2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05






こころ君の去勢手術

昨日、こころ君の去勢手術を無事に済ませてきました



P1320662.jpg



手術は何回経験しても無事に終わるまでは本当に心配なものです
やはり麻酔のリスクが、万が一という事もありますしね



P1320658.jpg



それと、多頭飼育の場合はその子だけ朝食抜きにしなくちゃいけないので
昨日もこころ君だけを2階に閉じ込めて、他の子達にサッサと食べてもらってたんですが
その間中、ドアをガリガリしながら大泣きするこころ君(ゴメンよ)


そうなると他の子達もとても心配するんですよ
ナータンとアマルちゃんは、ご飯そっちのけでドアの前でオロオロ心配してたんですよ(優しいの)
オハナちゃんは食べ終わってから駆けつけてました・・・(食い気に勝てない)



P1320659.jpg



外科手術は私自信も経験してるんですが、人間の場合はしっかりとペインコントロールされているので
不安をよそに痛みは殆どなかったです(手術の内容によって違うと思います)


手術日の前日には麻酔医が病室に来てくれてしっかりと説明してくれますし
手術後も同様に、「痛みはないですか?] 「痛かったら我慢しないで言って下さいね」って
人間、弱ってる時にイケメン先生に優しくされると「惚れちまうぞ♪」ってなっちゃっいますよね(笑)
なので、犬猫の手術も当然に鎮痛剤等を使ってペインコントロールをされてるものと思ってました


去年の事だったかな、病院探しで色んなホームページを見ていたら


手術を受ける動物が少しでも痛みを感じないように、消炎鎮痛剤、オピオイドなど複数の痛み止めを併用します
(マルチモーダル鎮痛といいます)。
また、局所麻酔薬(ブピバカインなど)を、鎮痛効果を高めるために積極的に使用します。
鎮痛剤は痛みを抑えるだけではなく麻酔薬の必要量を下げ、安全な麻酔をサポートします。



こんな感じに、当院はしっかり痛み止めをしますよ!ってアピールしてるけど、じゃ他はどうなの?
って不安になりまして、その頃に予定してた病院に「追加費用をお支払いしますので鎮痛剤を使って頂けますか?」
とお願いしたら「猫は我慢強いし、痛みもあまり感じないから大丈夫だよ」って言われちゃったんです
他にも、知人の獣医さんから「うちの先生は使わないよ!」って Σ(゚д゚lll)


意外と、手術料の安い高いに関係なく、獣医さんの考え方ひとつで
当たり前に使ってるところと、当たり前に使ってないところがあるんだな~と思いました


で、こころ君(オハナちゃんも)の手術はいつもの掛かり付け医にお願いしたんですが
その先生は当たり前に鎮痛剤を使ってる先生でした


鎮痛剤の詳しい説明も丁寧にして下さったんですが、なにしろ私の頭だと
カタカナ4文字以上は一度で覚えられない・・・
で結局、私のリクエストも快くを受け入れてくれて更に追加してやってくれました(追加費用なし)



私が去勢手術で一番に不安を覚えるのはFIPの発症なんです
猫にとっては、病院に連れていかれるだけでもストレスを感じるでしょうし
さらに手術となったら、相当なストレスを感じるのは当たり前なことです
そのうえ、術中・術後も痛みが持続したら免疫が下がるのは当然です


でも去勢・不妊手術は避けられないものだから、なら
できるだけストレスの元となる痛みは取ってあげたいです


誤解を与えるといけないのですが、FIPを発症した子の病院が鎮痛剤を使わなかった病院
という事ではありません(そこまでは調べていません)


可愛いうちの子に痛い思いなどさせたくない!
FIP発症の元となるリスクを少しでも減らしてあげたい!
この思いだけなんです



で、こころ君のお迎えは、午後の診察が始まる一番で行ってきました
帰宅後、直ぐにごはん食べれるかな~と差し出したら(何も玄関であげなくても・・・)


P1320666.jpg


もりもり



ナーちゃんが即お尻のチェック


P1320667.jpg


アマルちゃんも駆けつけてくれてます(^^)


このあとジャラシで遊んだりして



P1320669.jpg



また夕飯も完食して、最近のお気に入りのバスケットでひと眠り



P1320676.jpg




カラーはどうしようか?と迷いましたが、なんとか付けなくても大丈夫でした♪



まあ今までも、術後直ぐに元気になる子とそうでない子がいて、個体差もあるので何とも言えませんが
こころ君を見てると手術してきたとは思えないほどいつもと同じだったので本当に良かったです



P1320675.jpg




オハナちゃんも安心して傍で寝てるけど



P1320678.jpg


別猫のように太っちゃいました!(妊娠疑惑が・・・)


まあ太らせようとセッセとご飯をあげたのと、オハナちゃんもとにかく食いしん坊で
他の猫の3倍は食べるので、これは当然の結果ですね(笑)




参考にこんなサイトもご覧下さいね→犬猫の疼痛管理





















スポンサーサイト
[ 2016/09/30 ] こころ君 | TB(0) | CM(2)

こころ君、よく頑張りましたね。
ナータン、アマルちゃんが、オハナ母さんより心配したり、出迎えしたりする様子がよくわかり、
血のつながりより濃い気持ちがあるんだなと感心させられました。

かわいいみんなに幸あれ--!!!!
[ 2016/10/03 12:48 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> fuyuさん
お久しぶりです。
コメントもありがとうございます。

本当に、一緒に暮らしてると血のつながりよりも、もっと強い絆で結ばれた
家族になるんだと思いますね。

こころ君のときだけで泣く、他の子がいつもと違う泣き方をしただけで
みんな心配してオロオロしたり、駆けつけてあげたりしてるんですよ。
猫から教えてもらうことも多いです(^^)

[ 2016/10/04 10:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuucats.blog111.fc2.com/tb.php/706-d7287f8f