2013 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 02






一昨日は捕獲の日でした


私の住んでいる千葉市では 『飼い主のいない猫の為の不妊手術』 を無料で行っています
今季で三期目になりますが、頭数に制限がありますので今年は抽選になりました


で、くじ運がまったくない方なので、予想通り外れでしたがラッキーな事に補欠で当たりまして
その順番がやっと回ってきましたので、一昨日の休日は捕獲の日でした



まず、近くのこちらの現場に行ってみたら、久しぶりの雅人に会えました (^^)



雅人


雅人の子供達の福ちゃん! あずちゃん! 大福ちゃん! ややちゃん! めいちゃん!

パパはお外で頑張って生きてるよ~

でもね、目の下の傷とちょっと元気もないみたいなので、今度お薬(抗生剤)を飲ませて様子を見るね





それと一緒にいたのは久しぶりの冬子です


冬子


たぬちゃん! ぽぽちゃん!

お母さんも元気にしてるから安心してね

この後、段ボールにフリースをたくさん敷いてお届けしておきました



で、この現場には新入りはいなかったので 去年の7月 に失敗したまんまで
ずっと気になっていた黒猫ちゃんの餌やりさんの所に行ってみました



が、あいにくお留守
でも、隣のお庭に始めて見るこの子が・・・



P1200098.jpg



一見、綺麗な子なのでノラなのか飼い猫なのか良く分らない
で、直ぐにそのお宅で聞き込みをした所、首輪をしてる子は餌やりさんの子で
他は知らないとの事でした


そんな話をしていたら、タイミング良く餌やりのおじさんが車で帰宅
早速おじさんに確認したらおじさんも知らないとのこと


黒猫ちゃんの方は、毎日こちらでご飯を食べて、寝泊まりもサンルームでしてるそうです
そして、やっぱり子供も産んでいないそうなので、ひょっとして手術済みで捨てられたのか
若しくは子供が出来ない身体なのかもしれません


で、そんな話をしてたら2匹の猫が凄いいきよいでこちらに走って来ました
1匹は、こちらの餌やりさんの飼い猫で7月の当時家出中だった子


追いかけられていた子は、もう4年くらい前から狙いを定めながら
捕まえられないでいるレオンでした


レオンと言えば、エルザがお外にいた時に夏子と張り合っていた事がありましたっけ
そのときの記事はこちら → 女のバトル


この辺りの野良猫の間では、恐れられ一目を置かれていたボスのレオン
それが、今は弱々しい表情で、足に怪我をしているのかびっこを引いています


そんな弱ったレオンを追いかけいじめてる飼い猫には、立派なマリモちゃんが付いてたので
おじさんに去勢手術の事を聞いたら、していないとの事
そのうえ今後もする気はないとの事・・・


また家出しちゃいますよ! って言っても 
「もうこの辺りにはメス猫はいないから」 大丈夫ですって・・・


この辺りにいなければ、少し遠くに家出するかもしれないし
この無責任さが、不幸な猫を増やしてる根源なのに理解してもらえず残念です


手術をしないなら、完全室内飼いを徹底して欲しいところだけど
まだまだ、こんな自分さえよければいい!みたいな方が多いのが現実です


その飼い猫ちゃんも、片目の怪我を放っておかれたのか痛々しくひきつれていて
本当の愛情を持って面倒を見てもらえてるとは思えませんでした




その後、やはり前々から気にかかっていたこちらの現場に行ってみました


と、直ぐに猫さま発見!



マーシュ似



えっえっ!



マーシュの一族



マーシュにすごい似てる!

毛色といい、青い目といい、尻尾の長さまで・・・

マーシュ達姉妹がいた場所から、この場所までは決して移動できない距離ではないので
同じ一族の可能性も十分にあります

でも、この子の耳には手術の証しの耳先カットがありました



と、もう1匹の猫さまも発見



P1200102.jpg



耳が見えないのでめいっぱい望遠で見てみると



P1200104.jpg



イマイチ良く分らない

こんな時は餌でおびき寄せるのが一番と、レジ袋をガサゴソしたら

あらら・・・



P1200106.jpg



あらららら・・・



P1200107.jpg



出てくるわ 出てくるわ 

ざっと数えてみただけで8匹!



