2012 081234567891011121314151617181920212223242526272829302012 10






誰かがぷくたんを守ってくれてる

昨日、路駐したまま診察してもらってたら、すんでのとこで駐禁の切符を切られるところでした

ホント危なかった~  危機一髪でした (冷汗タラリン)
ここ何年も通院していて、一度も取り締まりのないエリアだったのに・・・


実は、ケメちゃんをお届けに行った時も・・・
取り締まりが来ない道だと思い込んでたので、びっくりで ひえー って叫んじゃってました

この時も、ホント危機一髪だったので、これで2回目

3回目は無事には済まないよね (クワバラクワバラ)

って、道交法は、ちゃんと守らないとダメですよね (すいません)






さて、余談はこの位にして今日の本題です

ぷくたんは先週の23日に無事に退院する事ができました

約2週間もの長い入院生活、本当に良く頑張ってくれました

肝心の数値は

正常値 BUN 16-36  CRE 0.8-2.4  無機リン 3.1-7.5
9月20日  BUN 67   CRE 7.4   無機リン 6.0
9月23日  BUN 34   CRE 4.1   無機リン 5.8

CRE(クレアチニン)以外は正常値に下がっています


去年の絶好調の時でさえ BUNが50だったのでまさかこんなに下がるなんて
本当に驚くべき数値で、もう嬉しくて嬉しくてバンザ~イ♪


でも、食べは相変わらず良くないので、ストレスが限界に来てるんだろう

家に帰れば食欲も戻ってくるのでは・・・って思っていました



家に戻ってキャリーを開けたら、すぐに押入れに隠れてしまったんですが、何とか少しでも
食べてもらおうと、あれこれあげてみてもまったく食べてくれず・・・

仕事に戻らなければいけないので、後ろ髪惹かれる思いで会社に行って
夕方、お刺身を買って帰りました


ゆういつ食べてくれたのがお刺身なんですが、それでも1日かけてやっと一切れ分くらい

スープタイプのウエットフードも、ペチャペチャと3ペチャしてくれて喜んだのもつかの間
次には同じようにあげても全く舐めてくれず、23日の朝から28日までの6日間
ほとんど食べてくれませんでした


このままじゃ死んじゃう

お願いだから

舐めるだけでもいいから


毎回、必死の思いで次から次と、色んな種類の猫缶やパウチを開けて、指に付けたものを
口元に持っていっても殆ど食べてくれないので、ますます弱って、元気もなくなってきました






そして、1階に降りてくる回数も減ってしまって、2階の寝室でうずくまって
寝ているばかりになってしまいました



ぷくたん



気がつくと



ぷくたん



具合の悪いぷくたんに、キラーズがそっと寄り添ってあげてます



キラーズと
(キラーズ兄弟は優しい男の子なんですよ)









まだまだ覚悟なんてしたくないけど、その時は近づいて来てるのではと


否が応でも、考えない訳にはいかない状況がありました







退院後の補液は、自宅の近くの病院にお願いしてお世話になっています

毎日の通院なので、ぷくたんのストレスを少しでも減らしてあげたくて
厚かましくもご厚意に甘えさせていただいています




一昨日は診察時間に間に合わなかったので、入院していた病院に連れて行きました
(診察時間が違うので)


先生と二人で、食欲が戻ってもいい数値なのになんでだろう・・・と

いつもなら診察台の上にいるのも嫌がって降りようとするのに、ただじっとしてるのが逆に可哀想で



そんな絶望的な気持ちになってる時に、先生が突然思いだしたように


Cさん知ってるよね!


はい!


Cさんから聞いたんだけど

Cさんの犬が、同じように腎不全で食欲が出なかったときに効果が出た薬があって
その薬は香港では犬猫にも普通に使ってるって言ってたんだけど




先生!  その薬すぐ手に入るんですか?



あるよ! (このあるよ!はキムタクのドラマのヒーローで良く出るシーンを想定してね)



いますぐCさんに電話して聞いてみて!


で、その場で電話したら、Cさんのワンちゃんに使ってすごく効果があったんですって
そして、オーストラリア人の獣医師さんが言うには 「動物には本来は副作用である食欲増進のみの
変化が現れる」 んですって

薬を飲ませてから1時間半位で効果が出てくるので、そのタイミングを逃さないでご飯をあげるのが
ポイントで、それとご飯のえり好みはなくなってないので、好きそうなものを色々用意しておいて
あげた方がいいんですって

先生からは ただ、保証はできないけどそれでもいい?


いいです!


