2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08






ケメちゃんを苦しませないで!


昨日は久しぶりにケメちゃんに会いに行って来ました
本当は3月早々には行く予定にしていたのに、仕事がずるずる延び延びと
予定が狂いに狂ってやっと会いに行くことが出来ました


ケメちゃんは今年の1月から抗がん剤治療を開始しています
抗がん剤は週に1回、静脈点滴でゆっくり時間をかけて入れていきますので
通院もそれなりに時間がかかります
もちろんケメちゃん自身も大変なストレスだけど、里親さんにとっても大変です


でも、治療が功を奏して元の元気なケメちゃんに戻ってくれればそんな苦労は吹っ飛びますね
一番初めの治療では先生も驚くくらいの効果があって、その後も順調に治療が進んでいました


里親パパさんからも、いつも元気な様子のケメちゃんのお便りを頂いていたので
本当に安堵し、そして本当に嬉しかったです


そして、12日にお伺いしたいと連絡した時も腎臓の数値は心配な数値になってきてはいるけど
ケメちゃんは元気です!と連絡を頂いていました


でも、その数日後に元気がなくなってきたと連絡をいただき、もう心配と不安な思いと
なんでもっと早く行って上げなかったんだ、と後悔の思いで12日を迎えました


そして、5日の血液検査の結果とその当日の検査結果の数値を説明をして下さったのですが
あまりにも急激な数値の上昇に愕然としてしまいました


私は、楽観的でどうしようもないほど能天気な性格なので、きっと一度は寛解まで
良くなるはず、とそう思っていましたので


でも、今は目の前の厳しい現実を受け止めなければいけません
里親ママさんパパさんの方が、ずっとずっと私の何倍も胸を痛めているのに
私が動揺してる場合ではありません





ケメちゃんは、いつもだったらニャ~ニャ~泣きながら元気な姿を見せてくれて
触らせてもくれるのに、その日はベットの下で蹲って鳴き声を発することもありませんでした




ケメちゃん




ケメちゃん! 身体がしんどいのにカメラを向けたりしてごめんね
ケメちゃんのお顔が見たい私のわがままな思いだけで、写真を撮らせてもらって
カメラの中のケメちゃんを見ました
そっとしてあげるのがいいと分かっているのに、私のわがままで身体も撫でさせてもらいました




ケメちゃん




痩せて尖った背骨が手のひらに刺さって、そしてケメちゃんの辛さが私の心にも刺さりました
くっきりとアイラインの入った、上がり目の目尻が特徴のケメちゃんのお目目が
更に痩せて上がっているように見えます
じーっと、じーっと、ひたすら耐えて頑張っているケメちゃんを少しでも楽にしてあげたい




ケメちゃんの病気が分った時に、次にお邪魔する時に持って行こうと
事前に用意しておいたサプリメントを袋から出したら
ママさん既に使って下さっていました


癌とか難病とかの病のサプリって高価な物が多くて・・・


でも、藁にもすがる気持ちなので良いと聞けば何でも試してみたいと思ってしまいますが
そのサプリは病院でも売っている物なので、きっと効果も期待できる物だと思います


で、どう?って聞いたら、ケメちゃん食べてくれなかったそうです


食欲も無くなっている状態だし、レビューでもそんな体験談が載っていたので
そっかーと・・・


それと、万万が一、病気が進行してご飯が食べれなくなった時の為にと
これも一緒に用意しておいたケアフード
どうかどうか、ケメちゃん一口でもいいので舐めてくれますように




そして、本当は元気なケメちゃんの様子と一緒にご紹介するつもりでいた
体験者さんからいただいた激励のメールをご覧ください



いつもブログ、読ませて頂いてます(^^)

今日は、突然のメールで失礼します。
でも、どうしてもお話したかったので…

リンパ腫の抗ガン剤治療の記事を読みました。

私もニャン5匹と暮らしてします。


5にゃん家族


みんな高齢です(-。-;
そのうちの、お母さん猫のもも。の話をさせて下さい。


ももちゃん


ももは生後何週間くらいの時にうちに来ました。
それから、旦那さんを迎えて、出産して…今年で15歳です。

ももは4年前に悪性リンパ腫になりました。
病気になった時は、ガリガリに痩せ、貧血、脱水。
獣医さんも、抗ガン剤治療に耐える体力がない。とおっしゃいましたが
病気がわかった以上、何もしないでいる事は出来ません。
すごく悩んで悩んで、治療に踏み切りました。

