2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07






全盲の夢ちゃん

全盲の夢ちゃんを保護したと聞いたのは確か ・・・ 

1月24日の日曜日の事だったと思います




お友達の toku さんから、近くの公園で、目の背けたくなるような悲惨な
状態の猫を見つけちゃったので保護すると電話が来ました



彼女は猫神さまです


拾う神様なんです






その猫ちゃんは、それはもう言葉では言い表せないほど酷い状態だったそうです





翌日すぐに病院に連れて行ったところ、左目は眼球摘出
右目もまったく見えていない状態で回復は無理との診断でした











どうして ・・・・       






そんな酷い事になったんでしょう






目が見えなくて野良で、どうやって生きてきたんでしょう





いつからそこにいたんでしょう










でもその日 toku さんに出会う事が出来て、夢ちゃんは救われたと思いました






ただ、手術は体力が回復するまで無理という事で、しばらく入院生活を
送る事になりました





そして何とか無事に手術もでき、やっと家猫としての安らかな生活が始まると
思っていました





入院中から、ご飯も良く食べてるよ   だけど体重が全然増えない

増えないどころか、減ってる・・・  


というのも、とても気がかりでしたが、原因もわからないままでした





せめて右目だけでも見えるようにならない物かと

一縷の望みに掛けて、専門病院で見てもらうつもりと

その治療費の為にも頑張って稼がないと・・・ と


そして、その話を聞いた シロさん が 「募金活動をしましょう」 
と提案してくれていました







夢ちゃんに会ったのは一度だけですが



こんな悲惨な生き様の猫ちゃんなのに、とっても人懐こくって

ゴロゴロ喉を鳴らして甘えてくれるんです

とっても可愛い子で性格の良い子なんです




だから余計に不憫に思わずにはいられません




三毛の女の子で推定1~3歳位

体重は2キロも無かったと思います




ガリガリで、骨と皮です









今まで辛い思いをした分、これからは暖かい部屋で餓える事もなく
穏やかに過ごさせてあげたかった




きっとそうなると思っていました


toku さんも 私も・・・・




元気になったら、駄目元で里親探しするからと ・・・











そんな ささやかな望みさえも叶えられる事なく 


2月28日の朝 toku さんが見守る中、静かに息を引き取ったそうです










今度生まれ変わったら


野良猫ではなく、優しい家族の元に生まれて来ますように










もし、野良猫で生まれてしまったら


今度こそ、優しい里親さんを見つけて幸せにしてあげるからね







toku さんと私の願いです










スポンサーサイト
[ 2010/03/02 ] 保護猫 | TB(0) | CM(2)

夢ちゃん
亡くなったんですネ。
tokさんはお忙しいと思い、御連絡を控えていました。
活動の中では、目も見えずえさも食べられないような子を放棄する人達の存在をいやと言う程見せつけられてきました。
夢ちゃんはtokuさんに助けられ、人の暖かさの中で天国に召され,今は元気に遊んでいることでしょう。
有難うtokuさん。ご苦労様でした。夢ちゃん良かったねtokuさんに巡り会えて!
[ 2010/03/06 21:48 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> シロさん

調度 tokuさんも忙しい時と重なってしまって大変だったと思います
いつもお世話になっている獣医さんの協力もあり、無事に手術も出来たのですが・・・
でも、シロさんのおっしゃるように最後の夢ちゃんは幸せでしたね

[ 2010/03/06 23:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuucats.blog111.fc2.com/tb.php/11-6835cc7f