2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07






新入りのノワールとパイユです

先月末に2階保護部屋に入った姉妹猫です



P1320699.jpg



この子達は生粋の野良さんで、その現場に関わってるボラさんが避妊手術の為に
捕まえて病院に連れていったところ、まだ小さいという理由で適応外になったとのことです


で、困ってお友達が勤める病院に連れて来たそうですが、ひどい猫風邪をひいていた為
まずは猫風邪の治療が優先となって、なぜか私のところに・・・



P1320701.jpg



P1320702.jpg


で、で、で、お友達の話では特に黒猫ちゃんの方は怯えてご飯も食べないし
お水も飲まないから可哀想で、と言ってたんだけど


自宅についてケージの支度をしてるあいだ中、聞こえてくるこの音は?
キャリーの中から聞こえてくるこの不思議な音は?


ん? 「ゴロゴロ~~」?  


んん? 「ゴロ~ゴロ~~」?



P1320704.jpg



踏み踏み~♪ グーパー♪ グーパー♪ 


踏み踏み~♪ 踏み踏み~♪♪ グーパー♪ グーパー♪♪



P1320706.jpg



普通 こういう子を

超~人懐っこい♪(楽勝) って、確か、言うじゃなかったけ?

まあ、でも、保護部屋に入れてしまったが最後・・・


で、肝心の猫風邪状態は?と言いますと




P1320707.jpg


くしゃみ・鼻水・鼻づまり・涙目・涙やけetc

症状がひどいのはこの黒猫ちゃんの方で、名前は「ノワール」です(お見知りおきを)
フランス語で黒いって意味らしいです


ノワールは瞬膜も結構出ているので、どこまで綺麗に治るかが心配です
他にも、軽い、軽い、軽い、脱腸?があるみたいです


こちらは麦わら三毛の「パイユ」です


P1320801.jpg


同じくフランス語で麦わらという意味らしいです


くしゃみ・鼻水・鼻ずまりまでは同じですが、涙目はサラサラの涙だけです
ただ、顎下のリンパ?が3個くらい腫れてるので、先日2匹を連れて
私の掛かり付け医に診てもらってきました


ノワールの瞬膜は、もう5ヶ月過ぎくらいなので完全には治らないかもしれないと
脱腸の方は、普段は収まっていて排便の前後に赤い粘膜っぽいのが出るだけなら
脱腸の手術適応外で心配もないそうです


パイユの腫れは、やっぱりリンパが腫れていて、やや大きめの腫れだそうですが
リンパ腫とかの悪いものではなく、風邪の影響か、若しくは個体差によるものだそうです


幸いなことに2匹とも熱はないので、まずは抗菌剤入りの点眼をしっかりするのと
抗生剤を飲ませること、そしてしっかりと栄養を付けること
それと下痢もしてたので整腸剤もしっかりと飲ませています


ノワールとパイユは、始めて目薬を付ける為にケージから出した途端
いきなり横走りではしゃぎだして、それはもう嬉しそうに遊んでるので
ケージに入れるのは止めて直ぐに保護部屋フリーにしました
それにしても、中猫さんでいきなり遊び始める猫ちゃんって初めてです


ご飯を食べるときは


P1320768.jpg


それぞれのお皿があるのに


P1320769.jpg


ひとつのお皿に顔を突っ込んで交代に食べるんですよ
お外時代は専用のお皿なんてなかったからなんでしょうね


で、現在のノワールは


P1320823.jpg


保護直後から比べるとだいぶ良くなりました


パイユも


P1320817.jpg


サラサラ涙目は相変わらずだけど、鼻水飛ばしの頻度はだいぶ少なくなっています



最近は点眼が嫌で逃げられるようになってしまったけど、引き続き頑張らなければです(#^.^#)



P1320812.jpg












スポンサーサイト
[ 2016/10/11 ] ノワールとパイユ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuucats.blog111.fc2.com/tb.php/711-f2ae51ae