P1200111.jpg



でも、みんな手術済みの子でした

どなたかがTNRをしてくれた現場だったみたいです


この日は、1月には珍しく小春日和の暖かい天候だったのであまり悲惨さはないかも知れないけど
こんな藪の中で生きて行くしかないこの子達が哀れでなりません




で、この後、またレオンの捕獲を試みようとおじさんの所に戻ったんですが
レオンを発見できず・・・


でも、先ほどのキジトラ猫ちゃんの新たな餌やりさんの存在が分ったので
そちらのお宅にお話を聞きに行ったところ、そのお庭で七男を発見


キジトラちゃんは、耳先カットはしていませんでしが
そのお宅の奥様が手術をして下さったそうです


そしてお庭にはウッドデッキがあって、以前飼っていたワンちゃんの犬小屋に
敷物で暖かく設えてデッキの中に置いてあるそうです


ご飯もちゃんとあげてくれてるそうなので、お話をしていて嬉しくなりました

家の中にも、近くの雑木林に捨てられていた赤ちゃん三匹を保護して飼っているそうです


私もまったく同じでした
犬のごろーがいた時は、散歩の度にその同じ林で猫の赤ちゃんが捨てられていたので
拾って育てていました
ぷくとトラも同じ場所でした



で、その日は暗くなるまでレオンの足跡を追ってみましたが
結局、寝場所も分らず餌やりさんも特定できず、捕獲は出来ませんでした


来月、もう一度頑張ります




スポンサーサイト
[ 2014/01/31 ] 地域猫&TNR | TB(0) | CM(8)

のんたんの痛み


一昨日の深夜の事なんですが、さあ寝よう! と、ベットに入ろうとした時に
のんたんがヨタヨタしなからビッコをひいて部屋に入って来たんです
右の後ろ足が八の字のようにぐにゃりとなって・・・


もう心臓が飛び出るくらいにビックリしてしまいました


そーっとベットに抱きかかえて、恐る恐る触ったら明らかに腫れているのが分ります
もう日付が変わっていた時間なので、そのまま布団の中に入れて寝たんですが
のんたんも痛いのか眠れてなくて、私も心配で殆ど眠れずに朝を迎えました


翌日は日曜日でしたが、かかりつけの病院は午前中は診察しているので
朝一番に連れて行きました


先生は触診しただけで、確かに腫れてるね!って言って直ぐにレントゲンを撮りに別室へ
連れて行ったんですが、撮影が終わるまでの時間、何か悪い病気だったらどうしよう・・・
と、もうドキドキしながら待っていました


程なく撮影が終わって、一緒に写真を見ながら先生が説明してくれたんですが
右の後ろ足のかかと部分がボコボコになっていて、これは偽関節だね!って


にせの関節と言う意味で、関節がなくなってる状態って言うのか・・・


病名で言うと関節炎! なんだそうですが、困った事に治療法がないんだそうです
その上、痛みは感じてるはずだけど、のんたんは腎不全なので痛みを和らげる薬が使えない!


何てことでしょう・・・



たぶん、だいぶ前から少しづつ悪くなっていったはずなのに気がついてあげられなかった

そして、股関節の方にも心配な部分が・・・


まだ13歳なのに・・・



これから少しづつ悪化して行って、痛みも増していっても何もしてあげられない!

そう思うと・・・




幸せ




その日は、自宅に戻ってからご飯を少し上げて仕事に戻りました



で、夜、心配しながら帰宅して玄関を開けたら、のんたんはいつものように玄関で
待っていたんですが、何と、いつものように普通に歩いてました!



今日も!




これは、決して治った訳ではなく、だいぶ前から偽関節の状態だったんだと思うんですが
あの夜は、何かぐにゃりとなる状況があったのではないかと思います


少し、ほっ!とする事が出来ましたが、見えない所で少しづつ進行して行くんだろう・・・
と思うと本当に怖いです



そこそこ



マーシュには意地悪する困ったのんたんなんだけど、他の子達にはとても優しくて
みんなに好かれてるのんたんなんです



みんな大好き



私にとっても大切な大切なのんたんなので
苦しませる事だけにはなって欲しくないと、そう願っています











[ 2014/01/27 ] 我が家の子 | TB(0) | CM(0)

マーシュの憂鬱

頭を悩ませている舐め壊しですが、その後も中々止めさせることが出来なくて
またマーシュ自身も止められないので、年末に病院に連れていきました




犬だわ!

