2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08






命がこぼれおちる前に

お友達の児童文学作家 今西乃子さんの新しい本 『命がこぼれおちる前に』 をご紹介します

 
 
命がこぼれおちる前に




千葉市動物保護センターに収容された動物の命を救う為に、寝る間も惜しんで
日々頑張っている職員さんとボラの仲間達のお話です




私も直ぐに購入し読ませていただきました






命を軽視し、簡単に捨てに来る人がたくさんいる中で

傷ついた命に手を差し延べる心の深い人がいる





怒り、そして失望



でも、一筋の光



素敵な人に出会った時の高揚、そして感動






それは、最後の最後まで 諦めない 諦めなかったから

救われた命がある事を教えてもらいました









こちらは撮影時の様子です


ピース


集合

一番右端が著者の今西さん、左端がカメラマンの浜田さん、真ん中の3人が今回の主役
ボランティアのメンバーです




普段は化粧っ気などまったくないメンバーですが、この日ばかりは
気合いが入ったばっちりメイクと、あれこれ1時間位は取っ替え引っ替えしたんじゃないかと
思うような綺麗な身なりなので見違えてしまいました (^^;)



犬猫の命を救うために諦めない彼女達も、普通の可愛い可愛いおんにゃの子なんだな~と
微笑ましく思いました








こちらは

待て!


ドッグトレーナーでもある千夏さんとマイちゃん


マイちゃん



マイちゃん、とってもお利口さんなワンちゃんだったので
すご~い すご~いと連発しまくりでした












お求めはアマゾン↓で、即ご購入できます (^^;)



            





是非、是非読んで下さいね 


















このお話の他にも、センターには様々な形で
関わっているボランティアさんがたくさんいます



センターに関わらなくても、自分が出来る事を出来る形でと活動している人もたくさんいます





一つの命を救うためには、たくさんの協力者、応援者があってこそ出来る事だと思います


理解ある獣医さんの協力

そして家族に迎えてくれる里親様




どんなに助けたくても、家族に迎えてもらえなければ助けてあげられません




それぞれが、自分の出来る事を・・・との思いで頑張ってくれている

そんな皆様に感謝、感謝の気持ちでいっぱいです









そして、里親さんを探して、命を託す

でも、そこは終着点ではないんです




それは、通過点であって、そこは新たな始発点でもあると思います

託された命がずっと幸せに過ごせて

迎えてくれた家族は、笑顔が増えて幸せを感じてくれて




そこが終着点だと私は思っています











スポンサーサイト
[ 2012/05/10 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuucats.blog111.fc2.com/tb.php/222-9f6e67c8