2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10






3月の捕獲作戦は?

寒さ真っ只中の2月初旬だったと思います、偶然1匹の猫ちゃんと出会いました
その日はお天気も良かったから陽向ぼっこでもしてたんでしょうね
サビ猫の女の子で、大きさ的には子猫~中猫くらいでしょうか
広めの駐車場の奥の方にポツンといたので、状況から判断して野良ちゃんだと思いました


たまたまカリカリを持っていたので、お近づきの印(捕獲下準備)に歩みを1歩進めたら
ササッーと更に離れた場所に行ってしまいました
このタイプは間違いなく苦戦を強いられるタイプですね


で、その子のいた車の下にカリカリを置いて、付近を捜索してみることにしたんです
多分、家族も近くにいるはずだから(一斉捕獲)


キョロキョロと他人様のお宅や庭先を覗き込んだり、駐車場やアパートの場合は
関係者じゃなくても勝手に入っていったり、はたまた階段を上がって高台から見下ろしてみたり・・・


猫の為と大義名分があったとしても、まるで不審者そのものなので
我ながら毎回凹む作業ではあるんですよ(オバさんが何やってんだか・・・)


で、探してる時には見つからないもんなんですよ
(探してない時には遭遇するもんなんです)
その日も、他には猫1匹ネズミ1匹にも出会えませんでした


その後戻ったら、まだサビちゃんがいてくれて、警戒心いっぱいに
離れた場所からこっちを伺っていましたね
いちおう期待を持って車下を覗いたら、1粒も減ってなくて置いたまんまでした(苦戦確定)


で、しょんぼりとカリカリを拾っていたら、突然 「優しいかたですね!」って
男の人が車から出てきたんです(びっくりぽん)


続いて 「僕もあの子が可哀想でずっと気になっているんです」
「この駐車場のオーナー(おばあさん)は大の猫嫌いで、ネズミの駆除と言って
猫用の毒餌を撒いたりしてるみたいです」、と・・・(ヤバッ)


なので、貴方に慣れてます? 捕まえられます? 餌付けできます?
って、聞いたら 「無理です!ここで上げてバレたら大変なので」・・・(更に苦戦度アップ)
で、翌日から捕獲セット持参で何回も足を運んでたんですが、一度も遭遇できないでいました


それから1ヶ月位たった3月8日の事です
その場所から少し離れたところで偶然この子と遭遇しました



P1300064.jpg



大きさ的にはサビ猫ちゃんと同じくらいだと思いました(という事は兄弟の可能性大)
直ぐに聞き込みを開始しながら、地域猫TNRなんぞの説明をして(以下省略)
この付近を昼となく夜となくウロウロするけど、不審者じゃないので安心して下さい!と言い残し
急いで捕獲セットを取りに行って戻ってきたら、もう影も形もなかったんですw(涙)


その後も、「探してるときには見つからない」の諺通りの日が続いていたとある日
今日もダメだったか! トボトボ帰るしかないか! と、思いながらも
その前にもう一回りしてから帰ろう!と、少し離れたアパートに行ってみたら
何といました!(ヤッタネ)



P1300127.jpg
(この写真はその時のではないです)


茶トラが2匹、いや3匹かな? 他にも3匹位いたかな? 全部で6匹はいるのかな?
なんせもう日が暮れて真っ暗だし、ちょっとでも近づくと蜘蛛の子を散らすように逃げちゃうしで


で、慌てて捕獲器をセットし、離れた場所から懐中電灯をあてて様子を見てました



P1300105.jpg
(翌日の写真)



やりました! 入ってくれました♪



P1300110.jpg



茶トラは大小の複数いる事を分かってたので、小さい子は里親探し、大きい子はリリースと
決めていて、この子は大きいほうだと思ってリリースをしてしまったんですが



P1300144.jpg



逃げていく後ろ姿を見て、あっ!小さいほうだった・・・ と、気づいたんです(ゴメン)




この子が大きい方なんです



P1300127.jpg



この子は翌日に再挑戦したんですが、捕獲器を設置した場所がデコボコしていた為
入った途端にカシャ!って音が出てしまって、折角入ってくれたと言うのに失敗に終わってしまいました


前日のを見てたからかなりの警戒モードで、それでも時間をかけて、やっとやっと
入ってくれたと言うのに・・・(ドジアホ)
それからは 「何処にいるのかリール♫」(ふるっ)



で、茶トラちゃんと一緒に確保出来た子はこの子です



P1300086.jpg



サビ猫ちゃんではなかったですが、自転車の下にいたキジトラちゃんの方です
この子は茶トラちゃんの兄弟だと思うので、リリースをせずに里親さんを探す事にしました



P1300225.jpg



それとこの子!