(待合室でわんちゃんを見つめるマーシュ)





『これは酷いな~ ここまで悪化したらカラーを付けない訳にはいかないな~』 と先生・・・

なので、前回と同じステロイドに抗生剤を追加して、可哀想だけどカラーを付ける事にしました




酷過ぎる

(固まって動けないマーシュ)




ただ、悪い事ばかりでなく良いこともありました♪


今までは、まだまだ怖がって中々お触わりが出来なかったんですが
カラーを付けてると直ぐに逃げられないので、触れるようになったんです (^^)




気持ちいい~



なるべくストレスを減らしてあげたいので・・・
気持ちいいツボを探して撫で撫で揉み揉みしてるうちに
気持ち良さそうにゴロゴロと発するようになりました



それと食後の毛繕いの代わりにホットタオルで拭いあげると
お腹を開いてクネクネごろんごろん気持ちよさそうにして、だいぶ親密度もアップです



でも、気がつくとまた必死で舐めようとしてるので、今度は膝の上に乗せて



あったかい


撫で撫で揉み揉み、決して手は休められません



こんなふうに、人の膝の上に乗ったのは生まれて初めてなので
始めの内は怯えてましたけど、そのうち温もりが気持ちいいんでしょう
またゴロゴロと発するようになりました



でも、直ぐ隣でのんたんが不機嫌な怖い顔してるんです
俺の膝なのにって・・・


マーシュも、そんなのんたんの殺気に気がついて即逃げてしまいました





皮膚の状態は一進一退って言うか2進一退な状態で
届かないはずの背中が酷くなっていたり、一番酷かった足もまた悪くなってたりしたので
また先生と相談して一回り大きいカラーに変えました




拷問よ!

かなりのストレス!



さすがに歩くのも大変そうだし首も重たそうなので、翌日にはいつものに変えてしまいました

それと、思い切って1日カラーを外してみたりもしましたが・・・




分っているのは、我が家の生活がマーシュのストレスになっていると言うこと



マーシュを治すゆういつのお薬、それは・・・

いじめっ子のいない、マーシュといつも一緒にいてくれる家族なんだと思います







ケメちゃんの抗がん剤治療1回目


ケメちゃんのパパから1回目の治療経過報告を頂きました



本日2回目の治療に行ってまいりました。
1回目の抗がん剤投与の後、最初は気持ち悪そうな様子でしたが
次第に食欲も出てきて、3~4日経った頃には大きく膨れていた
腎臓部分の腫れが見た目にもわかるほど引いてきました。


そのお陰か食欲ばかりでなく、これまでより動きまわったり鳴いたり
病気になる前のケメが戻ってきたようでした。


今日、先生とお話したところ、リンパ腫には抗がん剤が最初すごく効くことがあるが
ケメの効き方は先生も驚いたほどで、血液検査の結果もこれまで悪かった腎臓機能関係が
改善し、抗がん剤の悪影響が出ると思われた白血球や赤血球の数値も悪くないようでした。


副作用も目立って出ていません。
先生曰く、「今のところは非常に順調」とのことです。


もちろん楽観視できる病気ではありませんが、ケメの元気な姿が戻ってきたのを見て
抗がん剤治療に踏み切ってよかったなと思いました。


この掛け替えのない時間を大事にしたいと思います。


優さんも、もしお時間あれば、ケメの元気な姿を見に遊びにいらしてください!
ケメも喜ぶと思います。





写真






パパさん! ママさん!  ありがとうございました!