まず、体力回復のために、鼻から胃に管を直接通して、固定して、高カロリーのフードを
ミキサーでといたものを、1日に8回ほどにわけていれてあげる。
夜中も数時間置きに起きて、フードをあげました。

次に貧血だったので、ももが産んだ子から血液をもらっての輸血。


CAYGOVAX.jpg


点滴キットをかりて、家での輸液。←難しかったです(-。-;

そんな生活を3週間ほど。
少し体力が回復したのでリンパ腫の抗ガン剤治療に入りました。

ももの場合は、膵臓に影があり、腫れている様でした。
抗ガン剤を週1回、毎週違うお薬で6週間。これが1クールです。
それを4クールほど行う、と言う治療でした。

やっぱり2クール目で、膵臓の影が消え、びっくりするくらい元気になりました。
体重も増えて、病気になった当初の面影はありませんでした。
副作用でヒゲが抜けて、先生は一度抜けたヒゲは生えてこない。とおっしゃいました。

が!立派なヒゲが生えてきました。笑。

結局、4クール行わずに、3クール目の途中で治療は終わりになりました。
若い猫ちゃんでリンパ腫で抗ガン剤がきいた場合でも再発まで平均3年。と聞いていました。
うちのももは4年たった今も元気です!

あの時、諦めないで治療をして本当に良かった… 
治療中は私も体調崩したりと、本当に大変でした。
ももを抗ガン剤治療のために朝病院に預けて、仕事に行き、夕方帰宅して子供達のご飯、家事・・・
ももを迎えに行かなきゃ~と思いながら寝てしまい、夜遅く先生から電話がかかってきて
慌ててお迎えに行った日もありました。

でも、今日も元気に過ごすももがいます。

ブログの記事を読んで、その時の事が思い出されたので、メールしてしまいました。

飼い主様は辛くて悲しい日々を送っていると思いますが、リンパ腫は抗ガン剤が効く病気です。
がんばって下さい!とお伝え下さい。





Kさん!
本当にありがとうございました
私も里親さんもどんなにか励まされたかわかりません


ももちゃんも本当に頑張りましたね


そして何よりもKさんの頑張りには頭が下がります
看病とお仕事と、そして子育てと治療費の負担と・・・


決して誰にでも真似が出来ることではありません
ももちゃんの存在がペットの位置づけではなく、子供達と同じ
家族の位置づけだからこそ出来たのだと思います


でも、もし私がその立場に立ったら、果たして同じことができるだろうか・・・
介護の辛さに根を上げてしまうかも・・・と思ってしまいます


でもでも、ももちゃんが元気になって本当に良かったですね
私もとっても嬉しいです


それに、何と言っても同じ病気の方の体験談ほど
頑張ってる猫ちゃんとそのご家族の励みになるものはありません
これは猫も人間も一緒です


里親パパさんママさんも、ケメちゃんの為に本当に頑張ってくれてます
もう本当に有り難くて感謝の言葉もありません


ケメちゃんに残された時間が、限られた時間だとしたら
どうか神さま! 
ケメちゃんをこれ以上苦しめないで下さい お願いします!





そして、たぬちゃんのファンの皆さま!
久しぶりのたぬちゃんをご覧下さい




たぬちゃん



ヘタレっぷりは、永遠に変わりませんね (^^:)
ケメちゃんと一緒にベットの下に取りあえず非難・・・



たぬちゃん



たぬちゃん!
ケメちゃんを見守っていてあげてね
ママとパパがお仕事でお留守の時は、ずっと傍にいてあげてね
何かあったらすぐに知らせてちょうだいね











スポンサーサイト
[ 2014/04/13 ] うちの子自慢 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuucats.blog111.fc2.com/tb.php/416-d013a536