2016 0112345678910111213141516171819202122232425262728292016 03






待たせ過ぎてゴメンね

22日の猫の日に、新入り君を2階の保護部屋に入室させました


P1290750.jpg


クロ猫ちゃんです!

ええ ええ お庭にいたぼんちゃんでっす(^^)



ぼんちゃんが我が家の庭に現れたのは、かれこれ5年半くらい前です(その時の記事)→ 耳先カット猫
それから、ずーっとずーっと家に入れて欲しいにゃーと、懇願され続けてまして・・・
なので、他の子を保護するたびに「ぼんちゃんゴメン」って詫び続けていたんです
取りあえず、命の危険がないのもあったから後回し的な・・・


それに、実はDV猫でもあったので(甘噛みが出来なくていきなりガブッ)
おうち探しの自信も正直なかったんです


でも、段々とシニア組になっていくぼんちゃんを、これ以上待たせてしまうのは忍びないなー
と、思うようになっていたのでキリのいい猫の日記念日に招き入れてあげました


で、名前の問題なんですが(ぼんちゃんが二人)実は、初め「ぼにー」って名前を付けてたんです
その後「ぼん兄イ」と呼ぶようになって、それから「ぼんちゃん」って変化していったので
これからは元祖「ぼにー」に戻すことにしました
ただし、呼称は「ぼにたん♪」です(笑)



そのぼにたん♪始めてのケージ生活&家猫修行の始まりです


P1290751.jpg


キョロキョロするぼにたん


P1290755.jpg


だけど、出せ~!って叫ぶことも騒ぐことも、夜泣きも全くなくて
こんなに大人しくていい子は本当に珍しいです


とりあえずチュールでプチ歓迎(噛むなよ!)


P1290756.jpg





方や金太郎は新入りに大興奮(冷や汗)


P1290784.jpg



家政婦は見た状態のぼんちゃん・・・


P1290788.jpg
(名前が変わんなくて良かったね)


ぼんちゃんは、お外時代のぼんちゃんのストーカーをしてたくらい、ぼにたんが気になってしかたがない
存在だったので、ドアを大きく開けて、よーく見せてあげました(イジワル?)


P1290790.jpg



マルメロちゃんは高みの見物


P1290804.jpg



で、拍子抜けするくらいなーんの問題もないので、翌日には保護部屋フリーにしてあげました


P1290832.jpg


恋焦がれて夢にまで見てたお家の中から、お外を見て感慨もひとしおのぼにたん


そして、お膝に抱っこ


P1290835.jpg



抱っこして高い高いもしてみました(ぷっ)


P1290821.jpg



汚れ放題砂まみれ放題なので、とりあえずタオル&ブラッシング


P1290830.jpg



食事中も、見世物的になってるぼにたん


P1290849.jpg



マルメロちゃんにお尻クンクン


P1290851.jpg



さっちゃんは


P1290840.jpg

ただ、逃げそびれただけ・・・


この後、金太郎が雄叫びをあげながら猫パンチをくらわせまして・・・


P1290848.jpg


これは反撃に出るかも(脇汗)、と


P1290863.jpg

焦りまくりましたが咄嗟に逃げました(予想外)



その後うつぼ状態に・・・


P1290856.jpg


これは、見掛け倒れのヘタレ君でしたね・・・



強くおデコを引き上げたりしてやりたいに放題されても


P1290861.jpg

ひたすらゴロゴロ大音量だし(^^)



それと、金太郎は強いから攻撃に出てる訳ではないんですよ


P1290816.jpg


本物の弱虫君だからなんです(ヘタレの癖にってやつ・・・)





そして、病院でワクチン+健康診断もしっかりしてもらいました
長いお外生活だったからウィルスチェックで陽性と出る覚悟も出来てたんですが
なんと嬉しいことに、Felv・FIV共に陰性だったんですよ


あと年齢的にシニアな事も考えて、一般項目の血液検査もしてもらったんですが
なんの問題も見つからず、健康状態良好のお墨付きをもらうことができました


それと、血を抜かれる時(2回)も、ワクチンの時も、爪切りの時も、ひたすら大人しくて
ウンともスンともなかず、本当にいい子だったんですよ


ただ、1回だけ「痛い!」って悲鳴を上げた時があったんです
ちょうど爪を切ってた時だったので、後ろ足の指の間に1ヶ所だけ怪我をしてました
気がついてあげれて良かったです


そうそう、当初の体重が4キロちょっとだったのに、今は5.75kgに思いっきり増えてましたね
長いお外の暮らしで、こんなに巨大太っちょ君になるとはね(笑)



そして昨日は首輪もつけてあげたんですよ
首輪の入った箱を持ってきて、どれがいいかな~と選んでると本当に嬉しそうな顔をするんですよ
で、選んだのは赤のチロリアンです!