エビデンスとか臨床結果とかなくても全然OKです

このままじゃ死んじゃうし、もう藁をも掴む思いなので
効くと聞けばなんでも試してみたいし、何といっても信頼できるCさんの情報だし
先生も薬を用意してあったしで、すぐに飲ませてもらいました



で、急いで自宅に帰ってキャリーバックを開けたら






今日のぷくたん



ぷくたん、ご飯を置いてある定位置にトコトコと走って行って



今日のぷくたん



食べ残しのご飯をムシャムシャと食べ始めたんです







すげー




まー君もびっくりだよね




すごくない?




す す すごすぎる・・・




うれちい~



ほんと!  うれちいよ~~~♪♪♪



良かったー




良かった~~~ (涙ザーザー)




にしても、マー君!  ちょっと怖すぎですよ (またまた縁遠くなってしまうよ。。。)






この日、病院に行くまでは、辛くて悲しくて

今後、起こりうる事を考えて絶望的な気持ちだったのに

誰かが、地獄の淵から引っ張り上げてくれたみたいで



何と言っっていいのか言葉が見当たらないんですが

ぷくたんが強運の持ち主なのか

生命力の強さなのか

それとも、ひょっとして守護霊が守ってくれてるのか







でも、病気が治った訳ではないので、食べるようになったらなったで
今度は、なるたけ腎臓サポート食を食べて欲しいし


サポート食と補液とで、細く長く、まだまだ元気で過ごして欲しいと願っています



ちなみに、薬の名前はリフレックス錠です

抗うつ剤で、今は日本でも販売されてるそうです


ぷくたんには1/4錠を飲ませたんですが、ちょっと効きすぎたみたいで
真夜中までハイテンションになった感じでした


昨日と今日は飲ませないで様子を見たんですが、少し食欲が落ちてきてるかなー

なので、明日はまた飲ませてみようかなと思っています




ぷくたんと私を支えてくれる方々に、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです






スポンサーサイト
[ 2012/09/30 ] 我が家の子 | TB(0) | CM(2)

ピンキーのお届け

昨日は仕事がお休みの日でしたので、昼間はせっせとお掃除をしたり、ぷくたんを
病院に連れて行ったり、ピンキーを激写したりして慌ただしく過ごしてたら



ピンキー



ピンキー



あっという間にお届けに行く時間です



ピンキーちゃん! 

気持ち良く寝ているところ悪いけど、そろそろ出かける時間よ



ん?



あらまー

ピンキーの寝起きの顔って、まるで親父顔 (クスッ)






で、ねぼけ顔のピンキーをキャリーケースに入れて走ること20分で直ぐに到着です



新しいお家が近いのって、やっぱり安心だし嬉しいですね

私ったら、近所のスーパーにお買い物に行くような感じで、普段着サンダル履きで
お邪魔してしまいました (^^;)










ピンキーちゃんは人見知りなしのやんちゃな子ですが、お年頃で言うとちょうど思春期


やっぱり知らない環境では、不安と緊張感でいっぱいだったみたいで、直ぐに持参していた
袋に入って気持ちを落ち着かせてるみたいでした



ドキドキ



そして、新しいお姉さんは13歳、今までみたいな感じでは遊べないと思ったので
猫じゃらしをお嫁入り道具に入れておいたんですが・・・



ピンキーじゃらし


すごい偶然 ピンキーって書いてありました (全然気がついてなかった~)








まずは、ちびちゃんにご挨拶ですね


ちびちゃん
(ここは、お気に入りの定位置のようですよ)



ちびちゃん、人見知りをする子なんだそうですが、始めて会う私に触らせてくれて
とっても良い子です♪






ちびちゃんの鳴き声に、ピンキーちゃんったら直ぐに反応して、リビングに入ってきた
ちびちゃん目がけて駆け寄って行ってチュッのご挨拶



おばちゃん



ちびちゃんはビックリして、シャーの挨拶返し



ムカッ



誰でも始めて 「おばちゃん!」 って呼ばれ時は、そりゃもうショックで ムカッ!ってくるもんなのよ

(まあ小娘には理解できないと思うけどね。。。)



