2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12






ぼんちゃんの春

きんちゃんへのお祝いを拍手コメントで下さった皆さま!
コメント返しが出来ないシステムになっていますので、この場を借りてお礼を申し上げます
嬉しく拝見させていただきました♪ありがとうございました(^^)

またメールでのお祝いもありがとうございました♪
特に時間がかかってる子は、こんなにも皆さまにご心配して頂いてるんだーと
シミジミと嬉しく思いました
まだ募集をかけれない組も複数いますので、皆さまの応援を励みに今後も頑張ります(#^.^#)


さて、今日は新入り君の紹介をする予定でいましたが、急遽、まだ募集をかけれない組の
ぼんちゃんの事です



P1300136.jpg

ナータンが入ってないけど首輪が着いてない子=触れない子=募集かけれない組です



P1300090.jpg


ぼんちゃんのぼにたんと現ぼんちゃん(まぎらわしい)
体重 ぼにたん5.8kg  ぼんちゃん4.65kg(一回り小さい&肝も小さい)

同じ黒猫なのに体重&性格がまったく違います
なんでだろう? 尻尾の有る無しの差かしら?(な訳はない)



実はぼんちゃんいま体調が悪いんです
異変に気づいたのは2週間位前で、トイレに何回も入ってる姿を見かけて
注意深く観察してたのですが・・・


P1300401.jpg


トイレ頻繁で真っ先に考えられるのは尿路系の病気です
でも、ぼんちゃんは触れない組なので、簡単に病院に連れては行けない・・・
但し、そんな事を言ってる場合じゃないときは何が何でも確保しなければなりませんが


で、とりあえず膀胱炎を疑って抗生剤を飲ませてました
抗生剤はチュールに付けて差し出すと喜んで食べてくれます
ついでに口~頬~前足と、実はここまではお触りが出来るようになってたんですよ(スゴイでしょ!)


ドライフードは普段から尿路系(低マグネシウム)に配慮した物を上げていて
かつお節や煮干等のマグネシウムの多い物は完全NGにしてました
でも、なる子はなってしまうもので完全に防ぐのは難しいです


直ぐに先生に相談したら、やはりストルバイトが1番に疑われるとアドバイスを頂いたので
療法食のヒルズs/dに切り替えました


尿検査もしたいので採尿したいところなんだけど、これもまた簡単にはいかなくて
でも、夜中にハッ!と閃いたんです


「そうだ!2階の猫部屋に閉じ込めてトレイにトイレシーツを敷かなければオシッコが取れる!」
「なんで、こんな簡単な事も思いつかなかったんだろう」(アホだから)
で、翌日にすぐTRYしてみることにしました


その翌朝のことです
いつもは新入り君とぼんちゃんのドタバタ運動会で毎日起こされるんですが
その日はぼんちゃんの気配がなく慌てて飛び起きて探しました
すると1階ケージのベットに引きこもって明らかに容態が悪いのが分かりました


そして、玄関のタタキやキッチンマットに粗相がしてある事に気づきました
粗相と言っても量的には数滴なんですが・・・


朝ごはんも全く食べず、大好きなチュールも舐めません
9時になるのを待って先生に相談したら、オシッコだけでは分からないから連れて来て!と・・・
状況が悪化してきたら連れてこれるよ! 危険な状況になっちゃうけど・・・


分かりました! 必ず連れて行きます!
と、覚悟を決めて直ぐにキャリーを出してぼんちゃんの横に置きました
と言うのも、その時のぼんちゃんは普通に抱っこして入れられそうな気がしたんです


でも、現実はそんな甘いもんじゃありません
なので、直ぐに作戦変更して追い込み漁でいくことにしました
2階の猫部屋に追い込んで行って、それからキャリーに追い込んで行く作戦を立てたんですが
ぼんちゃん、どんなに具合が悪くても身の危険を感じて必死だから簡単には捕まりません
その上、逃げ回る度にチビって、そのうち結構なオシッコをしたんです
それも障子の敷居だったところで(素地の木)


