2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12






新入りの乳飲み子兄弟です

大連休も残り少なくなってきましたが皆さまはいかがお過ごしですか (^。^)


行楽の予定もなかった私は、連休の初日に乳飲み子兄弟を保護してしまいました(あらら)



P1300596.jpg



実は、なんか今年は乳飲み子と出会いそうな予感がして、前日にそれとなく振られた話にも
気づかないふりしてやり過ごしてたんですよ・・・(直球で頼まれれば断れないけど・・・)
でも、その乳飲み子達は無事に保護されてるので安心して下さいな


で、今回の連絡をMさんからもらって、直ぐに赤ちゃんの保温をお願いしました
私は急いで捕獲器を乗せ駆けつけたんですが、産まれてまだ数日の赤ちゃんは
全く泣くことも動くことなく、ひょっとして無事に育たないかもしれないと思いました


状況から見て、きっと母猫も近くにいるはずだと思ったので、この子達がいた場所に
捕獲器を直ぐ設置させてもらってMさんにあとを託し急いで戻りました


運良く未開封のプレミアムミルク缶もあったので直ぐに授乳を開始したんですが
やはり中々思うように飲んでくれません


そんなさなかMさんから、もう1匹赤ちゃんが見つかったと連絡が入って・・・

でシツコイですが、直ぐにまた赤ちゃんの保温をお願いし
今度はその赤ちゃんを囮にしてお母さんの捕獲を頑張ってもらいました


Mさん、始めての捕獲だったけど、必死で頑張ってくれて
お母さんを無事に確保する事が出来ました(パチパチ~)

お母さんがいればまずは赤ちゃんは大丈夫です!

もう一度言っちゃうけど、Mさん本当に良く頑張りました! 大手柄ね(笑)



では、早速赤ちゃんから紹介しますね

1.白黒ちゃん

P1300611.jpg



2.白ちゃん

P1300603.jpg


3.キジ白ちゃん1号

P1300609.jpg



4.キジ白ちゃん2号

P1300606.jpg

キジ白ちゃんはソックリで見分けがつかないんだけど、唯一鼻くそ模様の有り無しで区別が付きます


5.キジトラちゃん

P1300599.jpg



えっ! 
あんまり可愛くない。。。 なんて思わなかったですよね


そう思った貴方だって、生まれたては同じようなものよ!
これから日増しに可愛くなっていくのよ!




えー で、話は戻りまして最後に保護出来たのが最後のキジトラちゃんです

でも、何で1匹だけ別の場所にいたのかな?
人の気配で危険を察知したお母さんが、1匹ずつ咥えて移動してる途中だったのかもしれませんね
その1匹目だったのか、それとも最後の1匹だったのかは分かりませんが・・・


体重は120g前後です
まだへその緒が付いてた子と取れてた子がいて、今日現在まだ目も開いてないので
推定誕生日は4月26日頃かな~と思います



そしてお母さんです

P1300612.jpg



結構暴れてオシッコもちびりました(怖いもんね)



P1300619.jpg



捕獲器の中でも暴れたんでしょう
怪我をして血も出てましたが、綺麗なブルーアイの白猫母さんです



P1300615.jpg



始め、落ち着いて授乳が出来るようにと段ボールハウスを用意し、布でケージを覆ってたんですが
お母さんはこの2段目の棚から全く動かずで、赤ちゃんの元にも行こうとしなかったんです
気持ちを少しでもリラックスしてもらえたらと、室内にフェリウエイを焚きこめてみたりもしました


そのうち赤ちゃんが段ボールハウスから出てしまって、そしてずっと泣いていても全く動こうと
しないので、思い切って段ボールハウスを撤去し、お母さんから赤ちゃんがよく見れるようにして
様子を伺いました



P1300621.jpg




でも、状況は変わらず・・・


あまり長時間授乳をしないでいると、今度は赤ちゃんの命が危ぶまれるので
吉と出るか凶と出るか分からないけど、お母さんの見てる前で授乳を始めました
そして排泄に使ったティッシュをお母さんの棚に投げ入れて母性を刺激してみました


それからまた数時間後も、まだ同じ場所・同じ状態のままでいるので
また授乳やむなしでミルクを作って部屋に戻ったら・・・




P1300624.jpg



お母さん やっと赤ちゃんの傍に行ってくれてました♪
お腹を開いて赤ちゃんにおっぱいを飲ませてる姿を見れて、本当に一安心しました(ほっ!)



P1300622.jpg





お母さんにはたっぷりの栄養が必要なので、直ぐにAD缶にチュールをプラスした物を
与えたんですが、夜になってもまったく食べようとしなくてハンガーストライキのままでした


で次に、子猫用のカリカリにササミとチュールをトッピングしてお母さんの頭近くにそっと置いて
翌朝見に行ったらやっと食べてくれてました(ほっ!)


でも、それからも大変だったんですw
お母さんの威嚇が始まってケージ近くに行っただけでもバシッ!と攻撃してくるんですよ(怖いのなんのって)
上の棚に置いたのは食べてくれないし・・・(泣き)


で、やむなく中のお皿めがけて、長目のトングで粒の大きいシーバーを一粒一粒投げ入れて
焼きカツオも食べやすい大きさにして、上の方から投げ入れたりしてました


その後、時間をあけて見に行ったら、お母さん、ちゃんと完食してくれてました~♪
なので翌日も同じようにお刺身をあげたんですが、お母さん初めて鼻をヒクヒクさせたんですよ

いくつかはお皿に命中できなくてベットの中に入ってしまったんですが
意外や意外、赤ちゃんが匂いに反応してましたね
やっぱり猫にとってお刺身って、特別なご馳走なんですね(ナットク)



お母さんがオシッコとウンチをしてくれたのは4日目になってからでした
それはそれは大きいオシッコ玉と、子猫のように小さいウンチがチョビっと・・・
厳しい状況下でギリギリで生きてたのかもしれないです




今年の春に一斉TNRをした大きい公園が直ぐ近くにあるんですが
道路を渡ってその公園に行けてれば、ご飯に有りつけてた可能性もあるのですが・・・


5日目に入ると、上の棚で休憩するお母さんをみれるようになったので
その隙にトイレ掃除が出来るようになりました


同時にご飯も上の棚で食べるようになったので、今はお世話もだいぶ楽になってきたんですよ
でも、気を抜くと未だにバシッ!って攻撃されちゃうのは変わらないです(怖いのよ)




お母さんと赤ちゃん達を見てると、この子達は本当にラッキーだった!って思います

同時に、同じように悲惨な状況下で子育てしてる母猫
今にも消えいりそうな赤ちゃん
既に消えてしまった命

それはそれはいっぱいいるんだろうな、と考えこんでしまって胸が痛くなります


生まれる前に・・・
不幸の連鎖を断つ・・・
まず今は、TNRを頑張るしかないですね



さて、気を取り直しまして、お母さんと赤ちゃんにとびっきり素敵な名前を
付けなくちゃいけないんだけど、なーんも浮かばねえー(北島君)

もし、いい名前を思いついた方がいらしたら、こそっと教えて下さいね(笑)




それと、Mさんからご寄付をいただきました!

* Mさん! 
  母猫達のご飯代と医療費にありがたく使わさせていただきますね
  本当にありがとうございましたm(_ _)m
























スポンサーサイト
[ 2016/05/05 ] オハナふぁみりー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuucats.blog111.fc2.com/tb.php/656-45189be7