P1290895.jpg


黒猫ちゃんには、やっぱり赤が一番似合うと思いませんか(^^)


ぼにたんったら、首輪を付けてもらったのが本当に嬉しいらしくて


P1290885.jpg


ずっと、ゴロゴロスリスリ踏み踏みしてたんですよ(ホントの話)


P1290877.jpg



心配してた、いきなり「ガブッ!」も全く出てないし、人馴れ度も問題ないので
早々と募集を開始する予定です(もし、金太郎より早く決まってしまったら心中複雑なんだけど・・・)





こんな今の我が家の様子を知ったら


P1200600.jpg


のんたんは、なんて言うのかな~
























スポンサーサイト
[ 2016/02/27 ] ぼにたん | TB(0) | CM(0)

「猫大好きCDコンサート」のお知らせ

素敵なお知らせです!


デイジー(うらん)ママさんのおしゃれなカフェ セ・ ドウ・セ  さんで
猫好きな方必見のコンサートを開催するそうです♪

講演者は宮本ルミ子さん!



で、ここでクイズです!

「今ここにピアノがありますので好きな曲を弾いて下さい!」

と言われたら、ピアノが弾けない貴方は何を弾きますか?


きっとかなりの確率で「ねこふんじゃった」を弾くと思います

この曲は世界中の誰でもが知ってる名曲の中の名曲みたいですよ

でも、よく考えると酷い曲名だと思いませんか?

可愛い猫ちゃんを踏んづけちゃって・・・  (笑ってる場合じゃないですよ~)

そう思われたら、是非、宮本ルミ子さんの 「ねこふんじゃった資料室」 HPをご覧下さい! 
クリック→ ねこふんじゃった資料室

ちょうど今、新しい歌詞も絶賛募集中なので、皆さまもお気軽にご応募されてはいかがですか!(^^)




さて、日時は明後日 2016年2月27日(土) PM2:30~3:30
その後3:30から宮本ルミ子さんを交えて懇親会があるそうです

場所は、東京都墨田区太平1-6-1-101 JR錦糸町の駅から約500m 徒歩7分

楽しい音楽と面白いトークに、お菓子ドリンクが付いて 1,500です

行ってみた~いと思われた方、また詳細をお知りになりたい方はお店のフェイスブックをご覧下さいね 
クリック→ C De C




それと、もう一つコンサートのお知らせです!

同じくディジーヤングママのヴァイオリンニスト小林修子さんのコンサートのご案内です


〜東京都内音大生による室内楽〜

日時 3月16日(水) 18:30開場 19:00開演

場所 アーティストサロン ”Dolce”(新宿駅より徒歩2分) 

詳細は修子さんのフェイスブックをご覧下さいね →東京都内音大生による室内楽



どちらも行ったみたいんだけど、とりあえず明後日行けるかな~
頑張ってスケジュール調整してみよう(^^)



image_2016030121035276f.jpg











[ 2016/02/25 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

優しいをありがとうございます

今日が猫の日だってこと昨日までは覚えてたのに、午前中の買物の時に忘れてたから
なーんにも買って来なかった(汗)
この埋め合わせは、後日お刺身で挽回するから楽しみに待っててね(うちの猫たちへ)


さて、今日の本題です
この度は、のんたん大ちゃんに想いを寄せていただき本当にありがとうございました
暫く更新が出来なかったのもあって余計にご心配をおかけしてしまいましたが、私は元気です!(笑)



さてさて、7日の日に龍ちゃん(まさる)のパパとママが
お土産をいっぱい持って遊びに来てくれたんですよ♪


ジャン!


P1290722.jpg


おっ これは! 


P1290723.jpg


サバ美ちゃん?
あのネコ吸いさんとこのサバ美ちゃんじゃないですか!

