: どうして?

の: どうしてかなあ。自分でもわかんない。

私: 何か以前にいやなことがあったのかな。


のんたんの許可を取って、リーディングしました。
のんたんの目の前に、のんたんよりうんと大きい猫がいて、のんたんを見下ろしている
イメージが浮かびます。
その猫が、マーシュと同じような系統の色をしています。
のんたんは、「この猫、恐い」と感じています。
どうしてそうなったのかはわかりませんが、のんたんの中に、この系統の色の猫は
恐いという思いがはいっているようです。
そのために、その系統の色であるマーシュを自分の方から攻撃して
恐さに打ち勝とうとしているようです。


私: そうなの?

の: うん。

私: 恐いの?

の: うん。あの色を見るだけで、恐さがこみ上げてくる。


のんたんの許可を取り、その恐さをのんたんから引き抜き、代わりに
「優かあさんのところにいれば安心安全」という思いを入れました。


のんたんから優かあさんへのメッセージです。
「かあさん、大好き。これからもよろしく」





次、マーシュです。


マ: 恐いよ、あのヒト(注:のんたんのことです)。
   私、なんにもしてないのに。

私: のんたんにヒーリングしたから、これからは大丈夫だと思うよ。

マ: よかった。仲よくなれるかな。


マーシュの体内を見てみました。
問題ないようです。


私: 優かあさんに伝えたいことは?

マ: 早くおうちを見つけてください。でも、かあさん一所懸命だから、あんまり言えない。

私: どんなおうちがいい?

マ: ひとりでのんびり。うんと「かわいい」って言ってもらえるおうち。
まあ、もうひとりぐらいはいてもいいけど。春ぐらいには引っ越したいな。

私: あと、優かあさんに伝えたいことは?

マ: 毎日あったかいから気持ちいい。
   平和が好き。(と、ゴロン。)


マーシュの皮膚炎に、ヒーリングをいたしました。





その数日後に、再度対話して下さいました



私: マーシュはね、初めての場所と初めてのみんなが怖くて、
虚勢をはっていたんだよ。

の: え? そうなの? (全身で驚く。)

私: 今はそんなことないでしょ?

の: うん。


このあとのんたんの中から、巨大なマーシュのイメージを引き抜き
対等な大きさのマーシュのイメージを入れました。


マーシュには、「のんたんが対等に接してくれるから、安心して
なめこわしはやめられるね」と伝えました。






のんたんがマーシュを怖い!と思っていた事を知って、驚きましたが
でもすごく思い当たる節もあります


マーシュは、まだ直ぐには恐怖心は取れないみたいですが、少し落ち着いたようにみられます
もう少し長い目で2匹の様子をみようと思います



ぱちょりんさん!

本当に本当にありがとうございました (=^0^=)
 




そしてそして、ここ最近のマーシュは表情に緩やかな変化があります



マーシュ



マーシュ



マーシュはどうしてもストレスに弱いところがあるので、私も試行錯誤で
最近、マッサージを始めてみました
まだ首からお尻にかけての背中だけなんですが、初めの内は身体を強ばらせていたのが
今は気持ちいいのが分かって、喉をゴロゴロ鳴らせてくれるようになりました
お腹を開いてくれるのも、そう遠くないと思います




そして、なーたんも



ナータン



ナータン



ナータン



極悪顔が消えて、表情がグーンと穏やかになりました
カメラを向けても、いつもの普段のナータンのお顔です


残る課題はタッチ!

只今、研修頑張ってんでークリスマス (#^.^#)









[ 2013/12/15 ] 保護猫 | TB(0) | CM(4)

子猫の搜索と色々


先月の始め位だったかしら、サクラちゃん達のいた町内会で母猫が子猫を連れてきたけど
どうしましょうか? って相談を受けました


不妊手術を進めている時期に姿を現さなくなっていたので、ひょっとして何処かで
出産して子育てをしてる可能性がある、と言っていた子だそうです


その電話をしてる最中でも、次々に子猫を捕まえてくれていたので、とりあえず一時的にでも
預かってくれる方を探してみて下さい。ってお話をして一旦電話を切りました


私が直ぐに預かれれば良かったんですが、それをしなかったのは、今保護してる子達の里親さんを
1匹でも見つけるまではこれ以上保護しない!と、自分に言い聞かせていたからなんです


これ以上キャパオーバーになってしまうと、すべてが中途半端になってしまって
結局無責任な結果になってしまうのでは・・・と思っていました


その後、船橋のネコさんに一時預りを相談させていただいたら、気持ちよく受けてくれたので
その旨を連絡をしたんですが、結局、子猫は母猫の元に返してしまったそうです


預かる方が見つからなかったそうなので、やむを得なかったんだと思いますが


その後、捕まえられたら直ぐに捕まえて下さい、とお話はしていたんですが
母猫の方は時々姿を現すけど、子猫はまったく連れてこなくなってしまったそうです
お母さん、警戒してしまったんですね



