2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07






誠に申し訳ございませんでした!



(ハハー  土下座)



先日、プロのカメラマンのお友達ご夫妻が遊びに来る事になっていたので
絶賛里親募集中なのに まったく お問い合わせのない
この子達のとびっきり可愛い写真を撮ってもらおうと、ケージに入れて待っていました



ケージ入室中

下からハル君、サクラちゃん、めぐちゃん
保護猫達の中でも、比較的写真が撮れるんじゃないかな~と思ったお三方です




めぐちゃんなんて

まったりめぐちゃん

いつものお気に入りの場所で気持ちよさそうにおねん寝
あとはお客様の到着を待つばかりです




そして、待ち人来たるで携帯が鳴ったので、門までお迎えに出て
一緒にリビングに戻ると・・・




ぎゃ~~~~   大 変 !





めぐちゃんが、ケージから逃げようとして柵に挟まってパニックになっていました!

腰骨が挟まって、苦しんでもがいてたので、早く柵を広げて助けないとと思ったんですが
パニック状態のめぐちゃんが腕に噛み付いてきて、離そうとしても離しません

血もポタポタと出ていたので、これは怪我もしているし早くしなければと・・・

私は、とにかく一刻も早くと思い、噛み付いている口を必死に広げて腕を離し
柵を力づくで広げようとしましたが、まったく動きません

お友達のご主人は、あいにく車に荷物を取りに行っていたので、戻ってくる1秒も
待てなくて、レスキュー隊に助けてもらおうと慌てて119番をしていたらお友達が


あっ!   出たよ!


めぐちゃんが自力で抜け出てササーと逃げて行きました


その時、まだ119番は繋がっていなかったので、すぐに受話器を戻して
血で汚れていた所を拭いたり洗ったりしていたら・・・(やれやれ)

受話器が外れてるよ!ってお友達に言われて、あっ! ぶら下がってる・・・ 
で、すぐに受話器を戻しました

私も、かなりパニックってしまって、慌てた証拠ですね 


そうこうして安堵していたら、お隣の家の周りを救急隊員がウロウロするのが
窓から見えるではありませんか

そのお隣は親戚なので、何かあったのかしら? なんて不安に思っていたら
お友達が、さっき119番したからじゃないの? って・・・ (ガーン)


で、慌てて外に飛び出して、救急隊の方に 「隣の家の者ですが、何かあったんですか?」
って聞いたら、今、通報があったんですが誰も出ないんです、って・・・



『すいません!』



「それ、私が電話したんです!」
「実はコレコレシカジカで・・・ つながる前に切ったつもりだったんですが、本当にすいません」

「隣とは住所が一緒で、親戚なもんで名字も同じなんです」 
って説明してたら、私の腕の怪我にも気が付いてくれて

でも、怪我の方は 「自分で病院に行くので大丈夫です!」 って、言ったんですが
一応バイタルとかのチェックをしなければいけない決まりなので、と言われたので
車に乗って調べてもらいました


バイタル!   サチレーション!   血圧は高いほうですか?



とまあ、 私の好きな救急ものの医療ドラマで良く見るあれですよ! 奥さん!

実は、バイタルもサチレーションも、正確な意味知らなかったんですけど
たった今、調べてみました (あはは)


で、図々しいとはこのことですが、本音を言うと傷の応急処置をして欲しかったんです

今日は、これからも予定が入っていて病院に行けそうもないし
明日は、終日研修で、キャンセルすると払った費用が私にはバカにならない額で手術代3頭分なんです
よりによってタイミング悪すぎ・・・

傷の方は、少し出血している位で、痛みも我慢できる範囲なんんですが
何より痺れが出てるのがちょっと心配になって、ひょっとして神経に傷がついた・・・
なんて思ったもんですから

でも、こんな大迷惑をかけてしまったので 「大丈夫です 自分で病院に行きます」
って言ったら、無理しないで何かあったら直ぐに呼んで下さい! ですって (;_;)

ダメですよ! こんな軽傷な患者に救急車を回したら
いつもニュースで、タクシー代わりに使う身勝手な人達の事を呆れてみてたんですもん

それと、こう言うことでレスキュー隊を呼ぶのは、NGなんだそうです (><)



私も、とっさにレスキュー? それとも保護センター? って考えたんですよ

確かに保護センターの人も来てくれるかもしれませんが・・・

「もしもし すいません うちの猫がケージに挟まってしまったので助けて下さい!」

えーと 猫がケージに挟まった・・・

家の中のケージなんですよね 何とか道具で広げるとか、やってみたらどうですか~

「出せたら電話してません!」 イラッ

そうですか~  それは困りましたね。。。

えー お住まいはどちらですか?


なーんて、のんべんだらりとこんなやりとりになるんじゃないかと思って・・・ 


でも、どうなんだろう
今回は結果オーライだったけど、もっと危険性のある状況だったらSOSしてもいいのかなあ?


シア&ジルのお父さん!

奥様が長ーいお留守で、寂しくしてないですか?