サバ美ちゃんといえば、てんとんとは親戚?みたいなものなので
ひょっとして、私も、遠い、遠い、遠~~~~い親戚?(冗談よ)

で、龍ちゃんママがこのお土産を選んでくれた理由がバックの裏側に書いてありました


P1290724.jpg
(英語が苦手な方のためにチョチョイのチョイと訳しますね)


【ネコと幸せに暮らすための5箇条】

1. すべてのネコは幸せになるべきである
2. あなたのネコを生涯愛すべし
3. ネコとの暮らしから学ぶべし
4. ネコ好きの友人は生涯の友
5. ネコが腹を見せてきたら丁寧に撫でるべし


ふむふむ まあ皆さんも普通にやってることばかりですよね
何て言っても、ただの猫好きですものね(^^)


この普通のしあわせがすべてのネコに!
飼い主のいないネコたちにも、普通になる事を願わずにはいられないですね
同じ猫に産まれてるのに、幸せと不幸せのあいだが開き過ぎですもん


それと、こちらはサバ美ちゃんタオルハンカチと龍ちゃん顔のポーチ付きショッピングバック


P1290728.jpg

本当に龍ちゃんそっくりで可愛い過ぎです♪


これらは Cat's Nap Time と言って、アフタヌーンティーさんと Cat's ISSUEさんとのコラボしたシリーズで
収益の一部が動物愛護団体ミグノンに寄付されるそうなんですよ

それと、今知ったんだけど Cat’s ISSUE のクリエイターメンバーにてんとんパパママの名前も!(すごい活躍っス)


それと稲毛海岸御用達のミズノヤさんのスイーツ(地元ネタ)


P1290726.jpg
(全~部、美味しかったです~)


それと、猫達にもおやつがたっくさん♪


P1290729.jpg


早速、お外の子達(ぼんちゃん・雅人・七男達)におすそ分けしてあげたら
バレンタインとお盆とお正月が一気にトリプルで来た~~と、感激してくれてました(^^;)


それとそれと、ご寄付まで頂いてしまいましてすぐにお供えさせていただきました


P1290733.jpg


ネコ柄が可愛い封筒なんだけど裏側のシールを見て二度びっくり


P1290734.jpg


これはヒグチユウコさん作のとんいちとニャンコさんのシールなんです~♪
なんか嬉し過ぎてリンダ困っちゃう~~(古っ)


*龍ちゃんパパさん!ママさん!

先日は、こんなにたっくさんのお土産を本当にありがとうございました
普段使いするのがもったいないくらいの高価な物ばかりで恐縮していますが
みんなに自慢しながら愛用させていただきますね
ご寄付もねこ達のために大切に使わさせていただきます

それにしても、時間が経つのも忘れておしゃべりの花を咲かせて本当に楽しかったです~
毎回思うんだけど、里親さんとの猫談義って話が尽きることがないですよね(私だけか・・・)
今度、龍ちゃんコタちゃんにも会いに行きますのでまたミズノヤさんのケーキお願いします(ぷっ!)
本当にありがとうございました(深々お辞儀)



さて続きまして、先日銀ちゃんのママさんから旬のイチゴちゃんをいただきました!


P1290739.jpg


スーパーでは手に入らない、地元平山産のブランド「かおりの」の大粒です!
イチゴ大好きなので1パックを一気食いしちゃってから、慌ててもう1パックをお供えしてパチリしました(汗)
今年のも一段と甘くて超美味しかったです♪


* 銀ちゃんママさん! 
毎年送っていただいて本当にすいません(汗)
今年も遠慮なく胃袋に納めさせてもらいました♪ ご馳走様でした~♪♪♪
銀ちゃんもご家族の皆さまも、お変わりがなくて何より嬉しいです
本当にありがとうございました(お辞儀)



続きまして、大ちゃん(大地)のママさんから、大ちゃんの為に買ってあったフードをいただきました!



