2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09






ぼんちゃんの病院騒動記

少し肌寒い日も多くなってからは、このカプセルホテル(キャリーバック)の中が
ぼんちゃんのお気に入り場所になってます




P1280134 - コピー




なので、先週そのまま拉致して




P1280342.jpg




有無を言わさず強引に病院に連れて行きました!




P1280343.jpg




で、診察室に入るなり「今日の子は凶暴でっす!」とちょっとオーバー気味に説明をしまして
診察室のドアをきっちり閉まってるのを確認してからキャリーごと診察台の上に乗せて
洗濯袋(病院の)を用意してもらってから蓋を開けようとしたら、何気にそばにある
エコー機器の蓋(?)をする先生・・・(先生も用心に用心を重ねて・・・)


でも、先生は日頃からこういう扱いに慣れてるのですんごい上手いんですよ
今までも失敗無しだったので私も安心はしてたんですが
今回も見事にスムーズに袋に入れてくれました♪


気になっていた体重は4.65kg! 
6kg近いかも~と思っていたので意外とスリムなぼんちゃんでしたね(^^)


で、袋入りのぼんちゃんを抑えてくれてるのは可愛らしい看護師さんで
もし引っ掻いて怪我をさせたら申し訳ないな~と、何か不安を覚える私・・・


すると洗濯袋の中で固まっていたぼんちゃんが恐怖に負けて暴れ出しまして
気がつくと洗濯袋が破け出してアワヤ!の状態に・・・


ここで逃げられたら大変な大惨事になってしまうので私も相当慌てまして
急いで顔を布で覆ってしまおうとキャリバックのカバーをかけようと思ったんですが
あいにく来る道中にキャリーの中でオシッコをチビっていた為、ご親切にも
看護師さんが拭く為に診察室の外に出していて布が取れない・・・


そうだタオル(勝手知ったる病院の)タオルがあったわ!と慌てふためいていたら
先生がサッ!っと、もう1枚あった洗濯袋を上から重ねて入れて
アワヤ大惨事!とういう状態にならずにすむ事が出来ました~(大汗脇汗ビッショリ)


そんなこんなで、無事にワクチンを打つだけで精一杯だったので
触診も、お口の中のチェックも、体温も、全て省略です(予想はしてたけどね)


それでも2枚重ねの洗濯ネットの上からしっかり後ろ足の太ももを確認して
打ってくれたので、先生流石です!本当にありがとうございました!




ぼんちゃんに付き添ってくれたリノちゃんは



P1280338.jpg



余裕の余裕の余裕の3ヶ月前の子猫ちゃんなのにね・・・
ぼんちゃんは推定3歳)





ぼんちゃんは、行きの道中では結構大騒ぎだったんですが帰りはまあひっそりと・・・


で、玄関に入るなり直ぐにキャリーの蓋を開けてあげたら
一瞬「ここは何処?」状態になったあと直ぐにダッシュで逃げていきました


でも、夕飯時にはいつも通り、私の膝に前足を乗せてご飯を食べたんですよ(^^)





そして、翌日の朝ごはんの後




P1280352 - コピー




何故かキッチンの出窓で身を隠すぼんちゃん




P1280353.jpg




そうそう ぼんちゃんえらいわ!



P1280355.jpg





そんな風に早めに危険を察知するのって大切よね




P1280357.jpg




今は、何処でどんな惨事や災害に巻き込まれるか分かんないからね







でも、それから三日後には




P1280449.jpg




もう




P1280451.jpg




カプセルホテルでまったりと過ごすぼんちゃんなのでした~





お願い! 
病気だけは絶対しないでね!

























スポンサーサイト
[ 2015/09/30 ] ぼんちゃん | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuucats.blog111.fc2.com/tb.php/585-c312d085