2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05






家猫修行は卒業でもいいけど・・・

今日はナータン記念日なんです
ちょうど4年前の今日保護したので毎年その日を記念日にしてるんですが
日数に換算すると1462日目になりますね
因みに時間に換算すると、・・・ (まっいいか)


とにかく長~い時間をかけて、ナータンのペースに併せて
ゆっくりゆっくり家猫修行を積んできたので、今日はその成果をとくとご覧下さい!


まずは昨日のナータンです
昨日は暖かだったのでひとり2階のケージでお昼寝してマッタリしてました


P1340648.jpg


その寝顔がなんとも可愛いかったので、たまにはナータンの特集記事を書いて
数少ない隠れファンの方々に喜んでいただこうとカメラを向けたんだけど
直ぐに気づかれちゃいまして


P1340647.jpg


そしてこのお顔ですよ・・・


P1340662.jpg

寝起き悪すぎ


ナータン♪ 
明日は4年目記念日だから、たまには猫じゃらしで遊んでみない?


P1340669.jpg


と誘ってみたんだけど、振れば振るほど後ずさりしていきまして


P1340666.jpg


それ以上下がると落ちるわよ


P1340665.jpg


で、おっとっと状態に


P1340664.jpg


ナータンにとって猫じゃやらしは、ただ怖いだけのものみたいです(ゴメンね)




実は去年の9月にナータンが外に出てしまう大事件があったんですよ
と言うのは、去年の夏に我が家で耳ダニ騒動が勃発しまして
始めは家のトラおばあちゃんが耳をしきりにカイカイしてるので検査をしたんですが
その時は耳ヒゼンダニは見つかりませんでした


新しく保護した子も必ずノミ・耳ダニの駆虫はするので検査結果も至極当然!と思っていて
でも、トラちゃんのカイカイは治療の効果もなく中々治らなくて
そのうちナータンとぼんちゃんもしきりにカイカイするようになって
で、もう一度トラちゃんの耳を再検査したら見つかったんです!耳ヒゼンダニが(ギャッー)


略して耳ダニは感染率が非常に高いので、1匹にいた場合は他の子もいると仮定して
全員の駆虫が必須になってきます
元の犯人が誰かわからなくても、取り合えず全員の駆虫を一気にしなくちゃいけないので
触れる組は全員レボリューション(フロントラインも可)を付けて
触れない組はイベルメクチンを2週間間隔でご飯に混ぜて食べさせてました


ぼんちゃんは夢中で食べてる時に限りレボリューションを垂らす事ができたので
鈍感で大助かりでした


アニーとナータンは匂いで直ぐにバレてしまって苦戦しましたが
もっと匂いの強い食べ物を混ぜ込んだりして何とか食べてもらいました


イベルメクチン組は計4回投与したんですが、相変わらず耳カイカイしていて効果が実感出来なくて
で、一度キャリーの中で寝てる時にレボリューション付けにトライしてみたんです
まず蓋を締めて、次にそっと蓋を開けながらまずタオルで顔を隠してから肩甲骨の皮膚に垂らす
こんな感じに事前にシュミレーションをして本番に臨みました


が、アニーもナータンも蓋を閉めた途端に大暴れ状態になってしまったので
少し落ち着くまで待ってから、そっと蓋を開けてタオルを入れたんですが
ものすごい大力で暴れて押さえきれずに逃げられてしまいました(ショック)


ところが、また数日したらナータンがキャリーの中で寝てるではありませんか
タイミングもちょうど良くて、今からなら病院に連れて行けるし診察時間内
で、気づかれないようにサッと蓋を閉めたんです


閉じ込められたナータンはパニックになって大暴れしてるので
直ぐにカバーで覆って車に載せようと玄関を出ました



P1260662_20170227164039f0c.jpg



ところが、突然前の扉が開いてしまってナータンが落ちちゃったんです(オーマイガー)
暴れて前ドア側に傾いてしまったので、その重みに耐えられず壊れちゃったんです
ナータンも何がおきたか理解出来ないみたいで呆然としてました
ここで触れる子なら何気なく捕まえちゃえばいいんですが、ナータンは触れない組
下手に捕まえようとすると余計に逃げちゃうので、ここは落ち着け自分と言うしかなくて・・・


4年ぶりに外を歩いたナータンは、なに?どうなってんの?みたいな感じで
リビングの方に歩いていったと思ったら、掃き出し窓から中の猫たちと顔を見合わせて
お互いに不思議そうにしてるんです
泣いて入りたそうにもしてるので、直ぐに開けたらすんなりと入ってくれそう
でも、その代わりに他の子が出てしまう・・・


で、他の子達を全員隣の部屋に隔離してからリビングの窓を開けて
猫缶で誘導して中に入ってもらおう作戦をやってみました
でも、他の場所に移動してしまって猫缶どころじゃなくて
そんな中でも時間だけは残酷に過ぎていきました


何度か塀によじ登りそうになった時には、「あれ? ナータンどこにいったんだろうね?」と
わざと大声で言うと「あっ!ナータンのこと話してる!」ってなってよじ登るのをやめるんです
なので庭からは出ないでいてくれたのが唯一の救いでした


で、今度は2階の猫部屋に猫たち全員隔離してから玄関も開け放して
それとなく外から玄関の方に誘導したら、ナータン玄関の方に動いてくれて
「あれ?玄関が開いてる!」みたいな感じで入ってくれたんです(号泣)


ここまで5時間位かかりました
一気に体重が10キロ落ちて、一気に寿命が10年縮んだ気分です
でも、これで終わりじゃなくてまだ続きがあるんです


ほっと一息付いて良かった~~~と、思っていたら
2階にいるはずのぼんちゃんが、リビングの何処からか出てきたんです
リビングの窓も開け放してたので寸でのとこで二時災害になるとこでした(怖~)


いやー2階に隔離する時に数を確認したつもりだったけど
私も焦っていて、あってはならないミスを犯してしまってました
結果オーライだから今は笑って言えるけど、思い出しただけでもゾーっとします


そうそうドアが壊れたキャリーですが、日頃から脱走防止対策で
2重にバンドを回して使ってたんですよ
でも前ドア部分は予想をしてなかったので未対策でした(キャリーは即効処分)


で、この時に思ったんですよ
ナータンは人馴れ度はまだ低いけど
家猫度はもう卒業って言ってもいいんじゃないって(笑)


以前は私の足にスリ~しては逃げて、またスリ~して逃げてのピンポンダッシュみたいでしたが
最近は逃げずにスリスリ~スリスリ~するようなったんですよ
ただ、御飯の支度をしてるとき限定なのと、相変わらず一方的にだけですが・・・


それと、とにかく優しい子です
なので直ぐにご飯を取られちゃったりしますが
決して怒らなくて困ったお顔をしてるだけです


そんなナータンが大好きなのがマルメロちゃんです
好かれ過ぎていつもストーカーされてます


P1340201.jpg


一人で寝ていても、気がつけばマルメロちゃんにぴったん子さんされてます(#^.^#)


P1340202.jpg



5年目の記念日には卒業してくれてるといいんだけど・・・













スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuucats.blog111.fc2.com/tb.php/764-9671b3af