P1300166_2016040515363336e.jpg



同じキジトラちゃんですが



P1300167.jpg



この子は



P1300164.jpg



たぬちゃんとポポちゃんのお母さんの冬子がいた場所で確保しました



P1300221.jpg



術後はリリースです(ゴメンね)



P1300222.jpg



後ろ姿がいやに哀愁あるな。。。



今回の手術は、千葉市の「飼い主のいない猫の為の手術」を利用させてもらいました
実は補欠当選してたんです(ラッキー)


同時に、駆虫薬のレボリューションを持込して投与をお願いしました
このノミダニとお腹の駆虫の為のレボリューションとミルベマックスは
皆様から頂いたご寄付で購入させてもらっています
本当にありがとうございます(深々と礼)


そうそう、レボリューションはリリースした子達にも年に2回位だけど付けてるんですよ
雅人や七男・夏子など触れる子限定になってしまうけど・・・

フードに混ぜてあげられるミルベマックスの方は触れない子にもあげています
これも年に2回くらいしか出来ないけど・・・

せめて、一時的と分かっていても痒みから解放してあげたいですし
虫に栄養を横取りされるのも、少しの間だけでも阻止してあげたいと思って





そんなこんなのとある日、捕獲準備のフードを仕込んでいたら、すぐ近くで猫の泣き声が
これは匂いに釣られてきたんですね(捕獲用の餌=匂いが強い)



P1300122.jpg



流れ者ならチャンス!と思ったんですが、よく見ると耳先がカットしてありました
うちの周りで手術してくれる人がいるなんて♪と、急に嬉しくなったんですが
よくよく見ると、5年位前にリリースしたジュルちゃんでした♪(なあんだ)




そしてまた別の日、急に猫たちがザワ付き始めたので何事かと隣の部屋を覗いたら



P1300323.jpg



これまた見慣れないキジトラが部屋の中を覗いてるではありませんか!
(あんれまあー またこの子も手術せねば・・・)
と、よく見たら、あれ?耳先がカットしてある(誰かしてくれたんだ!嬉しい♪)



P1300325.jpg



と、よくよく見たら、この子、先日リリースしたキジトラちゃんでした



P1300326.jpg



でも、リリースした1週間後なんですよ
普通は怖い思いをしたら近づかないと思うんだけどね
長い時間玄関先に置いてたのと、車の中で1泊したのとで匂いで覚えていたんでしょうね
それと、焼ささみの味が忘れらなかったのかもしれないです
なので直ぐに焼ささみをあげました



P1300327.jpg



その後も、ここに居続けるので



P1300328.jpg



ランチもご馳走して



P1300330.jpg



ディナーも振舞いました



P1300332.jpg



このダザ振りが何とも可愛くて、この子は六(ろく)だな!と、直ぐに名前が閃いたんですよ
と言うのも、昔、六郎って言うダサい同僚がいたんですが、その子によく似てるんです(ぷっ)



P1300333.jpg



結局、その日は深夜までいたみたいです



P1300334.jpg



見れば見るほど嵌っていく可愛さ(ダサさ)で、何とも言えない愛嬌があると思いませんか
ぼにたんと同じで、この子もおうちに入りたいのかな?と思ったので、うちの子たちに聞いてみました



どうよ!

入りたいアピールをずっとしてるけど、仲間に入れてあげる?




P1300335.jpg




あっそう! ぼんちゃんはヤなのね・・・



それを感じとったのかどうか、翌日からは姿を見せてないんです
多分すれ違いをしてるだけなんだと思いますが



で、今回手術した3匹は全員男の子でした(女の子を先にしたかった)
残った子達も引き続き手術をするつもりで捜索しているのですが、その後はパッタリと
姿を確認できないでいるんです


もちろん、あのアパートや駐車場にも何回も足を運んではいるんですが
それに、サビちゃんは間違いなく女の子だし、母猫もいるはずだから早く手術をしないと、と
気持ちばかり焦っていても、居場所が分からない事にはどうすることも出来なくて


こんな時に、探して捕獲してくれる商売の人がいたら、即効に頼みたいとこなんだけど
そんな商売ないもんね


でも、消えるわけはないしね
みんなで遠くに移動ってのも、あんまり考えられないし
移動するとしても、そう遠くない場所だと思うから
引き続き諦めないで、粘って探してみますね




















スポンサーサイト
[ 2016/04/05 ] 地域猫&TNR | TB(0) | CM(2)

本当に何匹も

何匹もいるのですね。
ご努力に頭が下がります。

私の知っている六ちゃんは、
まじめな大工さんでした。

来年の桜どきは目黒川クルーズですか???
川べりでコーヒー飲んでいたら、
それは私です。
[ 2016/04/06 19:54 ] [ 編集 ]

Re: 本当に何匹も

> あら! ぱちょりんさんも六ちゃんって言う
お知り合いがいらっしゃるんですか!
でも、こちらの六ちゃんは、真逆のセクハラ男だったんですよ。
なので、猫の六ちゃんに悪いかな?とも思ったんだけど(笑)

>来年の桜どきは目黒川クルーズですか???
> 川べりでコーヒー飲んでいたら、
> それは私です。

来年は、川から必死に探してると思いますよ(笑)

[ 2016/04/06 22:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuucats.blog111.fc2.com/tb.php/647-3af60f62