P1290743.jpg

ヒルズのad缶やケア食などがいっぱい・・・


この、たくさん残ってるフードを見ると、願い叶わずに早く逝ってしまった子を思い胸がいっぱいになります


* 大ちゃんママさん!
ad缶はボラ仲間と分けあったりセンターに寄付するなどして有り難く使わさせていただきますね
本当にありがとうございました(お辞儀)



続きましては、雫ちゃんのママさんから、のんたんと大ちゃんにお供えして下さい!と
綺麗なブリザードフラワーをいただきました♪



P1290745.jpg


優しい色合いのバラですね
綺麗なお花を見てると本当に気持ちが癒されます
のんたんも大ちゃんも「綺麗なお花だね!」って、絶対喜んでくれてると思います


P1290746 - コピー

そして全体はこんな感じです


* 雫ちゃんママさん!
本当にありがとうございました
そうそう、先日送っていただいたお写真もこんな感じに飾らせていただいてるんですよ


P1290749.jpg



春になって、雫ちゃん1歳のお誕生日にお邪魔するのを今から楽しみにしています
どうぞお父様のお身体もお大事にして下さいね(お辞儀)



全部のご紹介は割愛させていただきますが、たっくさんの優しさをいただきましたこと
心からお礼を申し上げます
本当にありがとうございました





そうだ!
とりあえず、今夜のお供えとおやつはいただいた焼きササミとチュールにしちゃおう(大汗)





















[ 2016/02/22 ] うちの子自慢 | TB(0) | CM(0)

大地君もお星様になってしまいました

今日も悲しいお知らせをしなければなりません
アース兄弟の長男坊大ちゃんは、12日の夜8時40分、天使になってお空に逝ってしまいました


P1260762_201602131846041c7.jpg






いい子のいい子の大ちゃんが、なんにも悪い事もしていないのに、たった10ヶ月の若さで
1歳のお誕生日を迎えさせてくれることも許されず連れていってしまうなんて、神様も酷すぎます



大ちゃんは、アース兄弟の中で一番先に捕まった(保護)人懐こい子で


P1260244_20160213184606f69.jpg


すぐに慣れてくれて、全く手のかからない可愛い子でした


P1260257_20160213184606d00.jpg


遅れて保護出来た雫ちゃん達が怯えてる時も


P1260296_20160213204846d57.jpg


怖くないよ


P1260301_2016021320484655b.jpg


大丈夫だよ


P1260302.jpg

って、教えてあげてたんだよね!


いつの間にか、こんな愛らしい寝姿を見ることができたのも


P1260982_20160213184605c5b.jpg


大ちゃんがいてくれたからだよね


P1260608.jpg


そして、その後に保護した光ちゃんも、雫ちゃんと同じビビリちゃんだったから


P1260956 - コピー


KYな大ちゃんの存在はすごく大きかったと思うよ


P1260410_2016021318460503a.jpg




名前を決める時に、陰陽五行の木火土金水から付けようと決めて
迷わずに真っ先に付けたのが「土」の「大地」でした


P1260420.jpg


大きな大きな、地球にはなくてはならない「大地」です


そして、そっくり次男坊には大地にしっかり根を張らせ、天にそびえる大樹のように
大きく育って欲しいと願い「樹・たつき」と名付けました


P1260422_201602132201183b5.jpg


そのあと、遅れて保護されたのが金太郎でしたが


P1260709.jpg


兄弟達とは血のつながりはないけど、同じ場所で保護され、月齢もちょうど同じ位だったので
すぐに仲良しさんになって、本当の兄弟のようにすくすくと成長しました


この生まれながらの大らかさと、面倒見のいいいお兄ちゃんの大ちゃんが
こんなにも早く、真っ先に天に召されてしまうなんて・・・



P1270443.jpg
(スフインクスみたい・・・)





大ちゃんの病気の事を知ってからは、車で走っていても電車に乗っていても
「大地」の文字がすぐ目に飛び込んできました
常に大ちゃんのことを思っていたから


それと何故か、私の行動範囲の中に「大地」の名前のお店が特に多かったのかもしれません
ラーメン 大地! 寿司 大地! 青少年何とかかんとかの大地!