むかつく



生まれて初めての経験に、ちょっとしょんぼりなピンキーちゃん

何処に行ったのかと思ったら、なんと



ピンキー



亡くなったルピちゃんのお気に入りの場所で、ちんまりしていました

そして、その本棚の下には



とら猫


ピンキーちゃんにも、ルピちゃんにも良く似た 「とら猫の本」

この本とこの絵、良く見たことがあるけど、確か有名な絵ですよね




里親のSさんのお住まいは、シンプルでセンスの良い家具や照明、可愛い猫の小物も
さりげなく飾られていて、お見せできないのが残念ですが、とっても素敵なお部屋でした








そして、事前にお願いしてあった脱走防止対策も


脱走防止



脱走防止



しっかりとして頂いたので、これならお転婆ピンキーちゃんが登っても大丈夫ですね


最後に恒例の家族記念撮影です



家族記念撮影



ピンキーちゃん、ちょっと緊張気味だけど本当に良かったね (^^)



ちびちゃんとの相性もあるので、取りあえず10日間のトライアルからだけど

きっときっと、一歩ちゃん も安心してくれると思うよ



Sさん!  ちびちゃん!

どうぞ、お転婆娘のピンキーちゃんのこと、どうぞよろしくお願い致します 




それと、こんなに可愛いお土産もいただいてしまいました~


売れ残りキラーズ兄弟のまー君と

まー君と



同じくさとる君と

さとると


可愛くて、開けるのもったいないです

お見合いの時にも頂いてるのに、ホントすいません
そして、ありがとうございました





で、翌朝一番に、早速様子をお知らせ頂きました♪



昨日はありがとうございました。
あの後の様子をご報告します。

〇しばらくすると自分から近づいて来てスリスリしたり私の腕に捕まってケリケリするようになりました。
〇チビも夜肌寒くなると私の布団にやって来て、短時間ですが同じ布団の内外で寝ていました。
〇トイレはすぐに覚え、大小ともバッチリです。
〇器を二回り程小さい物に変えました。いっぱい走り回ってお腹がすいたのか
 カリカリの上に缶フードをかけたご飯を勢い良く食べてくれました。写真は今朝のご飯の様子です。

とりあえず、お知らせその1でした。また、ご報告します。




今朝のピンキー




別れ際は、まだ緊張気味だったピンキーちゃんだったので、ちょっと心配してましたが
お便りを拝見して安心しました



いつも思うことですが、新しい環境に早く慣れる子、時間がかかる子とそれぞれなんですが
猫にとっては大変な試練な訳ですよね

どうしたらいいか! 
どうするべきか!

必死で考えて、そして頑張って、恐る恐る甘えてみたりして

本当に小さい身体と小さい心で

そして健気で



だから、絶対に守ってあげたい

そして、喜びと幸せを与えてくれる子

それが、ねこなんですよね




[ 2012/09/27 ] お届け編 | TB(0) | CM(2)

ピンキーのお家が決まりました♪

ご報告が遅くなりましたが、実は先週の19日にピンキーちゃんのお見合いをしました



ピンキー



お相手は、同じ市内にお住まいで、我が家からも車で20分くらいの近さ
ちょうど、ゆきまろちゃんとルルちゃんのお家の中間くらいなので
スープは冷めてしまうけど、気軽に遊びに行ける距離が嬉しいです (^^;)



ピンキー



家族構成は、15歳の女の子ルピちゃんと13歳の女の子チビちゃんとの
女の子ばっかりの女系家族で、つい最近15歳のルピちゃんを脳腫瘍で
1年間もの長い闘病生活の末に見送られたばかりとの事でした



そのルピちゃんは長野の河川敷でご自身で保護された子で、チビちゃんも元捨て猫
だったのを譲り受けたそうなので、次に迎える子も保護猫と決めていたそうです



そして、ルピちゃんと同じキジトラのピンキーちゃんにお目を留めていただいて
めでたく今回のご縁となりました



ピンキー



里親のSさん、お見合い後すぐに脱走防止対策の準備に入っていただいてるので
安心してピンキーちゃんをお届けできます




と言うのもピンキーちゃん、凄いお転婆さんなので、年上で先輩猫のさとる君やまー君と
遊ぶ時はいっつも追っかける方



ピンキー



何ごとも先に始めて、後に続く子分のさとる君



あらよっと



よいしょっと




まあ、こんなのは序の口の可愛い方ですね

ピンキーちゃんが来てからの我が家は、いつもミニ台風が吹いてる感じです (>0<)





お転婆さんで可愛い可愛いピンキーちゃんは明後日26日の夜のお届けですが

綺麗なブルーアイのチビお姉ちゃんに受け入れてもらえるかどうか・・・



チビちゃん



まずはトライアルからになります

Sさん! チビちゃん!

もうちょっとでピンキーちゃん、そちらに行きますので楽しみにしてお待ち下さいね



あれは?



そして、ピンキーちゃん!

