2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05






我が家の末っ子かんぺいちゃん

4月生まれのかんぺいちゃんは今年で5歳になります



5歳



5月ころに、食後頻繁に吐くことが数日続いた事がありました



げっそり



これは、ちょっと普通じゃないないから今度の休みは病院だな、と思っていたら
そのうち治まりました



病院は嫌だから




かんぺいは、のんたんがとにかく一番好きなので
いつものんたんピッタン子さんになっています



ピッタン子



それが6月に入って、気がついたら、ひとり2階で過ごす事が多くなりました



ひとりでいたい



そして、朝目覚めると、私の枕元で身体をくっつけるように寝ていることも多くなりました

いつもは足元の方で寝ていたので、かんぺいも随分甘えん坊さんになったもんだな~
と、能天気に思っていました





その後、ご飯の時間になっても、呼んでも降りて来ないようになったので
2階まで運んでましたが、あんまり食べようとしません
あれこれ食べてくれそうな物を見繕って口元に持っていって
やっと少しだけ食べてくれる感じです


一日のほとんどの時間をひとり2階で過ごして
時々リビングに降りて来ては訴えるように泣きます

その泣き方が尋常でないし、明らかに具合が悪そうなので
直ぐに病院に連れて行きました




病院




体温は40°で高めではありましたが、猫は病院に連れて来られただけでも
興奮して上がる場合もあるのでと・・・


そして他に気になる所見もなかったので、先生は取りあえず吐き気どめの薬を処方するね
と、おっしゃったんですが、私は 「先生! 薬なんていりません!」
「今は吐いてないし・・・  それより血液検査をして下さい!」  とお願いしました

何だか、FIPの3文字が頭から離れなかったんです


で、検査結果が出るのを待っていたら、神妙な顔をした先生に手招きされたので
ドキドキしながらまた診察室に入りました


総蛋白(TP)      基準値  5.7ー8.9 が 9.4
アルブミン(ALB)  は標準値
グロブリン(GLOB)  基準値  2.8ー5.1 が 6.8  
総白血球数も高めでした

高グロブリン血症?

これはFIPを否定できない数値でした


白血病を発症してる可能性もあるからと言われて、念の為、もう一度FIVとFelvの
ウィルスチェックも受けましたが、こちらは陰性でした


コロナウィルスの抗体価が低ければ、可能性を否定できると思ったので
この検査は外注なので直ぐに結果が出ませんが、取りあえず検査をお願いしました


結果は抗体価は1600!  
陰性の場合は100以下なので高めの陽性でした


FIP(猫伝染性腹膜炎)は、確定診断を下すのが、とっても難しい病気で
確定できる時には末期になっています


去年、地丸君を1歳で奪った、憎くて怖い病気です




かんぺいは、まだ腹水とか胸水が溜まってる様子はないとの事でしたが
この病気は、本当に様々な症状が出るそうです


人間のガンだったら、早期発見で完治する場合もたくさんありますが
FIPは早期だからと言って・・・



その後、呼吸が荒いのがとっても気になったので、胸のレントゲンも撮ってもらいました


結果は、真っ白で両肺の前葉と中葉が潰れていました

正常の時だったら肺の影に隠れて見えない (確か大動脈と言ったかな?) 
はずの物が見えてる状態だと言われました

ただ、残りの肺で呼吸できているので、すごく苦しいと言うことはないそうです

エコーでは腫瘍らしきものはありませんでした



これは、ひょっとしてFIPではなくて他の病気? 
と、一筋の光が見えそうでしたが
FIPはいろんな症状があるから、今の段階では何とも言えないと・・・





時間があれば・・・

気がつくと・・・



ウツロ



ネット検索をしてしいる自分がいます

猫 FIP 完治!

猫 肺真っ白 潰れている






FIPは、今の獣医学では対処療法しかありません
インターフェロン、ステロイド、抗生剤・・・


先生はインターフェロンは気休めでしかないと思うよ! って本当に正直過ぎる・・・


でも、何もしないでいるなんて出来る訳がありません
気休めだってなんだって、いいと思うものはなんだってやってあげたいと思っているし
諦めるなんて早すぎます!


直ぐにステロイドも始めたい気持ちだったんですが、先生にまだ早いと言われたので
今は、一日おきにインターフェロンの注射を打っています


抗生剤はいつも常備していますので、初期の段階から勝手に判断して
ご飯に混ぜて食べさせていました
ただ、今は薬入りは食べてくれなくなったのでコンベニアの注射に変えてます


で、結果、抗生剤を直ぐに飲ませていたのが良かったのかもしれません


ご飯を食べてくれるようになりました!



ポリポリ

カリカリも食べてくれます (号泣)



まだまだ引きこもりの時もありますし



引きこもり




苦しいのを訴えたいのか不安なのか、パソコンの前に割り込んできますが



不安




また、リビングで復活ピッタン子さんを見られるようになった事が本当に嬉しい毎日です (^^)



復活




猫の呼吸数は40位なんだそうですが、かんぺいの呼吸数は50前後



かんぺいちゃん




呼吸数が少しづつ減ってくれれば薬が効いて良くなってる証なので
毎日、呼吸数を計る日々です





かんぺいちゃん




* 猫伝染性腹膜炎 (FIP) は、伝染性と怖い病名がついていますが
この病気は感染りません!

どうぞ、誤解なきように!




そして、実はのんたんも少し心配な状況ですが、また詳細は後日に




















スポンサーサイト
[ 2014/07/16 ] 我が家の子 | TB(0) | CM(4)

かんぺいちゃん、頑張れ!
病気になんて負けるな~!

[ 2014/07/23 23:49 ] [ 編集 ]

お久しぶりです!
かんぺいちゃん、心配ですね…
ご飯を食べてくれるようになったとのこと、どうかこのまま元気になってくれますように。
頑張れかんぺいちゃん!!
のんたんちゃんも頑張って!
腎不全・関節炎…でもできるだけ辛い思いをせず穏やかに長生きしてほしいですね。
暑い日が続きますし、優さんご自身もお体ご自愛下さいませ。
[ 2014/07/26 08:03 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> まるふくさん

ありがとうございます。
かんぺいちゃん元気です。
ちょっと忙しくて更新できなかったので
皆さまにご心配をかけてしまいました。
すいません。

食欲は正常に戻ってます。
呼吸もそんなに苦しそうでないので、また近々検査をしてみるつもりです。

夕ちゃん! 去年保護したウランちゃんにそっくり。
きっといいご縁があると思いますよ。
応援していますね。もちろん小夏ちゃんもよ^^

[ 2014/07/26 13:12 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> きりりんさん

こちらこそご無沙汰しています。
お変わりないですか!

かんぺいちゃんは元気です。
ご心配かけてすいません。
食欲は復活しているので、本当に
このまま元気でいてくれる事を祈っています。

のんたんは、腎臓の数値がぁ・・・
療法食は食べてくれないけど、食欲はあるので
まだまだ頑張って元気でいてくれると思っています^^
[ 2014/07/26 13:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuucats.blog111.fc2.com/tb.php/446-772c4736