あー素直に染み込んで行くな~と、思いながらも
オシッコが詰まる危険が迫ってたので安堵しました


その後、ラッキーなことにドーム型のベットに逃げ込んでくれました
ただ、午前中に連れて行くのはもう時間的に厳しいので
午後の診察に合わせて再挑戦する事にしました


そして午後、ベットから出ないでいてくれたのでまずチュールをあげてみたんですが
朝は見向きもしなかったのが、午後は進んで舐めてくれたんです
これはオシッコが出て容態が少し改善したからですね


そこで、ドームの入口を塞いでドームごとキャリーに入れてしまう作戦を立てました
直ぐに大きい方のキャリーを用意して上蓋を開けスタンバイも完璧です


もう失敗は許されない! けど、ぼんちゃんは猫100倍手強い
何回もシュミレーションしてイメージトレーニングもしたけど
情けないほど気が小さいわたし
チュールをただ上げるだけでも下心があるので心臓バクバク・・・


大きく息を吐いて再びチュールを上げました
次にベットのマットにじかに絞り出して、舐めてる隙に入口をガッチリ塞いで
やっとキャリーに入れる事が出来ました!
泣いて怒るぼんちゃん(心臓が飛び出しそうな私)


車中、ぼんちゃんは母さんの子なんだから出来るよ(何がだよ!)
まあ、なんだかんだと叱咤激励しながら病院に行ったのでした~



P1300431.jpg



P1300428.jpg



P1300430.jpg



診察室に入ると先生が一言 「洗濯袋に入ってるよね!」


この言葉、わたし最近一番傷つくの (触れない子なのに何で入れて来ないの、という意味)
以前はこんなこと言う先生じゃなかった・・・


言わせてもらうと(言い訳)洗濯袋に入れられれば苦労はしないって
入れられるような子なら、入れなくても診てもらえるって
折角キャリーに確保したのに、洗濯袋に入れようとして逃げられたら
泣いても泣ききれないじゃない
凶暴猫なんだよ!


で、すいませ~~~~~~~ん 

一人で入れるの無理だったんです~





でも大丈夫!
キャリーごと診察台に乗せて、慎重に洗濯袋に入れる事が出来ました!(先生が)
その後、袋の上からカラーをして(先生が)顔にタオルをかけて(私が)
暴れるぼんちゃんを落ち着かせて目と口内のチェックもしてくれました
膀胱も慎重にチェックしてくれて、圧迫排尿で尿検査も出来ました


結果はやはりストルバイトでした
膀胱にも炎症がありました
多飲も気になっていたので腎臓が心配だったんだけど
比重は1.04でクリアしました(ホッ!)


多分、捕獲のバタバタで放尿した時に一時的に閉塞(?)してたのが改善したんじゃないかと
視診も数値的にも、思ったより悪くなかったらしくしっかり療法食を食べてもらって
抗生剤を飲ませれば大丈夫だよ!と言うことでした(ホッ!)
それと、薬の為でもチュール及び療法食以外は厳禁と言われたのでs/d缶を買って帰りました


体重はワクチンを打ちに行った9月の時と同じ4.65kg
但し、熱が39.8°と高熱でした
興奮状態なので高めになってるとは思うけど、それにしても高いです
でも、尿路的には本当に一安心しました!





本来のぼんちゃんはとっても良い子なんだけど、とにかく猫100倍臆病で怖がりだから
それが威嚇という形で出てしまうんです


今回、エコーはとるだろうな、いやレントゲンも、場合によっては緊急手術に・・・
と、どんどん悪いほうに心配が増幅していって、お札も多めに入れて行ったんですが
お会計が何と!1080円(ボランテイア価格)だったんです(但しs/d缶は除く)


先生! いつも、本当にありがとうございます(深々と礼)
保護活動はいろんな方の協力&お世話になりながらやっています


帰宅後、s/dを食べ終わるまで隔離にしたのですが全く食べてくれません
お薬はウェットのs/dに混ぜたんですが、これも全く食べなくてお水も飲みません
チュールは厳禁だし、そうだコンベニアを打ってもらえば良かった!(気がつくの遅すぎ・・・)