大ちゃんはこの棚がお気に入りで、しょっちゅうここに乗っていたんだけど


P1260936.jpg

気がついたら、この棚めいっぱいの大きさまでに成長してましたね



そして、のんたんに優しく見守られてご飯を食べる兄弟達


P1270257 - コピー



これは、金太郎に見送られてお届けに行く寸前のショットです


P1270719_20160213203452289.jpg




病気になってからも、本当にたくさんのお写真を里親さんが送ってくださいました


DSC_0100.png




DSC_0108.png




DSC_0117.png

大ちゃんはガンちゃんが本当に大好きだったんだね


そして、お写真からも病状の深刻さが読み取れて、大ちゃんがどれだけ苦しく
辛い思いをしてるのかと思うと可哀想でなりませんでした


DSC_0109.png


そして、昨日13日、一番のお気に入りだったこのぬいぐるみを柩に入れてもらって


P1260972_201602132034543f9.jpg


天使の姿になってお空に飛び立ち、永遠にきらめくお星様になりました





可愛い可愛い大ちゃん!


P1290268.png



のんたんがね!
早くに亡くなった大ちゃんの兄弟を探してくれてね
一緒に大ちゃんが来るのを待ってるからね

かんぺいちゃんもいるんだよ
地丸君もいるよ
ぷくおばさんも
うちにいた子たちみんな一緒にいるから迷わずにいけると思うよ
一番輝いてるのんたん星をめざして、まっすぐまっすぐ行くんだよ




里親さんへ
大ちゃんの看病、どんなにか辛かった事とおもいます
どうか早く元気になってくださいね
がんちゃんには大ちゃんの分も元気で長生きして欲しいと願っています


今日は朝から、大ちゃんのための涙雨だったけど
今は雨も止んで、晴れて、青空になりました


















[ 2016/02/14 ] アース兄弟 | TB(0) | CM(0)

のんたんは私の宝物になりました

我が家の長男でもあり、保護猫たちみんなに懐かれていたのんたんは
2月1日月曜の未明、私の腕から離れ、遠くに旅立って逝ってしまいました



P1240779.jpg



今年のお正月、日に日にやせ細り、ヨロッヨロッと歩く姿を見るにつけ
のんたんと過ごす最後のお正月になるかもしれない、と胸を痛めずにはいられなかったのですが
その時がこんなにも早くくるなんて思いもしませんでした


一緒に桜の季節は過ごせるだろう
新録の季節も一緒に過ごせたらいいな
夏も、秋も・・・

まだまだ、ずっと先のはずだからと、かかせないサプリもまとめて注文したばかりだったので


P1290736.jpg


まだこんなに、未開封の物だっていっぱい残っているんです




のんたんは慢性腎不全の末期でしたが、診断されたのは2年前の秋のことです
でも、6年くらい前には既に腎臓サポートの療法食に切り替えてはいたのですが
悲しいかな、この病気を防ぐことは出来ませんでした


その2ヶ月後くらいの今から2年前、今度は後ろ足を痛がってビッコもひくようになりました


P1250183.jpg



P1240423.jpg


レントゲンの結果では、かかと部分がボコボコの偽関節になっていて病名は関節炎の診断でした
でも、腎臓の事があるのでステロイドもあまり使えず、痛みを和らげて上げることもできません
そして、気がつくと背中も弓なりに曲がってくるようになりました


P1250185.jpg


それからも、今度は前足の肘が外側に張り出すようになってきたり、手首にも明らかなダメージが・・・


P1240428.jpg


四肢の全てが関節炎になって、どんどんと悪化するばかりだというのに


P1270332_20160211210141ed2.jpg


痛みを取って上げる事も、なんにもしてあげられませんでした



その半年後、今度は顔が腫れるようになってきました


P1280894.jpg


同時にクレアチニンの数値も上がってきたので、週1のペースで自宅補液もするようになりました


顔の腫れは、腫瘍とかではなく歯槽膿漏的なものではないか、との診たてでしたが
腎臓の為に麻酔が使えないので抜歯もできず、抗生剤で炎症を抑えてあげることしか出来ません


そして、腫れる部位も目の下あたりから頬に変わり、そして顎下と・・・


P1240200.jpg


顎下の腫れがやっと治まってきて良かった!と、思ってると頬が急に腫れ出すいうという始末で


P1280851_20160210202451e41.jpg


腫れが治まるのは、他の部位が腫れてくることの始まりでした


パンパンに破裂するんじゃないかと思うほど大きく腫れるので、違和感も相当の物だったと思います
痛みだってないはずがありません
当然食欲も落ちてくるので、その原因が腫れによる物なのか腎臓なのか判別も出来ませんでした