今のうちに子分たちと存分にあそぼうね (^^)





[ 2012/09/24 ] お見合い編 | TB(0) | CM(0)

今日のぷくたん

ぷくたんのこと、皆様にご心配おかけしてすいません

また、優しいお言葉をかけていただきましてありがとうございます

私にも、ぷくたんにも、とても励みになります

本当にありがとうございます







今日も、仕事を早めに切り上げて面会に行ってきました

昨日が休診日だったので二日ぶりの面会になります

病院に向かう途中は、毎回、胸なのか胃なのか、きりきり痛む感じで
検査結果を効くのも怖いんですが、弱音をはいてる場合じゃないですよね



病院に着いて、受付の看護師さんに挨拶していると奥からぷくたんが
早く早く、ここに来て! ってだみ声で呼ぶんですよ



今日は、入院生活が長くなっているので、猫に必須な爪とぎを持っていきました

それと、毎回コロコロテープでコロコロしてあげると喜んでくれるんです



すりー



すりすりー



もっともっとー



面会中はカラーをはずして撫で撫でしてあげてるんですが、こうやって
ずっと頭をスリスリしてきて離れません




先生は、ちょうど診察中だったので、診察が終わるまでぷくたんを撫で撫でしてたんですが

なんだか、診察が終わっても私に話しかけて来ないんです




どうしたんだろう・・・

診察終わってるのに、私の事も気がつかないはずないのに・・・




だんだん不安がつのってきて

ひょっとして、数値がまた悪くなっていて声をかけづらいのかしら・・・





ドキドキ感もマックスで、不安な気持ちを押さえながら先生の方をちらちら
見てたら、看護師さんが先生に声をかけてくれて、やっと呼んでもらえました





今日は吐いたので、調子もあんまり良くないかもしれない・・・

相変わらず、ご飯の食べは悪い

うんちは入院してから1回もしていない

オシッコは利尿剤の効果で出ている



先生の説明を聞いて落胆しながら、血液検査の結果の紙を見て






本当にビックリしてしまいました













どのくらいビックリしたか上手く表現できないので

私の代わりに、まー君に伝えてもらいます
















えっ!









先生の話を聞いてる時の私は



そうですかー




検査の結果を見た瞬間




えっ!






すいません

ご心配していただいてるのに、ちょっとおふざけが過ぎてますよね




でも、冗談が言えるくらいの余裕が出てきた数値だったんです










17日の検査結果が

  尿素窒素(BUN)計測不能  クレアチニン(CREA)13.2  無機リン(PHOS)10.3


今日の数値は

  尿素窒素(BUN)67  クレアチニン(CREA)7.4  無機リン(PHOS)8.0



針が振れ切れて計測不能だった尿素窒素が67に下がって、クレアチニンも下がって
無機リンは、あともう少しで基準値内になります



3日間の新しいお薬の点滴で、こんなにも驚異的に下がったんです!



本当に嬉しくて嬉しくて、「良かった! 良かった!」 って独り言が何十回出た事か・・・






先生も、始めて使った薬だったので、本当にびっくりしていました






でも、この数値が一時的なものなのか、まだ下がってくれるのか
今後のことは分りませんが、ほんの一筋の光から、ぱあっーと
明るい光に変わったように思います





ぷくたんの頑張りと生命力に

そして応援してくれる皆様に

でも、なんと言っても、ぷくたんを助けたいと頑張ってくれる先生に

お世話をかけている美人看護師さんに



感謝、感謝の気持ちでいっぱいです







また、同じように腎不全で治療中の皆様の中で、このお薬の情報が少しでも
お役にたてたならこんなに嬉しい事はないです






ぷくたんの病状については、今後も書かせていただきますので
お付き合いのほどよろしくお願いします




取りあえず、次回はぴんきーちゃん情報ですよ (^^)








[ 2012/09/20 ] 我が家の子 | TB(0) | CM(10)

ぷくたんに残された時間

去年の7月に腎不全で緊急入院したあと、奇跡的に回復してくれたぷくたんでしたが
実は、先週の11日からまた入院しています



ぷくたん




去年の退院後は、補液も毎日しなければならない状況でしたが、それが週3回になって
その後週2回と、順調に回復してくれて、今年の1月からは晴れて補液を卒業するくらい
絶好調だったぷくたんでした




今年の7月になったある日、リビングの私の前に来て突然オシッコをしだしたんです

その後も、あちこちにわざとしたりして、また血尿も出ていたので慌てて病院に連れて行って
膀胱炎のお薬の処方と、血液検査、補液をしてもらいました




その血液検査の結果は、また悪化していました(7月23日)