本当に本当に、本当に良かったですね (^^)



私も、こんなに嬉しい事はないです
先週の1回目の投与開始から、どの位効いてるのか
毎日毎日、もう心配で心配でしかたがありませんでした (^^;)


私の先生にも検査結果を聞いてもらって、色々と教えてもらいながら
私なりに勉強していました


高グレードと言う厳しい検査結果でしたけど、逆に抗がん剤は良く効くことがあると
その場合は1回目の投与で分るよって


でも、先生も驚くくらいなので、想像以上の最高の結果だったと言う事ですよね
本当に良かった!


治療に踏み切ってくれたパパママのお陰です

そして、ケメちゃんが頑張ってくれたからだね (^0^)



パパさんがおっしゃって下さってるように、まだまだ楽観視は出来ませんけど
また元気になってくれて、いま一緒にいられる事が何よりしあわせですね



パパとママのお布団の上で甘えてるケメちゃんとたぬちゃんのお写真
もう最高過ぎて、目尻が下がりっぱなしで困ってます~







[ 2014/01/18 ] うちの子自慢 | TB(0) | CM(0)

猫が繋いでくれた出会い


いつも応援コメントをいれて下さる、ぱちょりんさん と一度お食事でも・・・って
去年からお話ししていて、先週の休日にやっとランチ初デートが実現しました


場所はぱちょりんさんがセレクトしてくださった水天宮のロイヤルホテルのパラッツオ


20階なので眺めも良くて、窓からはスカイツリーが  (写真はありません)


お食事はビュッフェスタイルなんですが、時間制限とかがないので
豪華な落ち着いた空間でゆっくりとお食事が楽しめました




久々のステーキにフォワグラですよ

フォワグラ

もちろんワインも




スイーツ!

スイーツ

よりどりみどり食べたいだけ食べれるのよ (あ~幸せ♪)




毎年、APホテルで行われる某主催のクリスマスパーティに参加してるんですが
そのお食事ったら、冷凍食品をチーンした方がまだ美味しいんじゃん!
って言うボッタクリパーティで、会費はこちらのレストランで2回お食事して
ワインもオーダーできるのと同じ金額 (><)


なので、お腹も気持ちも久々に大満足できました


オープンの11時半からクローズの3時までおしゃべりして、その後ラウンジに移動して
またおしゃべり、辺りが暗くなるまでおしゃべり三昧を楽しみました

そうそう、ぱちょりんさんはこちらのホテルの会員になってるのでサービス料が本当のサービス
ボトルワインもぱちょりんさんのお誕生日が大晦日なので記念日プランのサービスでした (^^)



ぱちょりんさんから初めてコメント頂いたのが2年前の春の、たぬちゃんの募集の時でした
その時は、たぬ吉の名前だったんですけど、お問い合わせが全然なかったので随分元気をもらいました



そして、昨年末のケメちゃんの記事を読んで、リーディング(アニマルコミュニケーション)と
ヒーリングをして下さったんです


腎臓は、左が小さく固まって右が大きくなっている という感じです。
実際の大きさとは異なるかもしれません。
私が読み取るのは臓器のエネルギーだからです。
たとえば、すでに切除してしまった臓器のエネルギーを感じることもあるのです。




ブログには、ただ腎臓が腫れてるとしか書かなかったのですが
ケメちゃんの腎臓は右が大きく肥大していたのです


この他にも、マーシュの事や行方不明中のショコラポンタの事など大変お世話になっています

たぬちゃんが繋いでくれたご縁に感謝です



ぱちょりんさん!   

これからもよろしくお願い致します






そして、もう一つ猫が繋いでくれたお友達です




おばさん軍団
(おばちゃんが殆ど・・・)


この写真は昨年の忘年会の物なんですが、皆さん猫の為にパワフルに活動されてるボラさん達です


主にTNR活動と地域猫活動に精力的に活動しています 
(家庭を犠牲にしてるかも。。。)


猫の捕獲って、夜中にやることも多いので

母ちゃん!  俺のめしは?  ってなるところを猫さま優先にしちゃう訳ですから


まあご家族もあきらめモードになってくれれば家庭崩壊にまではならないかな・・・ (^^;)

そうそう、お仕事もフルでされてる方も多いんですよ


この方たちの頑張りを見てると、私なんてまだまだです (ーー)






[ 2014/01/16 ] 動物愛護 | TB(0) | CM(0)