2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06






どうぶつ基金さんの無料チケットを使わさせていただきました

昨日は始めてどうぶつ基金さんのチケットを使わさせていただいて
2匹のTNRの不妊手術を無料で受けることができました!

病院はアニマルライフ クリニックさんにお世話になりました


どうぶつ基金さんの協力病院は千葉市には1件もなかったんですが
今年の4月、始めてアニマルライフクリニックさんが名乗りをあげて下さったんです


今までは近くて江戸川区だったので、これからは搬送時間の節約&猫ちゃんの負担軽減
そしてETC代の節約にもなるので、本当に待ちに待った有り難や~なんです(笑)


で、手術1号になったこの子は
年季の入った大柄おじさん猫で、男の勲章?の喧嘩傷だらけでした



P1340937.jpg


でも去勢手術後は、喧嘩の回数もぐーんと減って傷も目立たなくなっていくことでしょう



2号のこの子はとても人懐っこい小柄な女の子で、キャリーバックで簡単に身柄確保ができたそうです



P1340938.jpg



まだ6ヶ月くらいじゃないか?との餌やりさん情報でしたが
獣医さんによると、歯の抜け具合からみても軽く5歳はいってるんじゃないかと・・・
そして、既に避妊手術済みでした(゚o゚;;



P1340939.jpg



となると、迷い猫か? それとも捨てられたのか?
若しくは、誰かが耳カットなしで手術をしてくれたのか?
のどれかしか考えられませんが、餌やりさんの話では迷い猫は考えられない状況とのこと
いずれにしろ、2回もお腹を切られるハメになってしまって、この子には
とっても可哀想な思いをさせてしまいました


子宮卵巣を探すために傷口が大きくなってしまったので
先生も心配して1泊入院でケアして下さいました
お迎えも翌日のなるべく遅い時間帯が望ましいとの事で本当にお世話になりました



P1340940.jpg


面会に行った時も、とっても辛そうな三毛ちゃん
この子はリリースはしないで里親さんを探す方向にしました





どうぶつ基金さんのチケットは皆さまのご寄付から成り立っています
ご寄付をして下さった皆様にも心からお礼を申し上げます
本当にありがとうございましたm( __ __ )m





それと、アニマルライフさんのお話を少しさせてください!
アニマルライフさんは元々はペットのジャングルと言うペットショップでした
なので、当たり前のようにショップのガラスケースには小さな小さな子犬子猫が入れられて
そして売られていました


思い切って業態を変えられたのは、確か去年くらいのことだったと思いますが
すっぱりと生体販売や繁殖を止めて、今は行政の動物保護センター等から
収容動物を引き出して、保護動物の譲渡をしている素晴らしい会社に変わったんです


このようにアニマルライフさんが先駆けとなって、全国のペットショップから
生体販売がなくなれば、こんなに嬉しい事はないですね


それと同様に、買うほうも意識を変えなければいけないと思います
ショーケースで売られてる小さな子犬子猫を見て、わ~可愛い♪
それだけ?他に何も感じないの?


命を売り買いするビジネスに、何の思慮もなく乗っかってしまって
売られてる子犬子猫が、どんな環境で生まれて
そして、どんなルートでここに来て売られてるのか?


この子の母親は?生む為だけに生かされてるかもしれない
父親は?種オスの道具としてだけで生かされてるかもしれない
ちょっと想像力を膨らませれば、目を覆いたくなる現実が見えてくると思うんだけど
ただ、わ~~ キャワイイ・・・


売る方も買う方も、双方が変わらなければ不幸な犬猫問題は解決しないです
でも、ここでアニマルライフさんが大きく変わってくれました
大きな大きな前進、拍手を送ります




















 
スポンサーサイト
[ 2017/04/15 ] 地域猫&TNR | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuucats.blog111.fc2.com/tb.php/778-8cc36501