膿を出してあげれば、一時的にでも腫れは治まります
ただ、本当に破裂する位大きくならないと粘着性があって抜きとれないんです
なので、病院に連れて行って針を刺しても抜けないこともありました


ただ、のんたん自身が、痛みや違和感で我慢できずに足でケリケリしてしまうと
その注射針の小さな穴、若しくは皮膚が敗れ、自壊して膿が吹き出てくれました


P1290042.jpg



この1年と5ヶ月はその繰り返しで、先生も一度は楽にしてあげたいね!
と言って下さって、今年のお正月明けに膿の培養検査に出すことになりました

何をするにも、腎臓の負担にならない薬を選択しなければいけないので一部の薬しか使えません
今までずっと使ってた薬も、抗体が出来て段々と効かなくなってたようです


そして、検査の結果はパスツレラ・ムルトシダが検出されました(ブドウ球菌も少し)
どれも口内に出る菌らしく特別なものではないみたいです

で、今まで使っていたアモキクリア錠から、新しい抗生剤セファクリア錠75に変えて
様子を見ることになりました

直ぐに処方をしてもらって、その日の夜に期待を膨らませて飲ませたのですが
飲ませた直後に嘔吐をして、併せて酷い下痢もしてしまいました
やっと、やっと食べれたご飯が・・・


薬の合う合わないは、投薬してみないと分からないって事は事前に聞いてましたので
直ぐにその薬は止めて、次の薬を処方してもらうことにしました



その頃ののんたんは、毎日の皮下補液と、無理やり飲ませられるお薬と、ご飯も食べたくないのに
無理やり口に入れられるので、それから逃がれるためにコタツの中に避難するようになっていました

いつもなら、いの一番に私が座るのを待ってました!というばかりに


P1190478_20160211214918357.jpg


お膝の上にあがって来てたので、可哀想に思うのと同時に寂しくも思っていました


ただ、夜寝る時だけはお薬も点滴もされないので、必ずお布団の中で腕枕で寝てくれました
そして、のんたんが食べたい気持ちになった時に直ぐに食べてもらえるようにと
小さなお皿にシーバやチュールを入れて、枕の下に隠して寝てました
(隠しておかないと金太郎が食べちゃうもんだから・・・)


この、夜中に一口作戦が功を奏して、1月7日に3.15kgしかなかった体重が
1月14日には3.3kgに増えてくれてました


でも、26日の朝はいつもののんたんではありませんでした
ベットの中から決して出ようとはせず、お布団の中に潜り込んだままでした
顎下の腫れも一層に酷くなっていて、前日からご飯もお水も一切拒否していたので
のんたんも連れて行って診てもらうべきかと迷ったのですが、多分、まだこの状態なら抜けないだろうし
あいにくその日は譲渡会のお手伝いの予定にもしてたので、お薬だけもらってきてしまったんです

新しいお薬は、オーグメンチン125ssという物なんですが、少し大きめで苦くて飲ませづらい薬なんだそうです
センターから帰宅してすぐ、そのお薬を飲ませるため強制的にチュールを口にいれ無理やり飲ませました

そしてシリンジで、これも無理やりお水を飲ませ、お布団の中から出して嫌いな皮下補液もしました
きっと、これで少しは楽になってくれる、今度のお薬はきっと効いてくれるはずだ!と、期待を込めてそう思ってました
そして、途中、様子を見に行ったときはお布団の中に潜り込んだままの状態でいました


夜11時ころ、なんだか不安になって様子を見に行ったら容態が急変していました
苦しそうにうめいていて、今まで見たこともないのんたんのお顔になってました
失禁も・・・


直ぐに先生に電話をしようか?それとも救急を探した方がいいのか?と一瞬迷いましたが
どちらも止めました
今、のんたんを無理に連れ行ってものんたんの負担になるだけでいい結果にはならない
そう思えたんです


シーツをそっと変えて、一晩中抱っこをしながら夜が明けるのを待ちました
でも、どんなに抱いていても、冷たい身体が暖まってくれません
背中もお腹も、手を握っていても足を握っていても、肉球も冷たいままで体温はあがってくれません
そのあいだも、もがき苦しむのは変わりませんでした
朝まで持たないかもしれない、と心の中で覚悟をしなければなりませんでした
時折り静かになると、急に不安になって胸や脈に手を当てて確認していました