  基準値   16-36           0.8-2.4          3.1-7.5 
  尿素窒素(BUN)77  クレアチニン(CREA)5.1  無機リン(PHOS)4.4
       



また、週3階の補液の開始です




そして、一月後の8月28日の血液検査の結果は

  尿素窒素(BUN)57  クレアチニン(CREA)3.4  



数値が改善傾向になっていました

先生に、この調子なら週2回で大丈夫だねって、言われてすごく喜んでいました



このまま順調に回復してくれて、またお休み期間もとれて、上手くコントロールしながら
細く長く行って欲しいし、決して実現できない事ではないと思っていました



それが、このいい知らせを聞いた次の日位から、ご飯の食べが悪くなってきたので
きっと、サポート食が気にいらないのだろうと、違う種類の物に変えたり
3種類位を混ぜてみたり、色々工夫をしてみたんですが、やっぱり食べてくれません



ひょっとして腎臓以外に原因があるのかもしれないって事で、他の項目も調べてもらったところ

  尿素窒素(BUN)計測不能  クレアチニン(CREA)12.0  無機リン(PHOS)計測不能


他の項目に異常はなく、たったの2週間で計測が出来ないほど悪化していました



この日は、まんじりともせずに夜明けを待っていて、このまま入院になるだろうと
覚悟もしていました




すぐに治療に入っていただいて、3日後、9月14日の検査結果です

  尿素窒素(BUN)計測不能  クレアチニン(CREA)12.4  無機リン(PHOS)11.6


この3日後の数値がとっても重要だったんですが
治療の成果もなく無機リン以外はまた悪化していました




でも、ここで諦めたら、ぷくたんに残された時間は僅かな物になってしまうかもしれません



ただ一つ幸いな事は、入院自体がぷくたんのストレスになっていなさそうな事

先生や看護士さんに、甘えるようになってくれてたので、あと3日
治療を続けてもらう事にしました



そして、昨日17日の検査結果です

  尿素窒素(BUN)計測不能  クレアチニン(CREA)13.2  無機リン(PHOS)10.3


無機リン以外は更に悪化していました






入院後も、ごはんは殆んど食べないそうです



私は、食べてくれそうな物は何かと、タイのお刺身、マグロのお刺身と
毎日面会に行く毎に持っていきましたが、舐める程度で食べてくれません



そして、最悪な事に今度はオシッコの量も減ってきているとの事でした



昨日はもう連れて帰ろうと思いましたが、先生が利尿剤で様子を見るとのお話
でしたので、もう1日様子をみることにしました









毎日、ふっ。。。 と気がつくと、時間が止まってしまっていて
考えこんでいる自分がいます






どうしたら、ぷくたんを苦しませなくしてあげられるんだろう。。。。



いま、どんだけ苦しいのかな?

すごく気持ち悪いのかな?

身体がだるくて、しんどくて、つらいんだろうな








今日は、もう、なすこともないから連れて帰るつもりで病院に行きました





ぷくたん、私の声が聞こえると、すぐに、あのだみ声で泣いて呼ぶんですが




ケージに近づいて顔見ると、なんか・・・




顔色が、そんなに悪そうに見えない!





利尿剤のお陰でオシッコが出たからかもしれません

それと、今日は違うお薬を使ってくれてました

なんでも心臓に使うお薬で、血管拡張剤って言ってたかと思います






私はもう治療方法がないのかと思っていたので、連れて帰るつもりでいましたが

先生は、まだまだ諦めていませんでした






今日は、一筋の希望が見えてきたようで、気持ちも上向きになってきました


地獄から天国までとは、まだまだ言えない状況ですが、このお薬に望みをかけて

どうか効いてくれますようにと、ただただ祈っています





そして、先生に 「家でそっとしてあげて」 って言われるまで

諦めることなく、先生を信じてお任せしようと思っています








15年前のゴールデンウィークの始め頃、まだ目も開いてない乳飲み子で
ポリ袋に入れられて、人の入っていかない所に投げ捨てられていた、ぷくたんとトラ




助ける事が出来たのは、それから数日経っていた5月4日

冷たい雨が何日も降り続いていたのに、生きて助けられたのは

ぷくたんの生命力の強さ以外のなにものでないと思います




そして、力尽きるまで必死に泣いてくれたから、すでに冷たくなっていた
トラも助ける事ができました






だから、きっと


もう一度元気になってくれると信じています






ぷくたん







[ 2012/09/19 ] 我が家の子 | TB(0) | CM(8)