このところの日増しの寒さだし、子猫の事を思うと気がきではないので
一昨日は準備万端整えて搜索に行きました
あちこち、潜みそうな所を探してる様子はまるで不審者だったと思います (いつもの事ですが)


さすがに戸建ての敷地には勝手には入りませんが、アパートなんかの敷地は当たり前のように入り
下の方を屈んで覗いたり、階段も上がったりして上から覗いたりしてましたから
でも、猫の子1匹も見つけることができませんでした


この場所は線路を挟んでいるので、反対側にも渡って探しました
でも、こっちでも1匹も遭遇できずで、負け犬のような気持ちになっていた時にこの子にバッタリ
ボブティルのクロ猫ちゃんです



一族




ちょうどウンチをしていた時で、途中でやめて逃げることもできずで
すごいバツの悪そうな顔をしてました

そして、ボブティルのクロ猫と言えば、春にリリースした桜太がいます




桜太




桜太はリリース後、一度も姿を確認出来ていません
近くを通るときは、回り道してでもこの道を通り、徐行しなから毎回探しています
町内会の方にも見かけたら教えて欲しいと伝えてあるのですが・・・


なので、あっ! 桜太? 


って、直ぐに耳を見ましたがカットはありませんでした




一族




でも、桜太やサクラちゃん、ぼんちゃん達の一族には間違いないと思います
この場所は本当に黒のボブティルが多くて、みんなお顔も似ています



サクラちゃん




引き上げる前にもう一度町内会の方にお願いをして、その日はションボリと引き上げました






そのあと、のんたんとめぐちゃんを病院へ



のんたん



のんたんは定期検診なんですが、前回クレアチニンの数値が2.3で、ギリギリ正常値内だったので
ドキドキで検査結果を待っていたんですが、今回は2.5で高値に悪化してました

BUNの尿素窒素も29 → 53 の高値になっていました


悪い予感って当たるもんですね 


まだ補液はしなくて大丈夫なんですが、腎臓サポートの療法食とサプリの吸着炭は
必須になってしまいました


でもでも、この二つはもう何年も前から食べさせているんです

ただ、多頭飼いの厄介なところで、他の子のを食べてしまうのが原因だと思います

みんなダラダラと少しづつ食べる派なので、出かける時は一定量のカリカリを置いてあります
でも、これからはそういう訳にはいきませんので、やむを得ないときはサポート食を置いておく事にします




そして、めぐちゃんは1年目のワクチンでした



めぐちゅわわん



めぐちゃんは、もう可愛くて可愛いすぎるので、キャワユ~イ がこうじて
いつの間にか めぐちゅわわん と呼ぶようになってました (*´∀`*)



まさか1年目のワクチンを実家で打つ事になるとは思わなかったよ~

めぐちゅわわんのおうちは何処でしゅか!






[ 2013/11/21 ] 保護猫 | TB(0) | CM(0)

グラッ!と来たその時猫逃げた

一昨日の夜は、ハル君の特集記事を書くつもりで写真をいっぱい撮ってました



ハル君!

ほらほらヌーボーとしてないでカメラの方を見て!





おっとりヌーボー




ほら いつもの可愛いお顔みせてよ! (ちょこちょこ)



あ~






そこそこ♪


あら?  また猫ニキビができてる。。。

なんて、こんなことをやってたら ズドーン と突然の衝撃!




ビックリしたハル君は直ぐにカーテンの後ろに隠れ



避難


ハヤタはダイニングテーブルの下に避難してビクビク




ケージの上の段で寝ていたサクラは一目散にソファーの下に避難


揺れが収まって少ししてから



収まった?




2階でまったり過ごしてた茶々姉妹とサチも降りてきてビクビク匍匐移動


それに比べ、シニア組のトラちゃんとのんたんは全く動ぜず



余裕


感度が鈍くなってるのかな~
膝の上から降りないので私も動けなくて、取りあえず電気ストーブと炬燵の電気を切りました






それにしても、結構な衝撃だったんですよ
震源地も意外と近かったみたいで、収まったかと思ったらまた揺れて
なんか不気味でした



ね! ハータ!



怖かったス



だね!
そんな時は、みんなでくっついていれば安心 (^^)



まったり


左から、サクラちゃん、めぐちゅわわん、ハヤタオヤジは引き続き絶賛里親さま募集中です
(取って付けた感じ・・・)




それと

ハル君


真ん中分けで切れ長のお目目のおっとりハル君も募集中で~す o(^▽^)o




[ 2013/11/18 ] 保護猫 | TB(0) | CM(0)