そして、やっとやっと朝を迎えることができました
静かな朝です
のんたんの苦しそうな喘が治まって、少し楽になったように思えました


その日は休診日だったので、8時になるのを待って病院の留守電にメッセージを残しました
その数十分後、折り返しお電話をいただけたので状況を説明して連れて行きました


体重は2.9kgに減っていて、体温は32度しかありませんでした
普段からのんたんの体温は低めで、体温計を奥の方まで入れないと本当の体温が測定できないので
その事を考慮すると34度くらいかもしれないとの説明でした
でも、いつ死んでも不思議じゃない状況とのことでした


その日はそのまま預けて静脈点滴をするのがベストだったのですが、あいにく先生は午後から
外出の予定で、そうなると、誰もいない時に急変してしまう事だけは避けたかったので
コンベニアだけ打ってもらって、帰りはキャリーバックに入れずに抱えて車の座席に寝かせました


その翌日、朝から夜までの日帰り入院で静脈点滴をお願いしました
そして体重は2.6kgに、1日で300g減っていました


血液検査では、BUNが針が振り切れて計測不能(最悪)で、クレアチニンは5.2で高値だけど
まだ希望を捨てなくてもいい数値、でもリンとナトリウムの数値は高くなってました
段々とナトリウムの排泄ができなくなってたみたいです


脱水に補液は必須なんだけど、デメリットとしてナトリウムが溜まってくることがあるそうです
ただ単に、たくさん補液をすればいいというものでもないんです
ぷくちゃんが大量の補液をされて命を縮めてしまったこと、今でも後悔し続けています


デメリットの説明は度々聞いていて、先生も補液は必要なんだけどナトリウムが・・・
と、判断を迷う言葉も度々聞いていて、補液の量を減らしたりしながらも毎日続けていました


27日の朝も、お水をまったく飲めなくなっていたので
きっと良くなるはずと信じて夜明けを待って補液をしてしまいました


静脈点滴は皮下補液と違って、ナトリウムの少ない輸液材を使えるんだそうです
なので、28日の点滴の経過がよければ、翌日もお願いするつもりでいたのですが
状態はよくなりませんでした


と言うよりも、何もしない方が、今ののんたんにはいいんじゃないかと思えたくらいなんです
翌日の29日、自力でお水を飲んでくれました
口元に持って行ってなんですが、飲んでくれるだけでこんなに嬉しい事はありません
トイレも、抱えてトイレの中に入れて支えてると自力でオシッコをしてくれました


そして、その日の夜、ダメもとであげた小さな小さな一口のお刺身を食べてくれたんです
翌日、すぐにまたスーパーでお刺身を買ってあげたら、その後は食べられませんでした


でも、翌日の31日朝、ほんのほんの小さな一口ですが、また食べてくれたんです
息を飲んで悲鳴をあげるくらい嬉しかったです
そして、そのお刺身が最後ののんたんの食事になりました



のんたんは、とってもお利口さんで小さい時から聞き分けがとってもいい子でした
お薬も、楽勝でお口に入れて飲ませることができたし
補液も、嫌ながらも毎日大人しくさせてくれました
爪切りもさせてくれたし、点眼もさせてくれました
ブラッシングも抱っこも大好きで、私の膝は自分の専用だと思っていた事でしょう
夜は、腕枕で寝るのが当たり前になっていたので、かれこれ15年と1ヶ月です
毎晩、私の腕を枕代わりにして一緒に寝ていました


でも、今はもう、あの温もりも重みも感じることができません



RMK_3591 (2)



代わりに、小さくなったのんたん
かんぺいちゃんと並んで



P1290721.jpg



お揃いの骨壷と、お揃いの骨壷カバーに入れて
中に小さなバラの花を入れました



P1290718.jpg



お花畑で穏やかに眠ってくれるようにと願いを込めて




そして、壁に飾る写真が段々と増えていくのを、何とも切ない気持ちで眺めています



P1290715.jpg




このお写真は、お友達のカメラマンの浜田さんが撮ってくれたお写真です



RMK_3619.jpg



もう2年半位前に撮影したものですが
今となっては唯一の私の宝物になりました


そして、のんたんも私の永遠の宝物になりました




















[ 2016/02/12 ] 我が家の子 | TB(0) | CM(12)