で、隔離状態だと警戒心いっぱいにウーウー唸るばかりなのでフリーにしました
すると、リビングに戻った途端にいつものぼんちゃんに戻ってくれて
ドライのs/dも食べてくれました
お薬もホンノちょびっとだけチュールを付けてあげたら食べてくれました(やむを得ず)



P1300433.jpg
(満足して毛繕い)


その後も、オシッコが出て調子が良くなったんでしょう、ストーブ前のベットで寝ていて
私が定位置のとなりに座っても逃げないでいるんです
しかも自然に撫で撫でが出来る距離なんです
なので、手を延ばして頬を撫で撫でしたら大人しくされたままで
頭にずらしていって撫で撫でしても大人しいままで
気持ち良さそうに目をつむって身体を延ばし始めたんです!


顎スリスリもして、肩揉み揉みなんかもして、福山さんのドラマを見てる間中の
1時間以上も、ぼんちゃんと私のラブラブ関係は続きました♪


あーぼんちゃんは、ずっとこんなふうに私に撫で撫でされたかったんだな~と
感無量の思いで撫で撫でし続けてました


ぼんちゃんは、我が家に移動してきてもうじき1年になるんですよ
保護してからは通算丸3年になります
長~い長~い時間がかかったけど、ぼんちゃんにもやっと春が来てくれました



P1300452.jpg
(利休梅)


P1300453.jpg
(散るまぎわ)



翌朝、またトイレに入ったり出たりの繰り返しで、玄関のタタキでも
オシッコ姿勢をとったりでとても辛そうでした
昨日は直接の治療をした訳ではないので、この状態は仕方がないことで
治すにはフードをしっかり食べてもらって、ストルバイトが溶解してくれるのを待つのみです



P1300436.jpg
(ナータンはダメよ)


最短でも8日はかかるみたいです
でも、それもお昼前には落ち着いてトイレ頻繁もなくなりました



P1300441.jpg
(白雪けし)


そうそう、帰宅後くしゃみを数回してたので、高熱は風邪の影響もあったようです
今日もトイレ頻繁の回数はぐーんと減り、まだまだまだ本調子ではないですが
まったりと穏やかに過ごしています



P1300440.jpg
(すっかりお庭猫になった六と)




首輪を付けれる日も、そう遠くないかもしれません





P1300454.jpg
(一輪草の仲間)



いい子で待っていれば、春はみんなに来てくれるんだね(^^)
























スポンサーサイト
[ 2016/04/13 ] ぼんちゃん | TB(0) | CM(4)

うわぁーすごい。やっぱり優さんはすごいです。
もうすぐ1年ですもんね。
ぼんちゃんがんばったなぁ。偉い。

首輪付けれる日、私も楽しみにしています。
[ 2016/04/13 21:44 ] [ 編集 ]

ご奮闘

猫百倍怖がりのぼんちゃんと、優さん。
どちらも大変でしたね。
作戦の数々は、さすが百戦錬磨の優さんです。

その先がなでなで1時間だったとは、なんとすばらしい結果でしょうか。


余談:
白いお花の写真が何枚も。
私、白い花をつける植物と木が大好きです。うっとり。
[ 2016/04/14 07:34 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 満月さん

ありがとうございます
ぼんちゃん頑張りましたよ。
今日はだいぶ回復してくれて一安心なんだけど
お触り度はちょっと後退・・・
なので、首輪は気長に待っていて下さいね。
[ 2016/04/14 22:18 ] [ 編集 ]

Re: ご奮闘

>ぱちょりんさん

本当にどっちも大変でしたけど
怪我の功名で夢のような1時間を過ごせました。
ただ、その夢のような時間は今日はまだないんです・・・

私も白いお花が好きで色々と植えてあるんですよ。
うっとりしていただけて嬉しいので、また
折に触れ載せるようにしますね(笑)


[ 2016/04/14 22:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuucats.blog111.fc2.com/tb.php/649-a866dbd7