(あっ! 間違えた) じゃーなくて、もし見てたらそっと教えて下さ~い




傷の方は、とりあえず流水でよく洗って止血(押さえておく)をすれば大丈夫だろうと思って
でも、後で腫れてくると思うから抗生剤も飲んでおいた方がいいわね
ちょうど猫風邪用に常備してるのがあるから本当ラッキー
それと不妊手術した時に「飲ませられたら飲まして下さい」って貰って飲ませられなかったのがあるし
(術後直ぐにリリースしたから) で、どっちがいいかしら?? 
やっぱり外科だから手術の時の物の方がいいかな・・・
体重5キロから7キロ位までが1錠みたいだけど、とりあえず5錠飲んでおけばいいかしら・・・
(計算は合わないけど、多ければいいってもんでもないし)
なんて、あれこれ考えたんですが、やっぱり素人判断は危ないので止めました!

その後は、時間の経過と共に腫れも出てしまって、夜には右手でご飯が食べれない位でした
歯もみがけなくて結構不便・・・

で、翌日の夜にやっと病院に行けたので、その後は痛み止めが効いて右手も使えます


そうそう、処置をしてくれてた看護師さんが 「うちの母も飼い猫が目の前で交通事故にあったので
急いで助けようとした時にパニックになってる猫に思いっきり噛まれたんですよ 
でも自分の事はさておいて、直ぐに猫を病院に連れて行って、やっと一段落してから病院に行ったら
えぐれる位の大きな傷だったので、そのまま入院する羽目になったんですよ
だから、来てくれて良かったですよ」 

お母さんの気持ちわかるな~  そうなんですよね  やっぱり自分の事より猫が一番心配なんですよ~

なんて猫好きの会話をしてきました (^^;)




まったく
ドジなんだから




関係者の方々、および県民・市民の皆さま! (地方税で良かったかしら?)


この度は、誠に申し訳ありませんでした! 




可愛いめぐに免じて
許してね





いやあー でも
やばかった・・・




めぐちゃん! 本当にごめんね

もう、絶対にケージには入れないから許して

そうそう、めぐちゃんは無傷でした!

血は全部私のでした (ーー:)






それと話は変わりますが、私にとってはどの子もみんな平等に可愛いんですが・・・
めぐちゃんに対する思いは特別の物があるので、本当に早く幸せになって欲しいと思っています



可愛い可愛いめぐちゃんは絶賛里親募集中です!
よろしくお願いしま~す



お見合いの時にケージに入れられないんですけど・・・ 


(困ったな~)










スポンサーサイト
[ 2013/09/07 ] 日常 | TB(0) | CM(3)

大変でしたね

パニックになるお気持ち、わかります。

猫未飼育の私なりに思うのですが、
保護センターがもし来てくれるとしても、
サイレン鳴らしてスピード出してができないので、
待つ時間が長いのでは?

あと、その怪我、その病気のときに処方された薬以外は
飲まないでください!
「母に処方された頭痛薬」「前にもらった薬」を
飲んでいたなんていう方、よくいらっしゃるのですが。

めぐちゃん、ケージ嫌いなんですね。
今後、新しいおうちに移動したら、
ひと部屋占拠の必要があるのでしょうかね。

最後に、私の方の話を聞いてください。
記事中、
さっき119番したからじゃないの? って… (ガーン)
を読んだその瞬間、
近所のお寺の鐘が、「ガーン」と。
事実なんです。

優さんは、怪我がめぐちゃんじゃなく自分でよかった、
と思っていらっしゃるのでしょうね。
猫好きな方は、きっとそう。
どうぞお大事に。
[ 2013/09/08 06:22 ] [ 編集 ]

それにしても

たびたび失礼をば。

それにしても、と思ったんです。
優さん、話の展開がお上手です。

受話器、置いたと思っていたら!!
めぐちゃん、流血したと思っていたら!!

と、どんでん返しを用意してくださる。

講談師に向いてらっしゃるのでは?
[ 2013/09/08 07:35 ] [ 編集 ]

Re: 大変でしたね

> ぱちょりんさん

ありがとうございます
そうなんですよね、気持ち的には一刻も早く助けなければ・・・
と思ったので、ついレスキューなんて焦ってしまいました

> あと、その怪我、その病気のときに処方された薬以外は
> 飲まないでください!
> 「母に処方された頭痛薬」「前にもらった薬」を
> 飲んでいたなんていう方、よくいらっしゃるのですが。

はい やっぱりそうですね
お医者さんから見ると、そういう患者さんが多くて
心配してしまいますよね (^^;)

めぐちゃんはケージが嫌いな訳ではないんです。
知らない人が入って来て怖いので逃げたい!
なのに逃げられない状況・・・

なので、新しいおうちに慣れるまでの間だけ
ちょっと工夫が必要かと思います。
でも、新しい環境に置かれると、猫は猫なりに
必死でそこに慣れようと頑張るんですよ
本当にいじらしいんです

> さっき119番したからじゃないの? って… (ガーン)
> を読んだその瞬間、
> 近所のお寺の鐘が、「ガーン」と。
> 事実なんです。

それは偶然というにはあまりにもタイミングが会いすぎて
逆にビックリしましたね

それと過分なお褒めのお言葉でお恥ずかしい限りですが
講談師って言われたのは、後にも先にもこれが最後だと思いますよ
おしゃべりは苦手の苦手で、人前でお話するのはその何十倍も苦手なんです

ぱちょりんさんはお仕事から見ても、とっても綺麗にお話されるんでしょうね (^^)

[ 2013/09/08 17:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuucats.blog111.fc2.com/tb.php/359-5e0452ba